暗川  


写真日記
by lumokurago
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2007年 01月 ( 35 )   > この月の画像一覧


人間はどうしてこうなのか?

今日、とても残念でいやな話を聞いた。

私たちは権力に対して、あっという間に踏み潰されるこれ以上弱い者はないという、ちっぽけな「蟻」でしかない。

「スイミー」(絵本の題名)は、ちいさな魚たちが集まって大きな魚の形を作り、大きな魚に勝ったお話である。

「蟻」も集まれば、猛獣を倒す。(そんな蟻がいたような・・・ただの夢想かな?)

弱い私たちにはもとより、「団結」しかないはずだった・・・

なのになぜ、組合はいつも分裂するのだろう? 

「ひとりはみんなのために」
「みんなはひとりのために」

ものすごい妄想だね。
[PR]

by lumokurago | 2007-01-30 23:55 | 社会(society)

安倍裁判準備書面(5)提出

安倍裁判準備書面(5)を提出してきました。
いやいや、大変だった。証拠が10個もあるので、コピーも大変だし、印をつける(その部分にマーカーで印をつける)のも大変。

間に合ってほっとしました。

o書記官がこの間、被告代理人に渡してくれると言ってくれたので、喜んで被告の分も置いてきました。郵送料の節約!

★被告安倍晋三の不法行為の具体的な内容は次の通りである。(見出し)

 1.中学校歴史教科書の「従軍慰安婦」という記述を削除しろと文部省に圧力
 2.教科書会社にも「誰の責任か?」と恫喝
 3.内閣外政審議室に圧力
 4.吉見義明中央大学教授にも圧力
 5.中曽根弘文文部大臣に圧力
 6.教科書検定基準に圧力
 7.教科書採択への介入を公然と表明
 8.大学入試センターにも圧力
 9.河村文科相に「近隣諸国条項」削除を求め圧力
 10.文科省、政治家団体の圧力に屈服 

結語

これら1から10までの行為は、被告安倍晋三ら「議員の会」のメンバーが強大な権力を持っている事実から鑑み、文部省、外政審議室、教科書制作会社、歴史学者などへの圧力となったことは間違いない。事実、この後、文部省は「つくる会」教科書を検定に合格させ、採択制度の見直しを行い、各教科書会社は教科書から「従軍慰安婦」という言葉を削除したのである。

このことについては、「議員の会」古屋圭司会長自らが、2004年6月14日に行われた「国会議員・地方議員合同シンポジウム」において、「『従軍慰安婦』記述の訂正には成功した」と述べている。つまり、「議員の会」が圧力をかけて「従軍慰安婦」記述を教科書から削除させたことを自覚しているのである。(甲20号証)

ここで改めて述べるまでもなく、歴史教育とは学問の自由を保障された歴史学者によって研究され、学会で定説とされた内容を、政治家の不当な介入を排除して、公正に作られた教科書によって、子どもたちになされるべきものである。

しかし、被告安倍晋三らは、以上検証してきたように、中学校歴史教科書から「従軍慰安婦」の記述を削除させるべく、また、「つくる会」教科書を採択させるべく、文部省、教科書会社、歴史学者、大学入試センターと考えうる限りの方面に圧力をかけた。あろうことか、日本国政府の公式見解として発表された外政審議室の報告や河野官房長官談話、近隣諸国条項にまで文句をつけたのである。

そして自らの特異な政治的イデオロギーに合致した教科書を、権力をふりかざして検定に合格させ、採択基準を変えることによって採択させようとした。その結果、日本政府の公式見解をも否定するような特異な政治家団体が、特異なイデオロギーを持つ教科書を採択させるという異常事態を引き起こしたのである。

しかも、圧力をかけた事実を隠すこともせず、堂々と本(『歴史教科書への疑問』)として出版しているのだから、そのあまりの破廉恥行為に驚かざるを得ない。これらの圧力行為はすべて教育基本法第10条(改悪教育基本法では第16条)違反である。被告安倍晋三らがその違法行為を全く自覚せず、このような本まで出版していることに、国会議員としてここまで堕落しているのかと国民として絶対に許すことができない。

