暗川  


写真日記
by lumokurago
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2005年 05月 ( 62 )   > この月の画像一覧


シーザーはどこに行ってるのか?2

c0006568_2058935.jpg
 何だよお。眠ってたのに・・・
c0006568_20583837.jpg
 まぶしい!
c0006568_2059898.jpg
 アーア。目が覚めちゃった。
c0006568_21185924.jpg

 顔でも洗うか。せっせ、せっせ・・・

なぜかシーザーは別の押入れに移動しました。先日、一晩だけ、私のふとんに来ましたが、それっきり。姿が見えない時はほとんどいつも押し入れの中。
[PR]

by lumokurago | 2005-05-31 21:02 | ねこと鳥 (cats&birds)

うれしい雨、すいかがかわいそうな寒さ


c0006568_1452156.jpg
 錦糸(そうめん)瓜・ って知ってますか? 実を切ってゆでると中身がそうめん状にほどけてきて、それをサラダなどにして食べます。新潟(樋口さんの故郷)特産? 最近はメジャーになってきているらしい。
c0006568_1617095.jpg
 おたまじゃくしのいなくなった池にはザリガニが目立つ。心なしかメダカが減ってきているよう。メダカは速いので写真に撮れない。
[PR]

by lumokurago | 2005-05-31 16:17 | 畑とビオトープ(biotope)

個性

c0006568_1734967.jpg
人間:きみたち、きょうだいなの?
c0006568_17352620.jpg
ねこ1:なんだなんだ。変な奴が来たぞ。逃げたほうがいいかな。
c0006568_17365025.jpg
ねこ1:まだこっち見てるぞ。しつこいな。どうしよう。もっと遠くに行くか。
c0006568_17395183.jpg
ねこ1:あれ、まだ、見てる。あそこで昼寝の続きしたいのになあ。
c0006568_17434723.jpg
ねこ2:ぐっすりー
[PR]

by lumokurago | 2005-05-30 17:48 | ねこと鳥 (cats&birds)

本当に大切なものは?

c0006568_1653660.jpg

c0006568_16532229.jpg
 久我山のローズガーデン(中に入れて見せてくれます)
c0006568_1791318.jpg

c0006568_1792892.jpg

c0006568_179422.jpg
門の外からのぞいていた時は「怪しい奴」と吠えていたのに、中に入れていただいたとたん、「お客様が来た」と歓迎してくれました。お花もきれいだけど、やっぱり動くものの方がかわいいなあ。

だけど昨日こんなHPを見つけたんです。獣医さんが日本のペットブームを批判し、獣医社会を告発したページです。(その他にもいろいろ)。どこも同じなんだなあ。日本はほんとにひどい国だ。子どもの命を、老人の命を、人間の命を、動物の命を、いったい何だと思っているのだ!本当に大切なものは何?お金?それでいいの?違うと思うなら黙っていないで声をあげよう。
c0006568_1733454.gif
          動物のお医者さんが見てきたこと
[PR]

by lumokurago | 2005-05-30 17:18 | 自然 (nature)

都会の花畑

c0006568_16502189.jpg
 アンサンブル荻窪
[PR]

by lumokurago | 2005-05-30 16:49 | 花 ・樹(flowers&trees)

本日の収穫

c0006568_2048131.jpg
 出荷できるほど立派なのや、小指の先位のちっちゃいの、売ってるのと比べ物にならないくらいおいしいの、それほどでもないもの、すっごくすっぱいの・・・が混ざってます。個性だね。

 ところでノルウェイの苺は中味も真っ赤でとてもとてもおいしいです。日照時間が長いから真っ赤だという話を聞いたことがあります。
[PR]

by lumokurago | 2005-05-29 20:51 | 畑とビオトープ(biotope)

感動!

c0006568_2222191.jpg
 一昨日までは枯れたと思っていたさつまいもの苗から、新しい葉っぱが出ていました。
c0006568_2243967.jpg
 神田川でえさを獲るカモの親子
[PR]

by lumokurago | 2005-05-27 22:06 | 畑とビオトープ(biotope)

コメントをお寄せ下さい

c0006568_21282658.jpg
 ホームページを作り始めて5ヶ月経ちます。

 暗川を印刷して郵便で送るという方法と比べ、よい点、悪い点、それぞれありますが、一番よい点は画像が載せられること、しゃちほこばった長い文章でなく、写真入りの日々の雑感を綴れることだと思います。
 悪い点は何と言っても手書きの巻頭詩(引用)がなくなったこと。また、ホームページにすれば掲示板や書き込みという手段を使って、読者間の交流が今までよりも活発にできるのではないかと思っていたのですが、それは今のところ逆の結果となっています。暗川を郵送するとお返事をたくさんいただいていたのですが、ホームページに書き込みしてくださる方はほとんどいらっしゃいません。なぜでしょう?

