暗川  


写真日記
by lumokurago
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2006年 11月 ( 42 )   > この月の画像一覧


ぎっくり腰

月曜日にぎっくり腰になり、国会前に行けません。どうなっているのだろう? 今日は防衛庁も「省」になってしまった。共謀罪も危ないなあ(と人事のように言う)。おいおい!

こちらで様子をご覧下さい。

国会前までは行けないものの、第1回口頭弁論の迫ってきた裁判2つのため、「裁判の会」の初めてのニュースを作っていました。座りっぱなしは腰に悪い。おお痛い。

それに今日は無理して印刷してきました。明日、あさってと発送作業だわい。(人手がないので時間がかかる)。

昨日は野中広務氏と加藤紘一氏の講演会に行って来ました。私の一生の中で自民党の政治家の講演会に行くことがあるとは夢にも思っていませんでした。この二人は他の人よりずっと「まし」なんだもんね。というより今となっては首相に推薦したい。

話はやはり「自民党」の政治家と思わせる部分もありましたが、基本は「人間」として尊敬できるものでした。今、そうじゃない政治家ばかりだもんね。

小泉の前までは、少なくとも「格差」はあまりなかったのです、「一億総中流化」とかって・・・
それ自体の評価はともかく・・・今は「格差」がひどすぎです。

ある人が言っていました。「日本は小泉政権前までは社会主義社会だった。小泉になってから資本主義になった」と。(小泉前までは曲がりなりにも「平等」に近かったのですよ。「今」に比べればね)。

ちょっと詳しく書く余裕がないです。腰が痛いです。おやすみなさい。
[PR]

by lumokurago | 2006-11-30 23:42 | 社会(society)

がっかりすることばかり

今日の朝日新聞1面トップに「教育基本法改正案成立へ」の記事。そして、今頃になって「国関与強まる流れ」「『不当な支配』解釈変更も」との指摘が掲載されました。怒り心頭ですぐに広報部に電話しました。

なぜもっと早くこの記事を出さなかったのか? 今頃になって出すのはただのアリバイ作り?

朝日新聞は完全に戦争に加担しています。どうやって責任を取るつもりなの?

とは言わず、「遅かったけれど、よく書いてくれた。まだ間に合うから廃案になるまでどんどん書いてください」と言いました。無駄だと思うけど、ほめられた方がやる気になると思ってね。

むだー、むだー!! 朝日はとっくに買収されてるよー。大政翼賛会だよー。
(朝日だけじゃないだろうが)。

そして、夜には防衛庁昇格に民主党が賛成したとのニュース。

日本は戦争大好き国家に名実共に変身!

私はもうすぐ死ぬからいいけど、若い人たち、あなたたちの問題ですよ。あなたたちが戦争に行くんですよ。このままでいいのですか?

と言っても、若い人たちがこのブログなど読んでいるはずもない・・・

最近、電車の中などで若い人らを見かけると、「しっかりしろ」と叫びたくなる。

他にもがっかりすることだらけで、もうどこかに逃げたいです。といっても逃げる場所なんかないよね。世界中どこへ行っても戦争に加担してるもの。
[PR]

by lumokurago | 2006-11-30 01:31 | 社会(society)

サリチル酸メチルの副作用は人間には起こらない?

ぎっくり腰になってしまい、「カンメルパスタ」という「動物用医薬品・局所消炎鎮痛剤」を塗っています。この「カンメルパスタ」は馬用で、足をくじいた馬にこれを塗ると走るようになる、というほど効き目があるとのこと。80代の友人が膝が痛くて困っているので、これをお使いになっていて、私が腰痛がひどいと言ったらくださいました。

この「カンメルパスタ」の添付文書にはこうあります。

「対象動物に対する注意」

副作用

(1)本剤の有効成分であるサリチル酸メチルは、経口又は腹腔投与によるラットの動物実験で催奇形作用が報告されているので、妊娠動物及び妊娠している可能性のある動物には慎重に投与すること。