以上

安倍の悪事の数々を暴く準備書面はこちらです
(なんちゃって・・・本人らが「本」にして出版しているというひどさ。ここまで国民はばかにされているのだ。目を覚まさなければ恥ですぞ)
[PR]

by lumokurago | 2007-01-30 22:58 | 安倍裁判

ねこでまったり

c0006568_2331026.jpg
c0006568_2333836.jpg
準備書面も書き疲れましたので、ねこでまったり。
[PR]

by lumokurago | 2007-01-29 23:04 | ねこと鳥 (cats&birds)

被告代理人というもの

被告代理人事務所に直接書面を持っていく件について

私:直接持っていっても、受け渡しの書類を作って印鑑を押せば、それが証拠になるのでは?
生田弁護士奥様:素人は直接持っていけば、それが一番と思うけど、こういう仕事を手伝っていると、やっぱり第三者を介さないとだめだと思う。FAXは日付が残るから証拠になる。受領書をもらうこと。
私:はい。それと、向こうが「直接持ってきても受け取らない」と言ってきたのに、直接行ったら、面会強要とかで逮捕される可能性もあるんですか?
生田弁護士:そりゃあ可能性はある。何をやってくるかわからん。つぶそうつぶそうとしているんだから。
私:そうなんだ。悪意のかたまりなんですね。
生田弁護士:そう。悪意のかたまり。
私:私は「運動」もやったことないから、素人考えで受け取らない理由を聞きに行きたいと思ったんですけど、多少経験のあるらしい人にそう言われて止められました。
生田弁護士:被告代理人が原告に会ったりしたら、会って何やってんだということで、被告が代理人を解任するかもしれないから、会えないだろう。被告代理人と会うのは法廷だけにした方がいい。今回はお金がかかっても内容証明で送るのがよい。

ということでした。
[PR]

by lumokurago | 2007-01-28 22:23 | その他裁判関係

最も身近な「たったひとり」の人を大切に

4月の杉並区長選に、現区長山田宏に対抗して、市民から出す無名の候補者が決まったそうです。

でも、ひねくれものの私は大いに疑問を感じるのです。ヨン様やキムタク、はたまた中田英寿・・・以外の候補では、99%勝てないでしょう。

それなのになにがなんでも候補を出すのは、「メンツ」のためではありませんか? 「対立候補も出せないのか」とバカにされたくないから。でも、99%負ける候補を出すことに何の意味があるのでしょうか?

負けるとわかっている候補を出しても、バカにされることは同じでは?

それでも選挙戦で主張できる、区民に知らせるいいチャンスという考えもあるかもしれません。

そうかなあ? 投票率はすでにどんなによくても50%以下です。その大半の人たちは、だまされて山田に入れます。投票に行く人で市民候補に投票してくれる人は、元々その考えなのでは?

「つくる会」教科書に関するビラをいくら撒いても、受け取ってくれる人はわずかです。その人たちは元々その考えなのでは?

こういう旧態依然としたやり方はもう脱却した方がいいのでは?

選挙に使う労力を、ごく身近な人(自分の子どもや職場の人、友だち)と向かい合って一生けんめいに話し合う時間にした方がよっぽどましだと思います。

自分の子どもひとりにさえ伝えられないことを、他人に伝えられるとは思えません。

日本がぎりぎりの崖っぷちを落ちかかっている今、次の選挙ももちろん大事ですが、同時に数十年後に教育基本法を取りもどす、本物の民主主義を勝ち取る方法を必死で考えませんか?

(少しでも勝てる可能性のある候補を出せたなら、選挙に労力を使うことも惜しみません)。

後日記(2007.2.3)

この記事について「選挙妨害」だとの批判が大きいと人づてに伝わってきました。
私の表現は極端なので、そのように受け取る人がいることは想像できます。
もっとやわらかい表現ができればいいのに・・・

でも私はごくごく少数派の中でもそのまた少数なので、ついつい極端な表現になってしまいます。「お許し下さい」と言っても、それは「甘え」ですね。

私はこの極端な表現で一つの問題提起をしたつもりです。
区長選をやろうとしている人たちに疑問を投げかけたつもりです。
区長選をやる人たちを止めるつもりは毛頭ありません。それどころか、もちろん応援しています。

でも、考えてほしいのです。今のやり方は「旧態依然」なのではないですか?
今までずっとずっとそのやり方でたたかってきたけれど、私たちは負ける一方で、とうとう崖っぷちを落ちかかるところまで来てしまいました。ということは、そのやり方は効果がなかったのでは? そう疑うのは自然なことではありませんか?
崖っぷちを落ちかかっている今、頭を切り替えて、全然別の方向から考えてみませんか?

