暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2006年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧


広河隆一さん講演会

昨日、「歴史連続講座第5回」(杉並区の教員の主任手当拠出金による講座)としてDAYS JAPAN編集長・広河隆一さんの講演会が開かれました。

広河さんの講演は何回も聞いていますが、今回はいつもに増して衝撃的でした。というのは世界中のジャーナリストが戦争の真の姿を伝えないこと、人々が関心を持たないことを話されているうちに涙で声をつまらせておられたからです。「大義」のための戦争が、実は最も弱い子どもたち、お年寄り、体の不自由な人などを最大の犠牲にするのだということを、静かなとつとつとした語り口の中に情熱をこめて訴えていらっしゃいました。

ジャーナリストたちは攻撃する側からの報道しかせず、犠牲者たちのことを全く報道しない、だからDAYS JAPANを創刊したと。DAYS JAPAN の写真はあまりにも悲惨で、目をそむけたくなるものばかり、しかし私たちにはそれを見る責任があるのだと。

広河さんは今の社会を、「フロントガラスが真っ黒に汚れて、先が見えない、けれど、猛然と走り続けている車」に例え、「その汚れをふき取るのがジャーナリストや哲学者、思想家の役目。しかし彼らがその大事な役目を見失っている。日本のジャーナリストに『ジャーナリストとは何か?』と聞いても、ほとんどが答えられない。車の前は崖かもしれず、すぐ前に子どもがいるかもしれないのに」とおっしゃっていました。

みなさま、DAYS JAPAN はいつもつぶれかかっています。ご支援をお願いいたします。

以前の広河さんの講演会報告はこちらです。この記事の一つ上に続きがあります。
[PR]

by lumokurago | 2006-09-30 23:06 | 平和

ソウル

初めてソウルに行きました。
杉並区と友好姉妹都市であるソチョ区に2泊、ソウルの女性センターに2泊したのですが、その無機質な大都会ぶりには本当に驚きました。片側4車線の道路には車があふれ、時間や場所によっては渋滞もすごく、銀座と新宿の高層ビル街をまぜたような景色がどこまでも続きます。車やバスで何時間も移動したのですが、移動している間中、ずっとずっとその景色でした。小さな一軒家は見ることがありませんでした。ソウルの家は高層アパートばかりです。(郊外はどうかわかりませんが)。
それとネオンサインもすごかった。私は何時間も車に乗っている間に頭が痛くなってしまいました。

東京なら銀座や新宿の一部以外には高層ビルでない普通の家もありますよね。

一番驚いたのは、高速道路を川に復元したというところです。「川に復元した」と聞いていたので、どんなに自然が戻ってきたかとわくわくして見に行ったのに、行ってびっくり!!
あれは「川」ではない。コンクリートのオブジェです。すべてコンクリートで固め、水の中にライトをつけてライトアップまでしていました。そこを散歩し、写真を撮っている人の多いこと!!気が知れない!!2度と行きたくありません。

東京に帰ってきて、ほっとしました。東京がのんびりした田舎に思えました。東京よりずっとひどい都会があるとわかりました。

あんな人間の住むところじゃないところに住んでいるソウルの子どもたちのことが心配です。ソウルの大人たちのことも心配です。

韓国の昔の家はどんなふうだったのか? 今度は田舎に行ってみたいです。
[PR]

by lumokurago | 2006-09-25 22:53 | 世界(world)

訪韓します

明日から24日まで、韓国に行ってきます。
まず、杉並と友好姉妹都市であるソウル市ソチョ区の区長さん、国会議員に面会、ソチョ区民に“講演”、高校の生徒と懇談、高校の先生たちと交流、その後、愛媛、広島、東京都豊島区、熊本(それぞれ姉妹都市と交流)と合流、全体で歴史教科書問題について討議するというスケジュールです。

洋服は友人にもらい、靴は今日買ったという私、どうなることか?
でも、きっと韓国では「イメージ」ではなく「中身」で勝負でしょう。
[PR]

by lumokurago | 2006-09-19 23:30 | 社会(society)

