「ほっ」と。キャンペーン

暗川  


写真日記
by lumokurago
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2005年 04月 ( 45 )   > この月の画像一覧


脱線事故は日本人ひとりひとりの責任

 ドライアイなので新聞もろくに読めないが、ちらっと見たところによると、JRでは電車の遅れを出した運転手にひどい仕打ちをしていたらしい。朝日新聞4月29日付「時時刻刻」によると、2001年にたった50秒発車が遅れただけでペナルティを課せられた運転手が、自殺してしまったとのこと。父親が裁判に訴えた話が載っている。「ライバル社に勝つためには1分の遅れも許されない雰囲気がある」とのこと。
 普通に考えて1分の遅れも許されないなんて厳しすぎる。なぜそんなことになってしまったのだろうか? それは世の中(ほとんどの日本人)が要求するからであろう。ではなぜ要求するのか? それは日本では人間にも社会にも余裕がないからだろう。ではなぜそんなにも余裕がないのか?
 
 数年前、私の父がMRSAに感染し、老人ホームから追い出された時、慶應義塾大学病院放射線科講師の近藤誠医師に質問したことがある。(近藤医師は私の乳がんの担当医)。近藤医師は「現在、どこの病院にもMRSAの菌はいて、感染しない方がおかしいくらいの状況。だから、感染した老人を老人ホームで受け入れないというのは差別だ」と言うので、私が「では、老人ホームで感染老人から他の老人にうつることについてどう思いますか?」と聞いたら、「それは日本人が今までしてきたことに対する“つけ”みたいなもの」と言っていた。私はその言葉に納得した。“つけ”、そうなのだ。

 この事故も犠牲になられた方々には大変気の毒だが、“つけ”ではないだろうか。「1分遅れても許されないような雰囲気」を作ってきた、私たちひとりひとりに対する“つけ”である。
 
 ニュースや新聞をちらっと見る限り、この事故については運転手ひとりの責任ではなく、JRの責任も追及するということらしいが、JRをそうさせたのは、いったい誰なのか? それはもとをたどれば、国民一人ひとりなのではないだろうか。

  人間が人間である限り、必ず間違いはある。間違いが許されない社会では人間は大切にされない。自殺者が出たり、このように事故になってしまったり・・・。間違いがいつか起こることを前提として、それでも事故の起きないように普段から手厚く人手を用意しておかなければならないのだ。事故が起こってからでは遅い。
[PR]

by lumokurago | 2005-04-29 20:12 | 未分類

この表情は何?

c0006568_1911878.jpg
 なんか恥ずかしがってるような、ふてくされてるような顔ですね。それとも緊張してるのかな? これはシーザーでしょうか、そっくりさんでしょうか?
[PR]

by lumokurago | 2005-04-29 19:04 | ねこと鳥 (cats&birds)

うつ病は「心の病」でも「心の風邪」でもない

 昨日、教育テレビで河合隼雄さんが臨床心理学者としてうつ病について話していた。
 河合さんによるとうつ病は「クリエイティブ・イルネス」(創造の病)だということで、うつ病とはエネルギーはあるが、それを向ける方向がわからなくなっている状態だという。患者は何もする気がなくなり(できず)、大変苦しむ。カウンセラーはその苦しみにつきあい、一緒にじっと沈んで待っている。1年位すると、患者は今までエネルギーを向けていたものとは全く異なる方向に興味を見つけ(例えば和歌や俳句、絵画など)、そちらにエネルギーを向けるようになり、そうするうちに元の仕事などもできるようになる、しかし、元に戻るのではなく、いわゆる「柔軟」になれる、ゆえに「クリエイティブ・イルネス」なのだそうだ。
 なるほど。今まで、「うつ病はエネルギーが枯渇した状態」だと教えられてきたが、こういう考え方もあるのか。

 私も実際、下手な絵、素潜りの練習なども始めた上、柔軟になりすぎて、仕事も辞めてしまった。しかし、うつ病が「クリエイティブ・イルネス」だというのは言いすぎであろう。そう言うならば、うつ病に限らず、病気全体にあてはまると思う。ひとつ病気をすれば、人間はそこから学び、人生の糧となるものを得る。でもこれは病気だけに言えることではなく、人生というものはふりかかってくるできごとの全部から何かを得て成長していく過程なのではないかと思う。

 ところで、アナウンサーの「河合さんはご自身がうつ病になることがあるとお思いになりますか?」という質問に、河合さんは「思いません」と即答していた。その真意はわからないが、私はほんの少し引っかかった。これは河合さんが言ったことではないのかもしれないが、うつ病は誰もがなる可能性がある「心の風邪」だったのでは? なる人とならない人があるなら、世の中で吹聴されている「うつ病」の定義(?)に異を唱えてほしい。河合さんの発言力は大きいのだから。
 
 ついでに言っておくが、私はうつ病を「心の風邪」とは全く思わない。まず、うつ病は「心の病気」ではなく、「脳の病気」であるし、「風邪」などという生易しいものではなく、命の危険がある「重い肺炎」である。