なぜ私たちは多くの人の支持を得ることができなかったのかを。

それからお願いです。私に対して意見のある方は直接お電話下さい。
今までこういう率直な話し合いがなされてこなかったのではと思います。
[PR]

by lumokurago | 2007-01-27 00:05 | 社会(society)

明日愛媛に行ってきます

今日は安倍裁判準備書面(5)にかかりきりでした。明日愛媛に行くので相談のため持って行こうとして・・・。

こんな時に限ってワードが壊れ、ファイルをCDにコピーして、近所の友人のコンピュタを使わせてもらい、印刷し、(なぜか読み取り専用になっていて、加工できませんでした。そっちを研究するより打ち込む方が早いと思い)、別のワープロソフトに打ち直し、仲間が作ってくれた分を足して完成しました。(案です)。前に2回ワードが壊れましたが、しばらくすると自然に治っていました。不思議ですね。人間の身体と同じかな?

明日、愛媛に行きます。教育基本法改悪に関する提訴の相談会です。報告をお楽しみに・・・
[PR]

by lumokurago | 2007-01-26 22:54 | 安倍裁判

裁判にはお金がかかる・2

昨日の件について、生田弁護士に聞いたところ、「証拠にするためには自分でも郵送にしてもらう」とのことでした。その時は「ああそうなのか」と思ったのですが、よく考えてみたら、それでも納得できなかった私はしつこく・・・

昨日の弁護士事務所にFAXで問い合わせた。

東京地方裁判所平成18年(ワ)第20396号事件に関し、書類を持参したいとの要望に対し、郵送にて送付するよう、事務所に持参しても受領できないとのご連絡をいただきました。

私たちは始めての裁判で、弁護士なしの本人訴訟で行っているため、何もわからずやっております。今回は当事者照会書を提出したいのですが、内容証明郵便で送ると高いお金がかかります。裁判にそんなお金をかける余裕がないので、直接持参したいと思ったわけです。

直接持参した場合でも、その場で書類提出及び受領書を作り、双方の印鑑を押して残しておけば、受け渡しの証拠になると思われます。この方法ではいけませんでしょうか?

どうしても直接持参しても受け取れず、郵送しか受け付けない理由がございましたら、教えてくださるようお願いいたします。

お忙しいところ、お手間を取らせ申し訳ございませんが、当方の事情についてご配慮いただき、よろしくお願い申し上げます。

裁判の進行上、今日中にご回答下さい。

回答

本日のお問い合わせにつき、回答いたします。
被告ら代理人宛て書面は全て郵送にてお願い致します。その際、受領書を同封してください。受領した際には、受領印を押してFAXにて返送させていただきます。
以上の通りお願い致します。

教育委員会と同じで、逃げの一手であるな。

しつこい私は更に(だから口頭弁論でもしつこいのだ)書記官に電話して聞いた。

O書記官は― 裁判所に出す書面であれば、本人訴訟なので、直送せず、裁判所に持ってきてもらえば、弁護士事務所の事務の人がしょっちゅう裁判所に来ているので持っていってもらいます。(あれあれ、どうしたの? えらく親切になったなあ。ありがとうございます)。でも当事者照会であれば、当事者間でやってください。

T書記官は― 直接持っていって受け取らないというのはおかしいが、裁判所が命令するわけにもいかない。直接持っていってはいけないとはどこにも書いていないと思う。しかし、先日の口頭弁論で裁判長も言っていたが、お互いに協力し合ってやっていくものなので、これについては郵送にしてほしいということだろう。特に内容証明でなくてもよい。普通郵便でいいのでは? 裁判所に対しては「こういう当事者照会を行った」「回答が来た」「回答が来ない」などの準備書面を書くこともある。

