暗川  


写真日記
by lumokurago
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 02月 ( 35 )   > この月の画像一覧


控訴理由書は大変だ

具体的な争点についての控訴理由書を書きかけて、疲れてしまいました。論文を書くのに似ているかもしれません。私がいつも書いているような普通の文章を書くのとは全く違います。(先日の控訴理由書は概論なので普通の文章でした)。書きながら、法律とか規則の条文を確かめたり、事実関係を確かめたり、以前の準備書面を読み返して必要な部分を抜き出したりして、論理的に組み立てながら書かなければならないので集中力がものすごくいるのです。ああ、もうだめだ・・・長くやればいいってもんじゃない。(最後には生田弁護士の上京に間に合わせるために徹夜になるけど・・・おそろしや)。

コスタリカでは憲法違反を訴えた最年少は小学校2年生です。電話で「憲法違反です」と言えば取り上げてくれるのです。いいなあ! コスタリカ政府がイラク戦争を支持した時、学生が一人で「憲法違反です」と訴え、「イラク戦争支持は憲法違反である」という判決が下りて、政府はイラク戦争支持を撤回しました。すてき! その裁判にかかった費用は日本円にして1000円位でした。いつの日か日本の裁判所も電話で憲法違反を言えば、裁判官が調べてくれるようにしたい。そうなったら、日本は憲法違反ばかりで大変なことになるなあ。

コスタリカの裁判所についてはどっかに過去記事があるけど、探すのが面倒なのでこれだけでお許しを。
[PR]

by lumokurago | 2008-02-29 22:41 | その他裁判関係

杉本栄子さん訃報

以下は三鷹市議会議員・島崎英治さんからのメールです。うちは三鷹に近いので、三鷹市で開かれる集会などにもたまに参加し、島崎さんをよく知っています。

私も杉本栄子さんのお話は何度も聞いたことがあり、亡くなられたことは本当に悲しく、残念です。
*****

皆さんへ
(BCCでお送りしています。重複配信ご容赦ください)
【転載・転送大歓迎】

また一人、歴史を切り開いてこられた方がなくなりました。水俣病を告発しながら人はどう生かされ、どう生きたらいいのか問い返し続けた杉本栄子さんが、昨日(28日)なくなられました。彼女のご冥福をお祈りすると同時に皆さんにお願いがあります。

【お願い】
2月28日は、いろいろなことがあった。一番大きなできごとは、杉本栄子さんの死である。彼女は、生きてきたのではなく『生かされたてきた』。だとしたらどうしたらいいかと子どもたちに語り始める。

チッソ水俣の水銀に身体を侵食され、罹病し、親戚から村を出て行けといわれたり、崖から突き落とされたり、お米も売ってもらえなかった杉本家。だが彼女の父は、「いじめる人はかえられんとばい、自分が変わって生きていかねば」と教えてくれた。人として生まれたからにはやっていいこととやってはいけないことがある。いじめ返せばその人も辛くなる。じっと自分たちが堪えることそれが人としてやってはいけないことだと諭した。

彼女は言う、いじめ返さなかったから、今の自分があり、こうして水俣資料館で皆さんにお話ができる…いじめ返しをしなかったことが自分の宝です…(泪)。

ぜひ、彼女の語りを、あなたの知人・友人に広めてください。
http://soshisha.org/nyuumon/sugimoto.htm

訃報:水俣病一次訴訟原告で、水俣市立水俣病資料館語り部の杉本栄子(すぎもと・えいこ)さんが28日午前零時24分、脳腫瘍(しゅよう)のため水俣市の病院で亡くなった。69歳。
◆通夜は29日18時半、
◆葬儀は3月1日14時半から、
◆場所:水俣市古城1の727の6、総合仏事会館みなまた
◆喪主:夫・雄(たけし)さん。自宅は同市袋2751の2。
******************************************
しまざき英治 三鷹市議会議員・憲法9条の人

*****

相思社の訃報はこちらです。
[PR]

by lumokurago | 2008-02-29 09:57 | 社会(society)

雪が見たいなあ

今日は遺作展の用事と裁判の控訴審の用事で都心をうろついて、疲れました。(いまだに人混みが苦手)。ほんとは今頃スキー場行ってたんだけどなあ。なんちゃって、足が悪いのに無理して行ってたけど、さすがにもう完全に無理でしょう。でも時間があれば試したかも。ちょっと雪山を見てみたいですね。雪国の人には申し訳ないけど、私は雪が大好きです。
c0006568_2321262.jpg
後は鹿島槍(北アルプス)
c0006568_2323071.jpg
青木湖
いずれもサンアルピナスキー場にて(1983年)
[PR]

by lumokurago | 2008-02-28 23:06 | 自然 (nature)

控訴理由書その1 書いてみました!

平成20年(行コ)第51号公金支出無効確認等(住民訴訟)控訴事件
控訴人  渡辺容子 外36名
被控訴人 杉並区 外1名

控訴理由書( )
― そもそも私たちはなぜこの裁判を提訴したのか ―

2008年3月13日

東京高等裁判所御中

            控訴人(選定当事者)  渡 辺 容 子

            控訴人(選定当事者)  T.M.


1、「つくる会」教科書とはどんな内容なのでしょうか?