安倍晋三にお灸をすえる裁判の応援団

c0006568_7131955.jpg

応援団メンバーとコメント

1.鎌田慧さん(ジャーナリスト・ノンフィクション作家) 
 「美しい日本のために死ぬ」これが安倍晋三の総裁選公約。彼はどんな風に死ぬつもりなのでしょう。彼の本には、日教組への悪口が一杯書かれていて、ウンザリです。

2.野中章弘(アジアプレス・インターナショナル代表)さん 
 日本の「民主主義」は内側から壊死しつつあります。憲法の精神を空洞化させる政治権力の動きを食い止め、公権力の番犬化した司法を変えていかねばなりません。「主権在民」の民主主義を築くための画期的な運動になると信じています。

3.佐高信さん(作家・評論家)
 Denyアベシンのダベシン運動を展開しよう。(Denyは否定する、拒否するの意味です)

4.石川逸子さん(詩人)
 憲法にもとづいて行動しなければならない行政府の官房長官が歴史捏造の「つくる会」大会への参加要請を行った人物であり、その反省もなく、総裁立候補の弁に教育基本法・憲法の改正を述べるなど、とんでもない違法行為だとおもいます。

5.斎藤貴男さん(ジャーナリスト)
 許されてはならないことがこの世の中にはあります。安倍晋三氏の行為はそのひとつです。

6.花崎皋平さん(著述業)
 安倍の言動には「国家」を支配し、統御しようとする意思が見受けられます。主権をないがしろにした国権の横領があると思います。

7.武藤一羊さん(ピープルズプラン21共同代表)

8.森達也さん(映画監督・ドキュメンタリー作家)

9.原田奈翁雄さん(季刊「ひとりから」発行)

あなたも応援団に参加しませんか?
メール:lumokurago@ybb.ne.jpまでお願いします。
[PR]

by lumokurago | 2006-09-19 23:23 | 安倍裁判

安倍提訴報道

JAPAN TIMES 記事を図書館で見ました。
1面の目次トップに載せてくれ(!)、2ページのトップに大きく載せてくれています。
元はこちら。

この大きくかつ丁寧な扱いを見ると、やはり日本人向けの新聞は自粛したのだとしか思えません。
[PR]

by lumokurago | 2006-09-18 23:49 | 安倍裁判

台風の後の夕焼け

c0006568_20112367.jpg

c0006568_2013752.jpg

[PR]

by lumokurago | 2006-09-18 20:13 | 自然 (nature)

葛の花

c0006568_20213311.jpg
和光大学付近
[PR]

by lumokurago | 2006-09-17 20:19 | 花 ・樹(flowers&trees)

雑草だらけの畑とビオトープ

c0006568_21411218.jpg
裁判で忙殺されている間に雑草が生い茂ってしまいました。
c0006568_21415553.jpg
これはなんでしょう?
c0006568_21421391.jpg
オンブバッタでした。
c0006568_21431590.jpg

[PR]

by lumokurago | 2006-09-16 21:43 | 畑とビオトープ(biotope)

安倍晋三を提訴

昨日9/14に、安倍晋三と自民党を教育に対する違法な介入があるとして、東京地裁に訴えました。愛媛の市民と連動した訴えで、杉並は渡辺容子さん中心に取り組みました。報道は、東京で手に入る物は、今のところ、ジャパンタイムズと産経新聞です。
ジャパンタイムズの記事を早速、翻訳家の横田満男さんが翻訳してくださいましたので送信します。応援してくださったみなさま、ありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。    E.M.   
                  