 また、よく「心の病」という言葉を聞くが、「脳」という物理的な人体の一部を、とらえどころのない「心」と表現することで、日本人の好きな「あいまいさ」を醸し出しており、更に「病」という現代日本語においては「文学的」な表現を使って、客観的な「病気」ではない何ものかを付け加えている。「うつ病」を「心」と「病」という二つの情緒的な言葉で表していることが、この病気に対する偏見を強めていることに間違いはないと思う。くどいが、「脳の病気」と言わず「心の病」と言っていることに私は悪意さえも感じるのである。
[PR]

by lumokurago | 2005-04-28 22:36 | 医療

日本の社会は間違っている

 今日、高尾山に一緒に行ったのは、Tちゃん(学童クラブ時代の自閉症の子)のお母さん。行政が児童館や「障害」者福祉関係からは予算や補助金をせこく、ちまちまと削って(年に何千円単位ですよ)、必要ないところに(例えば杉並公会堂の改築・・・不勉強のため詳細を覚えていないが、これは本当におかしい。今度調べて載せます)何十億という大金を使っていることに始まり、今の社会のおかしさについてひとしきり話した。

 例えば、介護保険の改悪。「予防」とか言って、老人に筋力トレーニングをさせようとしているが、全くのナンセンスである。70や80になって筋トレをしたところで、歳なのだから、現状維持できれば御の字でよくすることなどできっこない。逆にやりすぎれば、トレーニング中に転んで骨折などするのが関の山である。こんなことは老人とつきあっている人なら自明のこと。ばかとしか言いようがない。
 それに要介護度の認定期間が半年とか1年になっており、半年や1年でいちいち見直さなければならないが、繰り返すが、老人は歳なのだから、よくなることなどほとんどなく、よくて現状維持、悪くなって当たり前。一度認定したら、悪くなって再認定を申し出るまでそのままにしておけばよいのだ。そうすれば認定のためにかかるお金が節約できる。全員の老人をしょっちゅう再認定し、ケアマネや福祉事務所職員や医師を忙しくさせ、お金をかけ、全くばからしい。
 また、毎月出している介護計画書も毎月なんていらない。変わった時だけ出せばよい。あれ1通を作るのに1万円以上かかっているのだ。前月のをコピーしてるだけで。介護保険金の無駄遣いだ。

 これと似通ったことがたくさん、たくさんあり、言い出せばきりがない。ごく普通に考えて、節約できるところは、今削減しようとしているところと別にあるし、その方が比べ物にならないくらいの大金を節約できる。

 Tちゃんのお母さんのすごいところは今度の電車脱線事故についても、老人のグループホームでご利用者を殺してしまった事件についても、「人が悪いのではなく、制度が悪い」と言い切るところ。あの電車の運転手さんははたぶん、遅れを気にして頭が真っ白になっていたんじゃないか、グループホームの職員さんは負担が大きくパニックになっていたんじゃないか。
 都立病院や「障害」者の施設でも職員が一人になった時に事故が起きている。今、都立病院の統廃合が行われようとしており、Tが薬をもらっている梅が丘病院はなくなり、府中まで行かなければならなくなる。反対運動をしているが、石原さんは一度言い出したらだめらしい。

 全くの弱者切捨てである。まあ、権力者というものは、弱者など切り捨てようとしているのだから当たり前のことだが。それをやらせなくするのは結局、力関係である。国民、都民全員が反対すれば、いくら切り捨てたくとも、強引に切り捨てることはできない。でも、日本人は石原や山田を選んでいるのだからなあ。もともと弱者のことなど考えてはいないのだ。

 私は亡くなった方々ももちろん気の毒だが、事故や事件を起こした人が気の毒である。だって、日本の世の中で「制度が悪い」と認識する人はごく少数なのだから。電車事故のことで言えば、オーバーランした時に「人間なんだから、間違いは誰にでもある。電車なんか遅れたっていい。あせる必要はない」と誰かが言っていたら、事故は起こらなかったかもしれない。グループホームでは夜勤の職員がせめて2人いれば、殺人はなかったのではないだろうか。たくさんの犠牲者を出し、前途ある青年の一生をめちゃくちゃにし、日本の社会は間違っている。彼らは日本社会に警告を発してくれているのだ。
 
 
 
[PR]

by lumokurago | 2005-04-27 22:05 | 未分類

今日の高尾山の花

c0006568_20171886.jpg
    コケの花(?)
c0006568_20185100.jpg
       アケボノスミレ
c0006568_20184080.jpg
    ハナイカダ
c0006568_2019932.jpg
     ムラサキツユクサの色違い 
c0006568_2020123.jpg
       ニリンソウ
c0006568_20204549.jpg
      イチリンソウ
[PR]

by lumokurago | 2005-04-27 20:46 | 自然 (nature)