(2)本剤は実験動物において変異原性を示したとの報告がある。

サリチル酸メチルに催奇形作用があるとは初めて知りました。

動物実験の結果はこちらで見られます。

そこでサリチル酸メチルを使った人間用消炎薬を見てみると・・・

「近江兄弟社メンタームQ軟膏」の添付文書

「メンタームQ軟膏には、浸透性をもった消炎鎮痛成分「サリチル酸メチル」が含まれ、皮下の血管に浸透して、痛みをしずめます。また、清涼感があり、局所を刺激し、知覚を鈍磨させて痛みやかゆみをやわらげる成分「l-メントール」も含まれています」

とあるだけで、副作用については何も書かれていません。妊婦への注意書きも一切ありません。

ネットで調べたところ、「本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない」そうです。元はこちら。

馬は人間より大きいのに、この注意書きがある。人間用にはない。恐ろしいですね。

そして、「サリチル酸メチル」の分量を見ると、馬用-100g中0.17gに対し、人間用-100g中12gです。

どう思われますか? そしてまたタミフルの話題です。最近また新聞に出ていました。
これは古い記事ですが・・・

インフルエンザ治療薬のリン酸オセルタミビル(商品名タミフル)を飲んだ患者2人が、飲んで間もなく行動に異常をきたし、1人は車道に走り出て大型トラックにはねられ死亡、もう1人はマンションの9階から転落死していたことが11日、分かった。薬の添付文書には副作用として「異常行動」(自分の意思とは思えない行動)や「幻覚」などが起きる場合があると書かれているが、死亡につながったケースの判明は初めて。厚生労働省安全対策課も死亡例の一つを副作用として把握しており「異常行動の結果、事故死する可能性もある」としている。(2005.11.毎日新聞)

これは医師のHPです。医師としては良心的な方なのではないでしょうか。

同じ方が書かれたこちらもどうぞ。

最近知ったのですが、うつ病の薬で、効き目がよいとされるSSRIには「自殺しやすくなる」という副作用があるそうです!! 自殺企図が症状のひとつであるうつ病の薬とされるものにですよ!

びっくり!!

私もSSRIを飲んでいたけど、薬の効果は全然感じられませんでした。結局「時」が解決したように思います。それどころか、別の医者にSSRIを飲んでいる間にドライアイになったと話したら、「副作用の可能性を否定できないので、もうSSRIは処方できない。副作用で思いがけない症状が出ることもある」と言っていました。良心的な医師ですね。

あなたはこれでも医師や薬を信じますか?
[PR]

by lumokurago | 2006-11-28 22:49 | 医療

生田弁護士の処分に抗議!賛同者募集

生田暉雄弁護士は全くの無報酬であるばかりか持ち出しで私たちの裁判を支援してくださっている情熱的な弁護士です。例えばこの間に送ってくださった本は5冊、それも専門書なのですっごく高い。(お金の問題じゃないけど、お金も気になるのだ)。また、安倍裁判の補正命令に対して助言をお願いしたら。その日のうちに書面を書いてくださいました!

以下、お願いです。(元は愛媛のOさんのメールです)。

「厳正な調査・審査を求める要請書」への賛同と皆さんの声を日弁連へ届けてください

--香川県弁護士会の「懲戒処分」はデッチ上げです--

香川県弁護士会は、生田暉雄弁護士に対して、3ヶ月の業務停止(一切の弁護士活動の禁止)の懲戒処分を決定(10月12日)しました。生田弁護士は、民衆の立場から不正を追及し、この社会の、とりわけ権力機関や権力を持つ者の不正に対し、妥協せぬ闘いを続けている弁護士です。同「懲戒処分」は、生田弁護士の存在及び活動が、自らの利益と地位を脅かすことに強い危機感を抱いている者たち(同会特定弁護士)による卑劣な企みです。

日本弁護士連合会 「懲戒処分」の「効力停止」決定!