JAPAN TIMES
    
国が干渉したと訴訟で主張
安倍氏と自民党歴史教科書採択で訴えられる

編集委員 ホンゴウ ジュン
歴史修正主義者がつくった歴史教科書採択の過程で干渉し、教育基本法に違反したとして、14日民衆のグループが、内閣官房長官安倍晋三氏と自由民主党を、東京地方裁判所に提訴した。
 同教科書は、20世紀初頭の日本の東アジア侵略など日本の軍国主義的な過去を免責するものとして、世論で批判されている。
 原告は193人だが、教員、PTA会員、(同教科書を採択した)東京の杉並区の住民、それに韓国籍者54人である。
 原告は精神的苦痛の慰謝料として総計386,000 円、または各個に2,000円の支払いを求めている。
 原告は、安倍氏と自民党が2001年文部省に「新しい歴史教科書をつくる会」の国家主義の学者が編修した同教科書を是認するよう圧力をかけた、と主張している。原告はまた、安倍氏と自民党に、日本語と韓国語の新聞に謝罪文掲載を命じるよう求めている。
「行政権者は教育の内容に干渉できない、ということが教育基本法に述べられています」と、原告の一人渡辺容子さんが、14日記者会見で語った。
 安倍氏の事務所は、メディアからの問い合わせに当惑していると述べ、この件についてコメントを断わった。
 同教科書は、「慰安婦」(多くが韓国人で、日本軍の性奴隷だった女性のこと)に触れず、また1937年の南京虐殺も軽い扱いになっている。
 この教科書を発行した扶桑社によれば、日本の11,000校の中学校のうち、杉並区と栃木県大田原市を含む約40校の公立中学がこの歴史教科書を使用中だ。
 杉並区と大田原市は同教科書を2005年8月に採択し、学校では4月に使用開始した。
「間違った情報があるこの教科書を杉並区が使い続けているので、私は子供たちの将来がとても心配です」と、杉並区に住む54歳の主婦丸浜江里子さんは報道陣に語った。 そして、「訴えは時間がかかる戦いのように見えるかもしれませんが、私たちには訴え出る必要があったのだ、と私は思っています」と述べた。
同じ14日275人の人々が類似の訴えを、愛媛県松山地方裁判所に起こした。2月にも、8人の杉並区住民が、同教科書の採択取り消しを求めて提訴している。理由は、杉並区の教員が書いた同教科書を否認する報告書が改竄されるなど、不正があったということだ。 この訴訟は未決である。

産経新聞

「教科書採択に圧力」安倍氏と自民党を提訴
 安倍晋三官房長官が自民党の議員連盟の事務局長時代に政治的圧力を加えて扶桑社の教科書を採択させ、精神的苦痛を受けたとして、東京都杉並区や栃木、愛媛両県、韓国などに住む計193人が14日、自民党と安倍氏に計38万6000円の損害賠償と謝罪広告を求め東京地裁に提訴した。松山地裁にも275人が同様の訴訟を起こした。安倍氏の事務所は「提訴自体確認していないので、コメントは差し控える」としている。
【2006/09/15 東京朝刊から】 (09/15 09:18)
http://www.sankei.co.jp/news/060915/sha006.htm

**********

愛媛のOです。

昨日、安倍晋三と自民党を教育に対する違法な介入があるとして、松山地裁に提訴しました。
アジアの平和と歴史教育連帯(アジア歴史連帯)から下記のように同提訴を報道する一覧が届きました。

一方、日本のマスコミは、産経新聞と愛媛の地元新聞である「愛媛新聞」が掲載しただけのようです。このマスコミの取り扱いの違いに、端的に、日本のマスコミの現状を表わしていると思われます。どれだけ、選別されたものが報道されているのかが分かります。

*******************

韓国の報道リストです。
SBSは地上波放送、 YTNとmbnはニュース専門のケーブルチャンネルです。

ハンギョレ(新聞)
http://www.hani.co.kr/arti/international/international_general/157084.html
朝鮮日報
http://www.chosun.com/national/news/200609/200609150020.html