第二の青春を送っていらっしゃる皆様へ

 このブログは字が小さいですが、プラウザの「表示」の「文字のサイズ」で文字を大きくすることができます。
[PR]

by lumokurago | 2005-04-26 21:56 | 未分類

わーい!(化石人間のひとりごと)

c0006568_2116795.jpg
 これは関係ないけど、父の絵です。画集制作のため撮影してもらったもので、MOに入っていたものをCD-Rにコピーしてもらい、見られるようになりました(うちにはMOドライブがない)。
 
 さて、ケータイについてです。なぜ私がケータイなどというしゃれたものを持っているのか、疑問に思った方が多いことでしょう。仕事を辞めて、私の昼間の居場所が不定になったため(と遠くに行ってしまうため)母の連絡用に1円で買ったのです。実は私は父が大変だった時も連絡用にケータイを持ったことがあるのですが、ほとんど使わず廃棄しました。今度は小笠原で使える唯一のケータイ、ドコモです。

 ケータイがあると母も安心のようで、弥彦に行った時、初めてかかってきました。その時はケータイからブログに投稿できることに気づかなかったのですが、今度は是非やってみたくて、昨日からメールの使い方で四苦八苦していました。
 私はドライアイがひどいので、説明書の類を読むのが非常に大変なのです。パソコンだと曇った水中眼鏡でもなんとなく見てやっていますが(明るいので見やすいのか?水中眼鏡だと本などよりパソコンの方が見やすいです)、字が小さい説明書は曇っていると見にくく、水中眼鏡をはずさなければなりません。そうするとドライアイがひどくて、字が読めないのです。ケータイの説明書は分厚く、複雑で最悪。誰かに教わったほうが早いなあと思っていました。

 だからさっき、シーザーの画像付きのメールを投稿できた時は、嬉しかったです。ケータイって頭いいんですね。言葉を途中まで入力すると候補がたくさん出てくるのには驚いてしまいました。入力が面倒だなあと思っていたら、簡単なんですね。

 それと、今日、5mプールで潜る練習をしていて、初めて4m位まで潜れました。
 何でも初めてできた時というのは嬉しいものですな。
 
 
[PR]

by lumokurago | 2005-04-26 21:54 | 未分類

眠るシーザー

c0006568_2112452.jpg

携帯から送っています。試行錯誤です。
[PR]

by lumokurago | 2005-04-26 21:01 | ねこと鳥 (cats&birds)

弥彦の山歩き (山好きな人向け)

 弥彦についてちょっとお話しします。
 弥彦山の東隣には角田山、西隣には国神山があり、みな、お花で有名です。私はガイドブックでこの山々を知り、ひとつひとつ登るつもりだったのですが、初日に泊った旅館で三山縦走ができることを教えてもらい、早速、次の日、国神山から弥彦山へ向かいました。ところが、弥彦には弥彦スカイラインという道路が通っているため、山道が寸断され、道路に出るたびに迷ってしまいました。入り口の表示がないので、知っている人でないとなかなか見つけられないのです。幸い、通りかかった車の人や、あきらめかけて帰ろうとしていたところに現れた地元の人などに聞きながら、なんとか縦走することができました。地元の人が「よくわかったね」とほめてくれたこと、ほめてくれたこと!
c0006568_21223898.jpg
  国神山と弥彦山・多宝山

 帰り道、弥彦山の登山口で茶屋をやっている田中さんに、明日弥彦から角田まで縦走するつもりだと言ったところ、「ひとりではとても道を見つけられない、ちょうど自分達のグループがお花の先生と一緒に行くので連れて行ってあげる」とおっしゃってくださいました。やった!
 それで3日目はお花の先生付きのツアーで、珍しい春の花をたくさん教えてもらいました。
c0006568_2137033.jpg
 コシノコバイモ
c0006568_21374413.jpg
 カンアオイ
c0006568_21385850.jpg
 セリバオーレン

 4日目は、初日に下った雪割草の多い道を登って弥彦まで。下りより登りの方がお花が良く見えるからね。
c0006568_2142583.jpg
 オオミスミソウ(雪割草)
 
 5日目は弥彦から日本海に下るつもりだったけれど、もったいなくて、国神までまた縦走してしまいました。これで道がよくわかった。案内できますよ。
 結局、4泊5日して、弥彦には5回登りました。すばらしいお花でした。カタクリの白花もふたつ見ました。4月15日、満開だったカタクリも終わってきたので、気が済んで帰宅しました。
c0006568_21592331.jpg
 カタクリ

 弥彦は1時間ちょっとで登れ、すばらしいお花が見られる山です。今年はお花が10日位遅れたそうなので、例年なら3月下旬から4月初めがお勧めだそうです。
c0006568_21481654.jpg

[PR]

by lumokurago | 2005-04-25 21:55 | 自然 (nature)

木の花と若芽

今日は多摩湖自転車道を歩いてきました。また、たくさんの写真を撮りましたが、中でも不思議なのが下の木です。何の木かご存知の方は是非教えてください。ピンクのは芽を包んでいたものです。
c0006568_20211463.jpg

c0006568_20251767.jpg

木の写真をもっと見る
[PR]

by lumokurago | 2005-04-24 20:58 | 自然 (nature)