生田弁護士は、日本弁護士連合会に「懲戒処分の異議申立及び効力停止申立」を提出(10月24日・代理人弁護士も決定)しました。これを受けて、日弁連は、「効力停止」決定(11月14日)を行ないました。そこで、「懲戒処分」そのものの「取消し」を求めるために、前記「懲戒処分の異議申立」を『厳正な調査・審査し、一刻も早い「処分の取消し」を行なうよう求める要請書』(下記)を日弁連に提出することにしました。ぜひ、同「要請書」に賛同をお願い致します。

第一次賛同の締め切り 12月10日

賛同頂ける方は、下記に名前・住所などをお書き頂き、メールかFAXでお送りください。記者会見(予定)では、名前・肩書き・地域名を公表いたします。名前の公表の不可の方は、お知らせください。なお、同「要請書」は、随時日本弁護士連合会に提出いたしますので、上記期限を過ぎましてもお送りください。
(年末までの予定)

賛同のメールは zxvt29@dokidoki.ne.jp へ

「懲戒処分(3か月業務停止)」に関する資料へ
--------------------------------------------------------------------------------

2. 日本弁護士連合会への「厳正な調査・審査と処分の取消し」を求める声を届けてください

〒100-0013 東京都千代田区霞ヶ関1-1-3  日本弁護士連合会
電話   03-3580-9841(代)
FAX  03-3580-2866  
E-mail  Kouhou@nichibenren.or.jp

例文
生田弁護士への「懲戒処分」の厳正な調査・審査

「処分の取消し」を求める要請書

--香川県弁護士会の「懲戒処分」はデッチ上げです--

日本弁護士連合会 御中

私は、香川県弁護士会による生田暉雄弁護士への理不尽な懲戒処分に対して、不正や卑劣な行為を許せぬ一市民として、強い憤りを持つ者です。生田暉雄申立人による、同「懲戒処分」への「異議申立」を厳正に調査・審査し、一刻も早い「処分の取消し」決定を行なうことを強く要請します。

「処分取消し」要請理由

1. 香川県弁護士会による生田弁護士に対する「懲戒処分」は、捏造であり、デッチ上げです。

2. 香川県弁護士会による生田弁護士に対する「懲戒処分」は、適正手続きを経ていません。

3. 生田弁護士は、言葉の本来の意味での不正を追及し、この社会の、とりわけ権力機関や権力を持つ者の不正に対し、妥協せぬ闘いを続けている弁護士です。香川県弁護士会によるデッチ上げ・不当「懲戒処分」を厳正に調査・審査し、その過ちを正し、弁護士(会)の本来の社会的使命を果すように促すことが貴会の使命です。
[PR]

by lumokurago | 2006-11-27 21:28 | 社会(society)

都知事選に革新統一候補を

来年4月の都知事選に共産党から吉田万三氏が立候補宣言しました。
それを受けて(?)今日、民主党、生活者ネット、社民党、新社会党の代表者に当の吉田氏も一堂に会した市民主催の集会がありました。

ほんといってがっかりしました。民主党はオリンピックに賛成したばかりか、「オリンピックは『平和』を理念としているから・・・等」と、公衆の面前で恥も外聞もなく言っていました。えーっ!!オリンピックって「経済効果」のためでしょう?!今時、誰が「平和」のためなんて信じるの? 

ばかも休み休み言え。

その一方で、日露戦争にはいい面もあったと言っていました。人種差別撤廃に役立ったそうです!!「平和」を理念としてオリンピックをやる人がなぜ「戦争」を肯定できるの??

自己矛盾もはなはだしい。信用できない。

「戦争」はいつも「正義」のために行われる「侵略」だ。

でもでも・・・「平和」のためにオリンピックを招聘するのだと言い訳してもいい(ほんとはすっごくいやだけど)・・・石原を辞めさせるためならね。

私はここまで譲れるのですが、民主党や共産党はどうなのでしょうね??
[PR]

by lumokurago | 2006-11-26 23:50 | 社会(society)

「魔法陣」と私と夢

c0006568_22173832.jpg
「魔法陣」作品展より(「魔法陣」は阿佐ヶ谷にある「障害」者の作業所です)。

1985年3月発行の私の個人通信にFさんが原稿を寄せてくださっていますから、思い起こせば長いおつきあいです。私がなぜFさんに個人通信をお送りするようになったかといえば、当時、私は杉並の学童クラブで「障害」児受け入れをめぐって、児童福祉センターといろいろとやりあっており、それを読んでいただきたかったからだと記憶しています。なぜFさんを知ったかと言えば、「障害児を普通学級へ」の運動から「中野杉並保育教育を考える会」を知ったからです。

