暗川  


写真日記
by lumokurago
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 06月 ( 35 )   > この月の画像一覧


「心の病」という言い方はやめましょう

JANJAN記事に書き込みました。若い人たちの記事です。ここにリンクしています。

*****以下書き込み。

別記事でも書き込みしたのですが、「心」とはなんでしょう? 「心の病」と言われた人は自分の「心」が「病んで」いると思いますか? 違います。「心」が正常だからこそ、自分が「病気」であることを感じて悩むのです。自傷行為などはその典型でしょう。

一般的に「心の病」と呼ばれているものは、本当は「脳」の「病気」なのです。まともな精神科医はそう言っています。

とらえどころのない「心」をあえて標的にし、「病気」ではなく「病」という情緒的な日本語を使うことで、「心の病」にかかっている人は特殊なのだ、本人の努力が足りないのだと「病気」の人をさらに追い詰め、差別しているのです。

「心の病」という日本人の好むあいまいな名称はもうやめませんか? 少なくともこのような記事においては。

若い人たちを心から応援しています。

*****ここまで引用。

重いうつ病の体験者より。

うつ病に興味のある方はこちらをどうぞ。私のうつ病体験記です。
[PR]

by lumokurago | 2008-06-30 23:39 | 医療

教科書検定意見問題に関する沖縄からの報告

教科書検定意見問題に関する沖縄からの報告(JANJAN記事)
高嶋さんの講演です。元気が出ますよ!
[PR]

by lumokurago | 2008-06-30 13:42 | 沖縄

もう10日

c0006568_2056431.jpg

c0006568_20564031.jpg
マロンちゃんはもうふたまわり位大きくなりましたが、ミャーちゃんはあまり大きくなった気がしません。遊びがすごく活発になり、2ひきで追いかけっこに夢中です。
[PR]

by lumokurago | 2008-06-29 20:57 | ねこと鳥 (cats&birds)

権力者はこれらの書き込みをみてほくそえんでいます

JANJAN記事「橋下知事へ「府職員も大阪府民やで!人件費カットで誰が笑えるねん!ほんまに大阪がよくなること考えて行動してや!」(吉田みえこ記者)にネットウヨク並のものすごい数の書き込みが来ているようです。とても全部は読めませんが、思いあまって下記のコメントを書き込みました。
元記事はこちらです。

*****
この記事をお書きになった吉田みえこさんの教員としての給料が「決して高くない」とご本人が感じていらっしゃることはそうなのでしょう。しかし、派遣労働者などなどの人権無視の労働実態を考えれば、その正直な気持ちを公にすれば叩かれて当然でしょう。人間というものは「妬み」という感情を持っているからです。吉田さんには想像力が足りなかったと言えます。

ところで、杉並区議会は昨年末の学校現業職員の給料引き下げを議決した同じ区議会で、区議会議員の給料の引き上げを議決しました。職員の給料を引き下げておきながら、よくまあ自分たちの給料だけ勝手に引き上げることが平気でできますね。反対した議員も少数いましたが・・・。それはいつもの少数派議員でした。自民党、公明党、民主党などは賛成しました。自分たちの給料を自分たちで決められるのだから議員は幸せです。また、彼らは給料以外に出ている毎月16万円の政務調査費を自宅を事務所にして家賃としたり、家族を事務員として給料としたり、タクシーに乗りまくったり、使途不明の携帯電話代、ガソリン代、切手代などに使っています。都議会議員の政務調査費は月60万円です。その使途は?
(みなさん、こっちの方に怒ったらどうですか? 今、月16万稼ぐことがどんなに大変か)。

ましてや国会議員らの税金の無駄遣いや裏金、贈収賄は私が指摘するまでもありません。また、消費税が導入されて19年、税収190兆円に対し、法人税の減収が160兆円、軍事費の増加額は20兆円です。福祉のためと宣伝した消費税のほとんどが法人税の減収と軍事費の増加に費やされたのです。