2005年8月12日、東京都杉並区は中学校で使う歴史教科書として「新しい歴史教科書をつくる会」主導の扶桑社版歴史教科書(以下、「つくる会」教科書という)を採択しました。私たちはその採択に関わる公金支出が違法であるとして、その無効確認などを求めて、この裁判を提訴しました。

More
[PR]

by lumokurago | 2008-02-27 00:19 | 杉並教科書裁判

今の自衛隊は国民守れない(東京新聞投書欄より)

今の自衛隊は国民守れない    O.Sさん

自衛隊のイージス艦と漁船の衝突という記事が目に飛び込んで、「豚に真珠」という言葉が浮かんだ。安倍政権の「美しい日本」という合言葉で、アジアの覇権を求める戦いをする気か、と不安になったが、今回の事故を見て、日本が本気で戦争をしても無駄なことが分かった。

もし、この漁船が中東のテロリストの自爆攻撃であったら、1400億円の最新のイージス艦が海のもくずになるところだった。たるみきった日本の軍隊では戦争は不可能であることを世界に示した。このような無駄な軍備で行方不明となった漁師親子はあまりに気の毒だ。市民の命はどうでもいいという第二次世界大戦のころの思想だけは少しも変わっていないことがはっきりした。

もう自衛隊という「豚」に無駄な最新鋭の真珠を与えるのはやめるべきだ。この膨大な予算を福祉やサーキングプアの救済、少子化対策に回せば日本に明るい光が見えることは明らかだ。

なぜ、政府はこのような単純な真理に目をふさぐのだろうか? 軍事予算にたかる官僚と政治家、そして軍需産業の死の商人たちを排除できないのだろうか?
[PR]

by lumokurago | 2008-02-26 20:55 | 平和

1967年にすでにこんなことを言っていた父

c0006568_23906.jpg
c0006568_2391964.jpg
三日坊主ならぬ3年坊主だったけど、お正月に何年か描いていたもの
[PR]

by lumokurago | 2008-02-25 23:10 | 父・母・介護

2.10阿佐ヶ谷ロフトA「愛国心を語る」

タイトルのライヴに行ってきたけど、メモを起こす余裕ないよ、と思っていたら・・・。

カリンちゃん自身が報告してくれています。
「愛国心を語る」の巻

それからなにかと気の合う「死ぬのはやつらだ」さん(名前は過激だけど、実態は純情そのもの)も鈴木邦男さんの分と保坂君の分を報告してくれています。興味のある方はどうぞ。
私はとてもおもしろいと思います。

【鈴木邦男】愛国心は必ず競争になり、他人を攻撃することになる

【衆議院議員・保坂展人】「愛国心」と「自己責任」の歯車が噛み合うときが怖い
[PR]

by lumokurago | 2008-02-25 00:34 | 社会(society)

遺作展

遺作展の案内状ができました。ギャラリー蒼の企画展です。

*****

渡辺精二遺作展 ~誰も教えてくれない道~
c0006568_2232219.jpg
2008年3月14日(金)~23日(日)
11:00-19:00(最終日17:00)
会期中遺族が来廊しております。

昨年死去した画家・渡辺精二は認知症で筆を置くまで、生活と画業の間であきらめることなく誠実に描き続けました。画家としてはめぐまれなかった生涯歩いた「道」と闘いの跡をご覧下さい。

徒歩→JR西荻窪駅南口より12分
駅前果物や脇の小さな路地を直進、
五日市街道を右折、松庵稲荷信号を左折80m右

関東バス→JR西荻窪駅より 立教女学院行き
もしくはJR吉祥寺駅北口より 中野行き
松庵稲荷神社前 下車3分

〒167-0054
東京都杉並区松庵2-18-26 蔵
TEL  03-3331-3681

*****

ホームページに掲載されている案内はこちらです。

お近くの方はぜひおいで下さい。農家のすてきな蔵のギャラリーで、心休まる空間です。
場所がわからない方はメール下されば案内状を送ります。
lumokurago@ybb.ne.jp
[PR]

by lumokurago | 2008-02-24 22:51 | 父・母・介護

杉並区の「悪い奴ら」

c0006568_1610778.jpg
見たくない顔、気分が悪くなる顔ですが・・・

この集会に行くか行かないか迷っていたのですが、マスゴミがサピックス(塾)に何10億(それ以上?)という宣伝効果をプレゼントした和田中問題(参照http://www.news.janjan.jp/area/0802/0802040145/1.php)があるので、向学のため行ってきました。

More
[PR]

by lumokurago | 2008-02-23 21:44 | 社会(society)

大人のできること

JANJANコメント欄に投稿しました。
*****

別記事のコメント欄にも書きましたが、この問題は非常にむずかしく、全体について述べることはできませんので、気になった点に限って述べます。

犯罪件数は戦前より減っているということについて考えていましたが、戦前はなにしろ貧しかったので、そのために犯罪が多かったという面もあるのではないでしょうか? 現代は非常に複雑なので、単純に犯罪件数を戦前と比べても意味がないと思います。そして時代が違えば犯罪の理由も違ってきているのではないでしょうか? 早い話コンピュータや携帯電話があるというだけで、戦前とは人間が生きている状況が全く違うと思います。

今の子どもは大人にすべて管理され、ストレスでいっぱいで、自由がなく、非常にいきづらい毎日を送っています。危機状態にあります。このことは子ども相手の仕事をしている人ならだれもが感じていることだと思います。しかし、毎日が忙しく、考える余裕もなく、ただその日暮らしで日々をやりすごすだけで精一杯というのが現場の実態でしょう。

今の子どもの問題は様々なことが絡み合っていて、その原因を明らかにすることは非常にむずかしいことです。まして、どこからどうやって変えていけばいいのか、全くの五里霧中だと言えるでしょう。

大人のできることはまず子どもたちから手を引くことです。大人は子どもに手をかけすぎ、ぎゅうぎゅうに管理しているからです。(もちろん一般論として言っているのであり、ネグレクトの子どもなどは例外です)。そして、親や社会の都合を押し付けず、子どもたちの様子をよく見て、子どもたちの望んでいることを汲み取ることから始める必要があると思います。

*****
http://www.news.janjan.jp/living/0802/0802201152/1.php
[PR]

by lumokurago | 2008-02-23 14:37 | 子ども・教育