さらになぜ私が「障害」児者問題に興味を持ったかといえば、26歳の時に変形性股関節症の手術をして、車椅子、松葉杖などを経験する「にわか障害者」になったことがきっかけです。

1985年当時、私が個人通信に報告していた時の子どもが、魔法陣でお世話になっているTちゃんです。小学校3年生の時からの長いおつきあいです。

More
[PR]

by lumokurago | 2006-11-24 22:22 | 社会(society)

やっぱり怪しい

c0006568_23152320.jpg
ねこ「おやおや、怪しい人間が来た、逃げるとするか」
ニンゲン「別に怪しい者じゃないよ。戻っておいでよ」
c0006568_23161754.jpg
ねこ「仕方ない。サービスしてあげるか」
ニンゲン「わあ、戻ってきた。シャッターチャンスだ。ネコにはやっぱり『猫好きのニンゲン』てわかるのね」
c0006568_23164675.jpg
ねこ「1枚撮らせてあげたよ。バイバイ」
[PR]

by lumokurago | 2006-11-23 23:27 | ねこと鳥 (cats&birds)

「消えてなくなれ」

今日、本を借りに某児童館の図書室に行ったところ、1、2年生位の男の子が同年位の女の子に「消えてなくなれ」と言い、服を振り回して威嚇していました。女の子の表情はひきつっていました。

「何してるの?」と聞いたところ、「鬼ごっこ」だそうです。思わず鬼ごっこでそんな言葉を使ったり服をふりまわしてはいけないと注意しました。

今の子どもたちの間では「死ね」という言葉は日常語です。同じ子が一日に何回も使っています。言われれば顔がひきつるのに、次には自分が使ってしまいます。

子どもたちはどうして日常的にこのような暴言をはかざるを得ないのでしょうか?

もとより子どもたちの責任ではありません。
[PR]

by lumokurago | 2006-11-22 23:05 | 子ども・教育

杉並3教組合同の集会

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、教員の組合はすでに「昔」と言ってもいい頃に分裂してしまいました。とてもとても残念でたまりません。

今夜、杉並では公立小中学校の組合2つに高校の組合が加わって、3つの教組が合同で集会を開きました。この形態が全国に広まりつつあるようで、とても喜んでいます。

今の都立高校、杉並の学校の「教育破壊」のすさまじさについて現場からの報告がありました。
教育現場に一番大切なのは教員が自由であることなのに、すでにそんなものは全くなくなってしまったようです。すべては上意下達で職員会議は決定事項の報告のみになっているそうです。

教育基本法「改正」前でさえこれなのだから、「改正」されたら、どんなことになるか、教育は政府の思うがままになり、例えばちょっとでも意見を言ったり、組合に入っているというだけで教員免許剥奪になるだろうと想像できます。

おそろしいことです。

何人もの方が11.12集会の高橋哲哉さんの言葉を引いていました。

「たとえ教育基本法が改悪されてしまっても、ゼロからでもマイナスからでも、立ち上がっていく」と。
[PR]

by lumokurago | 2006-11-22 22:55 | 子ども・教育

作品展

c0006568_11282435.jpg
父の特養ホームで作品展を開いてくださいました。この頃あまり返事もしない父に「展覧会見ましたか?」と聞いたら、はっきりと「見てない」と言いました!
この写真も眠っているようですが、ちゃんと見ているんです。

「蟻の兵隊」に出てきた元日本兵の寝たきりのご老人も、娘さんが「何もわからないんですよ」とおっしゃったけれど、主人公の奥村さんが話しかけるとわかり、悔しそうな大声をあげていらっしゃいました。それを見て、娘さんも「わかるんですね」と・・・。

人間というものはすごいものです。

認知症のご老人をばかにしてはなりません。

父がもうわからないと思って、一度父の年賀状は終わりにしようと挨拶状を出したのですが、やはり、わかるということがわかったので、今年も年賀状を作ります。父は自分の絵を使った年賀状を作ることを楽しみにしていましたので。

「もうすぐ12月、今年も年賀状の季節ですね。今年はどの絵にしましょうか?」と聞いたら、「うん」と言っていました。
[PR]

by lumokurago | 2006-11-22 11:32 | 父・母・介護