こう考えれば、教員も「庶民」の仲間だとは思いませんか? せいぜい10万単位の給料の違いで妬むなんて小さい、小さい。もっと視野を広げて何兆円何百兆円という超超大金の方を見て怒ったらどうでしょう? それを黙認し、放っておいて、「庶民」同士で妬みあっていれば、権力者は大喜びです。

*****ここまで引用

議員や教育委員は会議に出席するごとに、これ以外に「費用弁償」というお金が支給されます。教育委員で1回6000円。10分で終わっても6000円。

区議会議員の給料は年収1000万です。まじめに勉強し、調査し、質問する人はまだしも、区長のいいなりになって採決に加わるだけで会議中居眠りしていても1000万。議員の中には家業を持っている人もいます。私の小学校の同級生の議員は灯油屋兼八百屋兼マンション経営。他で食べていける人は議員の給料はいらないのでは?

連想です。

秋葉原の事件を起こしたK君ですが、どうしてあなたをそんな風に追い込んだ強いものと闘おうとしなかったのか、それが本当に残念です。でも、私にこんなことを言う資格はないとわかっています。子どもたちから生きる力を奪い、人間関係を薄め、自分の気持ちをまっすぐに表現することはダサイことだと教え、組合の力を奪ってきたのはほかならぬ私たち自身(1980年代から特に急に悪くなってきたので、その時の20歳以上の大人には責任があると思います。つまりごく乱暴に言うと現在48歳以上の大人)だからです。

でも、ここまでひどくなった以上、若い人も立ち上がらなければなりません。自分のことだからです。どうしたらいいかわからないかもしれませんが、まずは勇気を出して身近な人たちに自分の気持ちを話すことからお互いに始めてみませんか?
[PR]

by lumokurago | 2008-06-29 20:52 | 社会(society)

事故は隠ぺいによって繰り返される

事故は隠ぺいによって繰り返される ― 杉並の天窓転落事故とプール事故(JANJAN記事)

2001年10月、東京都立富士高校で当時高校3年生の男子生徒が天窓を突き破って転落し、約1ヶ月後に死亡していたことが分かりました。このことは6月23日の杉並区議会文教委員会で結柴(けしば)誠一議員の質問によって明らかにされたものです。

都教委の重大な責任

 結柴議員は、都教委がこの事故について都立高校校長に口頭で注意喚起しただけで、市区町村教育委員会には報告しなかったことを、東京都教育委員会の重大な責任であると指摘しました。筆者は文教委員会を傍聴し、この事実を知り、JANJANに投稿しようかと考えましたが、市民記者の身分ですぐに都教委に確認を取ることはむずかしいと思っていました。情報公開請求などに時間がかかるからです。

 すると、翌24日の東京新聞、毎日新聞の都内版に事実関係を明らかにした記事が出ました。情報を隠したがる都教委も大手マスコミの取材にはすぐに応じるのだとわかりました(他紙については未確認)。

 毎日新聞によると、都教委は市区町村教委に報告しなかった理由として、(1)通常想定しないケース、(2)小中学生とは発達段階の異なる高校生の事故 ― の2点を挙げ、文科省に対しても、こうした事故を報告する仕組みがなく、伝えていなかったとしたそうです。

 都教委が市区町村教委にも注意を喚起して再発防止に努めていれば、今回の杉並の事故は防げたと思われます。都教委の責任が問われます。

大分で和田中プール事故に酷似した事故発生

 6月23日、大分市立植田南中学校でプール事故がありました。1年生の女子生徒が意識不明の重体です。

 この事故は昨年7月12日に杉並区立和田中学校で起こった事故に酷似しています。どちらも25mを泳ぎタイムを測定する授業での事故で、2人とも25mを泳ぎ切った後に意識を失っています。和田中の事故は、1年生男子が心肺停止状態になり、現在も昏睡状態ですが、事故は隠ぺいされ、一切報道されませんでした。

 杉並区教育委員会が和田中の事故について全国の教育委員会に周知徹底し、注意喚起していたならば、大分の事故は防ぐことができたのではないでしょうか。

和田中プール事故とは?(事故報告書より)