東亜日報 
http://news.media.daum.net/foreign/asia/200609/15/donga/v14040437.html

世界日報 
http://news.media.daum.net/foreign/others/200609/15/segye/v14041042.html

ソウル新聞 
http://news.media.daum.net/society/affair/200609/15/seoul/v14042329.html

韓国日報 
http://news.media.daum.net/foreign/others/200609/14/hankooki/v14036421.html

済州日報 
http://news.naver.com/news/read.php?mode=LSD&office_id=084&article_id=000005
4707§ion_id=102&menu_id=102

SBS 
http://tvnews.media.daum.net/part/foreigntv/200609/15/sbsi/v14041384.html

mbn
http://news.mk.co.kr/newsRead.php?no=401251&year=2006

YTN
http://www.ytn.co.kr/_ln/0104_200609141502170899

**********************
以下、韓国「ソウル新聞」の記事をインターネット翻訳したものを奥村が、意味不明な翻訳のところを想像しながら文章化してみました。
原文の正確な翻訳ではありませんが、どのように報道されているのかはわかります。

****************
安倍官房長官相手損賠訴

[ソウル新聞]|東京イツンギュトックパワン|
韓国と日本市民 468人は 14日、日本次期総理の有力候補である安倍晋三官房長官に謝罪と損害賠償を要求する訴訟を日本東京地方裁判所などに申し立てた。去年扶桑社版歴史歪曲教科書が採択されるように文部科学省に不当な圧力をかけたという疑いだ。

原告は去年 8月公立中学校などで右翼団体である ‘新しい歴史教科書をつくる会’が刊行した歴史教科書を採択した東京都杉並区と愛媛県住民、韓国の ‘アジア平和と歴史連帯’ 所属 55人などだ.

小泉純一郎日本総理を相手でも申し立てられたこの訴訟で原告らは総額 38万 6000円の損害賠償と謝罪広告掲載を要求した.

これらは官房長官で “安倍自民党幹事長は当時 ‘日本の前途と歴史教育を考える若手議員の会’の事務局長として、文部科学省に圧力をかけて教科書検定と採択の時教育基本法に違反する政治介入をした.”と “扶桑社版教科書の内容は憲法理念に違反し、原告らが苦痛受けた.”と主張した.また “安倍官房長官が次期総理で確実視になる今,教育基本法が瀕死状態に陷った。今,「つくる会」教科書を採択した杉並区に暮す住民として安倍官房長官と自民党の不当な介入をこのまま見過ごしてはならない.”と訴訟背景を明らかにした.

[ 記事提供] ソウル新聞

*日本市民 468人という数字は、東京と愛媛の提訴数を合計しています。
東京地裁には原告193名  松山地裁には275名
松山地裁には、総額1525000円を請求しています。(O)

この記事は転載可です。広めてください。
[PR]

by lumokurago | 2006-09-16 00:14 | 安倍裁判

14日の夕刊にご注目

この間準備してきた裁判を明日、提訴します。原告になってくださった方、ありがとうございました。すでに共同通信、朝日新聞から「訴状を送るように」とのメールが来ています。
夕刊に報道されると思います。見てね!!

来週号の「週刊金曜日」の「金曜アンテナ」にも書きます。買ってね!

あまりに文章を書き続けてきたので、さすがの私も頭がパンク状態です・・・うう・・・

うれしかったこと。

今夜になって、「書類に記入して送るばかりにしていたのに忘れてしまった」とうちまでタクシーで届けてくださった方がいました。その上多額のカンパもいただきました。どうもありがとうございました。

電話で「忘れてたけど、今からでもなんとかなりませんか?」という方が・・・。代筆しました(これは法律的に可です)。

うちに下宿している若者に、今の日本がどんなに危険なところにいるのかを話し、ブックレットなどを読んでもらい、原告になっていただきました。

昨日、15年近く会っていなかった友人から突然、「久我山に来ています」という電話をいただき、会って話し、原告になっていただきました。わざわざ来てくださり、ありがとうございました。
[PR]

by lumokurago | 2006-09-14 00:30 | 社会(society)