 ひとつにはパソコンに慣れていらっしゃらない方も多いせいと思います。コメントの送信方法がわからない、ゲストブックへの書き込み方法がわからないという声も聞いています。
 今日、「コメントの送信方法」という記事を載せました。カテゴリにも入れました。私も「パスワード」の意味を誤解していたのですが、その記事の中で説明したとおりですので、どなたでも簡単に投稿できます。
 手紙のよさもよさとして大切にしつつ、ノルウェイとも瞬時に交信できるコンピュータのよい点を生かし、おおいに交流したいと望んでいます。どうぞご意見、ご感想をお聞かせ下さい。

 また、私のホームページは知り合いに知らせているだけで、どこにも宣伝していませんが、ごくたまに未知の方のアクセスがあるようです。もし、何か感じるところがございましたら、一言ご感想をいただければ幸いです。

 以前も書きましたが、このホームページの字の大きさは、プラウザの「表示」→「文字のサイズ」で変えることができます。
[PR]

by lumokurago | 2005-05-27 21:58 | 未分類

コメントの送信方法

記事の右下の“Comments"をクリックし、「名前」(ハンドルネーム可)を入れます。
「パスワード」はコメントを一度送信した後で、削除したり、編集する時に必要なもので、エキサイトブログのIDとは関係なく、自分で好きに入れてください。例えば「123」でもよい。
「URL」はホームページアドレスなので持っていない方は空欄で結構です。
コメントの中味を書き込み、「送信」をクリックして終わりです。

私宛ての私信の場合は「非公開」をクリックします。
いったん送信したものを削除したい時は、“Comments"をクリックして表示し、一番上にある名前の行の送信時刻の右の小さな×をクリックすると、ウィンドウが開き、さっき入れたパスワードを入れると削除できます。

コメントお待ちしています。
[PR]

by lumokurago | 2005-05-27 11:56

ウクライナの人々(People in Ukraina)

c0006568_225447.jpg
ノルウェイ・ロムの農家にて 
  後列真ん中がヴェロニカ、隣りはペール・アイリヴのお父さん 
  前列左からペール・アイリヴ、お姉さんと子どもたち

ヴェロニカへ
 絵葉書ありがとうございました。50年前と同じ暮らしをしているウクライナの人々は、私が行ったフィリピンの人々と同じなのかなあと思いました。何がそんなにうんざりさせたのか聞きたいです。 
                              Yより

Yへ
 do ita shi mashi te!(日本語)。
全部のウクライナ人が50年前と同じように暮らしているわけではありません。小さな辺鄙な村での話です。そこの人々は、環境と彼らの持っているものとの調和の中で満ち足りて暮らしています。それは美しいものです。
 しかし別な点で彼らは非常に都会的でそれがうんざりするところです。彼らが独自のアイデンティティや伝統を失い、それ以上の何かを得ようとする時、初めはいつもよくない方にいってしまいます。彼らはおそろしくひどい醜い都市に住むことになります。でもそれもいいでしょう。それが彼らの選択なのだから。彼らはすでに確かに持っているのに、新しいものを求めて、外の豊かさへの夢を満足させようとするのです。
 これは全ての人間の歴史です。私たちがそうです。そして私たちは忘れ、思い出すまでもう一度探し求めるのです。それぞれに違った方法やお話で。うーむ。 
                             ヴェロニカより

ヴェロニカへ
 その通りですね。私がフィリピンの辺鄙な村で感じたことも同じです。私たちが夢見る、私たちが求めているまさにそのすばらしいものを彼らは持っているのに、全く逆に私たちがうんざりしている都会の物質的な“豊かさ”を求めているのです。でも彼らを止めることはできません。物質的な豊かさを求めるのも当然のことです。そして最も大切なものを忘れ、しかし物質的な豊かさには満足できずに“何か”を探し求める。その“何か”はかつて持っていたものだったと思い出すまで。
                             Yより
 
To Veronica,
Yes. You are right. I felt just the same thing in the remoted villages in the Philippines. Though they already have the wonderful thing that we dream of and we are looking for they are seeking what we are disgusted with, urban physical wealth. But we cannot stop them. It is natural for them to seek it. Then they will forget (we had fogotten) the most important thing and begin to seek " something" not satisfied with physical wealth until they will remember the "something" was what they once had before.
                              Y

Yへ

あなたは私とまさに同じ理解をしています。あるところから別のところへいくこと、その別のところでの苦悩から再び元へ戻りたがること、そのサイクルは人間の普遍的な行動のように見えます。おかしいですね。私たちはなんというゲームをしているのでしょう。私たちはただ、いつでもたくさんの異なる体験を得ようとしているだけなのではないでしょうか。そして私たちは人間存在の可能性がすべて自分のうちにあることを知り、体現するのです。

VERONICA
[PR]

by lumokurago | 2005-05-26 22:12 | 世界(world)