 情報公開請求によって出てきた2007年9月12日付の教育委員会資料「区立中学校水泳事故に関する調査結果等について」による杉並区教委の見解を以下、簡単にまとめます。

 3校時水泳の授業で25mを自由な泳法で泳ぎ、タイムを計測するもので、当該生徒はスタートを待つ間に「25mを息継ぎしないで泳ぐ」と周囲に話しかけたという複数の証言がある。当該生徒は5コースをクロールで25mを泳ぎ切った後、コースロープをくぐり6コースに移動、この直後に異常が発生し、「手をバチャバチャさせた」(目撃生徒談)後、仰向けになり、足を下方に脱力し浮遊する状態となった。

 担当の主幹がプールに飛び込み、救助し、心肺蘇生措置後、救急車で東京医大病院に搬送した。救命救急センターにおける緊急医療措置の結果、心肺機能は蘇生したが、昏睡状態のままである。

東京医大病院の医師による所見

 「原因としては、一つは、広い意味での『窒息』がある。少量の水でも『咽頭痙攣』により窒息することがある。また、何らかの原因による『不整脈』(ただし心筋梗塞、心筋症ではない)が考えられる」

 学校及び教師の指導や事後対応に問題がなかったか。
(1)施設・設備の瑕疵は認められない。
(2)一連の指導において基本的には安全への配慮は果たされていた。
(3)事故後の対応は学校としてできる限りの行動がとられた。

 今後次の改善に取り組む必要がある。

(1)
 最近の水泳事故例を踏まえ、長時間息継ぎをしないで泳ぐことに起因する「ノーパニック症候群」に関する注意喚起を、潜水等の計画の有無にかかわらず安全指導の内容に含める。(「ノーパニック症候群」とは潜水等により、血液中の酸素濃度が低下することによって意識が喪失し、意識喪失において生じる呼吸の反射によって、溺水に至る危険を起こす状態を言う)

(2)
 中学校における水泳指導の充実と監視の強化のために、現行体制を見直し、指導体制を拡充する。万一の事故に備え、AEDについては、プールサイドに移設する等、設置場所を工夫する。

 事故再発防止に向け、次の取り組みを行った。

(1)水泳指導の充実と監視の強化のために、中学校の水泳授業に対して指導補助員を配置
(2)8月30日に、すべての小中学校を対象とした「水泳指導にかかる臨時連絡会」を開催し、安全指導を行った。

事故報告書は真実か?

 ここまで、教育委員会資料を簡潔にまとめましたが、ここに書かれたことが事実であるかどうかには疑問があります。当該生徒が「仰向けになり、足を下方に脱力し浮遊する状態」になった時に救助したのかどうか? 生徒を発見したのは誰なのか? 報告ではこの時点で主幹が発見したかのように書いてありますが、仰向けに浮遊した状態で救助したなら、心肺停止には至っていなかったはずです。

 大分の事故では別の生徒が深さ1.2mの底に沈んでいるところを発見したと報道されています。どちらの授業でもタイムを測定していたため、教員の目はそちらに向いていたのではないでしょうか? 和田中の地元では、学校は生徒たちを当該生徒のお見舞いにも行かせないという噂があり、目撃証言も違っています。「口外するな」という緘口令が飛び交うだけで、まじめに原因究明する気がなかったこともわかっています。

 当該児童は昏睡状態のまま、藤原和博元校長によって和田中から籍を抜かれ、区立済美養護学校に異動させられました。保護者の希望ということですが、誰が自分の子どもの籍をあえて養護学校に異動することを自分から希望するでしょうか! 親は子どもがいつか治ると信じているものです。

重大事故の隠ぺいによって事故は繰り返された

 この事故について杉並区教委は杉並区立の小中学校に注意喚起したにとどまり、新聞報道もされませんでした。大分の事故では業務上過失傷害の疑いもあるとみて、警察が捜査し、大分市教委が安全管理徹底を指示したことを翌日も報道しています。この対応の違いはどこから来ているのでしょうか。事故の教訓を生かすことのできなかった杉並区教委の責任は重大です。