ということでした。

とにかく素人なので、わからないことだらけ。
生田弁護士の言うことはすぐに納得すればいいものを・・・
(今度会った時に詳しくきいちゃおう)

結局、1通だけ内容証明+配達証明で送り(5枚を2ヶ所に・・・3750円でした。同じ文書だったので、昨日の計算より安い)、後はめいめいが普通郵便、配達証明のみ(300円)、書留(420円)など、好きな方法で送ることにしました。
[PR]

by lumokurago | 2007-01-25 22:45 | その他裁判関係

裁判にはお金がかかる

諸外国には裁判で被告に証拠を提出させる「ディスクロージャー」(証拠開示)という制度があるが、日本にはその制度がない。

それに代わるものとして新設されたのが「当事者照会」である。「当事者照会」には強制力がないので、照会しても相手方が回答するかどうかは自由。とても「証拠開示制度」とはいえない代物だが、ないよりはましということで、安倍裁判でこれを行うことになった。

「当事者照会書」は内容証明プラス配達証明で送るのがよいとされる(相手方に「そんなもの受け取っていない」と言わせないため)。ところが、内容証明郵便は一枚に書ける字数が20字×26行と決められており、初めの1ページは420円で1枚増えるごとに250円がプラスされる。

例えば私が作った「当事者照会書」だと5ページなので・・・
1420円+80円(通常郵便料金)+書留料金420円+配達証明料金300円=2220円

被告代理人が二人なので、×2=4440円

とても高い。

裁判所から送られて来る文書も特別送達でなければならないため、一度に1050円位かかり、それを原告数送ると、原告8人なら8400円である。

そのお金を節約するため、私は裁判所に書類を直接取りに行っている。

今回の「当事者照会」もお金の節約のため、被告代理人事務所に直接届けることを思いついた。

そこで、弁護士事務所に電話して場所を聞いた。

H事務所では、電話に出た女性が、「弁護士の許可がないと場所を教えられない」と言う。「ただ書類を届けるだけです」と念を押しても、「教えられない」。

この若い女性は今時の「指示待ち人間」で、自分では何も判断できないのであろうか?
それとも、ヘンな奴に押しかけられたらうちの先生が危ない!と思ったのか?

5分後の電話でも「弁護士が打ち合わせ中なので、聞くことができず、教えられない」
「では駅だけでも教えてください」
「半蔵門です」  駅は教えてくれた。しかし・・・場所も教えないってどういうこと?

K事務所では電話に出た女性が、ごく普通に教えてくれた。親切であった。

しばらくしてから、H事務所から電話があった。さきほどの女性ではない、別のもっとしっかりした感じの女性からで、「書類は直接持ってきても受け取れない。郵送で送ってください」とのこと。「でも、郵送だと高いお金がかかるので、直接持って行きたいのです。もう一度聞いていただけませんか」と頼んだ。

その後、私は外出し、夕方帰宅したところ、FAXが届いていた。

K弁護士、H弁護士の連名で、印鑑も押してある「ご連絡」という紙に、「書類は郵送でご送付いただきますよう」「事務所にご持参いただきましても受領いたしかねますので、その旨、お伝えします」と書いてある。

住民訴訟の弁護士は直接受け取ってくれたのに、なぜ?
明日、問い合わせてみよう。
[PR]

by lumokurago | 2007-01-24 22:39 | その他裁判関係

いい顔してるねえ

c0006568_20395460.jpg
この写真は2年位前の写真です。

私が目をつぶったままの父に食べさせていると、Kさんというおばあさんが来て、「いい顔してるねえ。こんないい顔の人は他にいないよ。幸せだねえ」「かわいそうにねえ。こんなになっちゃって・・・」「ほら、知らない声がするから一生けんめい見ようとしている。ちゃんとわかっているんだよ。うれしいじゃないの。涙が出てくるよ」「でも大変だねえ。なんの因果でこんな世話しなくちゃいけないことになったのかねえ。きっと今にいいことがあるよ」と話していらっしゃいました。
[PR]

by lumokurago | 2007-01-23 20:44 | 父・母・介護

京都でタウンミーティング国倍訴訟提訴

件名についての記事です。
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2007012200161&genre-D1&area=K10
[PR]

by lumokurago | 2007-01-23 20:26 | その他裁判関係