 筆者は隠ぺいされた和田中のプール事故を知る杉並区民として責任を果たしたいと思い、またこのような、防げたはずの事故を二度と起こしてほしくない思いで、マスコミの記者たちにぜひ取材、報道してほしい旨、手紙やメールでお願いしています。教育委員会が隠ぺいしたとしても、マスコミは子どもの命を守るために教育委員会の閉鎖性を告発し、真実を明らかにして報道し、二度と同じような事故が起こらないようにする責任があります。

 杉並区では2年続けて重大事故が起こりました。「夜スペ」などでマスコミを賑わし、いい気になって、肝心な子どもたちをないがしろにしてきたツケが回ってきたのでしょう。ここに明確になった杉並区の教育「改革」の正体をマスコミは見抜くことができるのか? 「子どもの命」という最も重大なテーマについてどれだけ報道できるのか、マスコミの良心が問われています。  
[PR]

by lumokurago | 2008-06-28 12:38 | JANJAN記事

ミャーちゃんも膝に乗ってじゃれあっています

c0006568_21281033.jpg

c0006568_212954.jpg

c0006568_21295729.jpg
ミャーちゃんも触らせるようになりました。
[PR]

by lumokurago | 2008-06-27 21:41 | ねこと鳥 (cats&birds)

夜スペ住民訴訟提訴

住民監査請求が棄却されたため、本日夜スペ住民訴訟を提訴しました。これで裁判は6つ目です。

すでに終わった裁判

1.「つくる会」教科書採択取り消し訴訟
訴額で争って最高裁まで、最高裁は判断せず。印紙代を払っていないため中身の審理には入らず。
同じ裁判を行っている松山地裁、宇都宮地裁では1件として考え、訴額は160万円で印紙代は13000円ですが、東京地裁はいやがらせで原告数掛け算した訴額とし、印紙代は57000円と言われました。これに対して、異議を申し立て最高裁まで行ったのですが、最高裁は判断しなかったため、絶対に負ける裁判に57000円を払うのはもったいないので、払わず、そのままになりました。

2.教育基本法改正案国会上程差し止め訴訟―却下

3.安倍裁判(安倍、自民党が「つくる会」教科書採択に関わり、ありとあらゆるところで圧力をかけた)―却下(控訴したが、杉並で問題山積のため、労力と効果を考え取り下げました)

現在まだ続いている裁判

1.「つくる会」教科書採択に関わる公金支出の無効確認住民訴訟
地裁で却下及び棄却され、控訴。控訴審第1回口頭弁論で結審されそうになり、現在忌避申立が最高裁まで行っています。

2.教基法違憲訴訟
地裁で却下及び棄却され、控訴。控訴理由書作成中。

3.「夜スペ」に関わる目的外使用許可処分の無効確認住民訴訟
本日提訴。

ヒラメ裁判官ばかりの堕落し切った「司法」ですが、それにしても舞台が東京地裁であるのは厳しいです。裁判所に入るのに荷物検査があるのは東京地裁だけらしいです。大阪地裁も名古屋地裁もないとのこと。傍聴席もいっぱいになると席をつめて入れてくれるそうだし、傍聴席からの拍手もお咎めなしとのこと。名古屋地裁は裁判所の庭(?)に芝生があり、傍聴席に入れなかった人たちがそこで歓談しているそうです。のんびりしてるなあ。
[PR]

by lumokurago | 2008-06-26 21:24 | 和田中夜スペ裁判

都立高でも天窓事故・都教委が周知せず

23日の文教委員会で、タイトルのことが明らかになりました。東京新聞、毎日新聞で報道されました。(他紙は未確認)。
以下は毎日新聞記事です。

*****

杉並の小6転落死:01年の都立高生徒死亡事故、都教委が周知せず /東京

杉並区立杉並第十小の児童転落死亡事故で、01年に都立富士高(中野区)で同様の事故があった際、都教委が市区町村教委に注意喚起していなかったことが分かった。23日の杉並区議会文教委で、結柴(けしば)誠一氏の質問に区教委が答弁した。

都教委高等学校教育指導課によると、富士高での事故は01年10月に起きた。昼休みに3年生の男子生徒が雨どいを伝って、入り口に鍵のかかっていた屋上に入り、飛び乗ったガラスの天窓が割れ転落。約1カ月の入院後、死亡した。

都教委は翌11月、都立高校長会で注意喚起したが、小中学校を管轄する市区町村教委には伝えていなかった。同課はその理由として(1)通常想定しないケース(2)小中学生とは発達段階の異なる高校生の事故--の2点を挙げた。また、文部科学省に対しても、こうした事故を報告する仕組みがなく、伝えていなかったという。

結柴氏は「都教委がこの事故を知らせていれば、今回の事故は起きていなかったかもしれない」と指摘した。【真野森作】

*****ここまで引用
[PR]

by lumokurago | 2008-06-25 21:37 | 子ども・教育

消耗なだけの文教委員会傍聴

昨日、区議会文教委員会を傍聴しました。つ・か・れ・た・・・・。2005年3月末に仕事を辞め、「つくる会」教科書採択反対に関わって、昼間の議会、教育委員会などを生まれて初めて傍聴して、ようやっとわかったことが以下です。

杉並区教育委員会というのは教科書採択以外は出された議案をろくに審議もせずに、やみくもに承認しているだけ。教育委員には自分の意見もろくにない(教科書採択以外で)。

つまり、杉並区の教育政策は教育委員会事務局が決めている。教育委員会事務局には教員出身の人も少数いるが、大半はただの杉並区職員(事務職)。ただし杉並区は都教委の「重点地区」で(都教委出身者の証言あり)都教委から「優秀」な人材が投入されている。例:2005年の採択時の松岡指導室長。現在の教育長、井出隆安氏・都教委の日の丸君が代強制の中心人物。この人は30年前には「赤二」の異名を持つ高井戸第二小学校の教員で、熱心な組合員でした。それから肩書は忘れましたが、種村氏・この人も杉並区の教員でした。種村氏は「つくる会」教科書を批判して分限免職された増田都子さんの長期に渡る不当な「研修」の担当だった人です。この人に「増田さんの個人情報を外部に漏らしたことで最高裁が都教委を敗訴させた判決を知っているか」と聞いたら、「詳細は認識してございません」の返事でした。あなたが当時の都教委の中心人物なのに!

これが都教委の「優秀」な人材です。杉並狙い撃ちです。

和田中「夜スペ」に批判的意見を述べ、東京新聞に書かれた中村元教育改革推進課長は左遷されるかと思いきや、教育委員会庶務課長に出世(と言っていいのですよね)。昨日の文教委員会でも不毛な答弁に徹していました。

後釜の森教育改革推進課長は如才ない方。ちょっと太り気味ですが、笑顔を絶やさず魅惑的な声で区民に応対。区民からの質問をなるべくさせないように、くどくどと説明に時間を費やす術にもたけています。

この人たちみんな、子どもたちのことなどこれっぽっちも考えていません。のらりくらりと「適正に行っています(じゃなかった『行ってございます』―変な日本語:答弁語」を繰り返すだけ。

そんなことで給料がもらえるんですね。こんな人たちを私たちは税金で養っているんですね。(彼らと違って、児童館職員は子どもたちのために一生懸命に働いています。本当です)。

そしてもちろん、杉並の「教育改革」は彼らの発想ではありません。山田区長じきじきのお触れなのです。「ははあっ」と頭を下げている彼らの姿が目に見えるようです。
[PR]

by lumokurago | 2008-06-24 22:00 | 子ども・教育

始めて膝に乗ったミャーちゃん

c0006568_21222194.jpg

c0006568_21225464.jpg

c0006568_21232148.jpg
今日、逃げてばかりいたミャーちゃんもやっと私の膝に乗ってきました。でもそれはマロンちゃんがいるからで、膝の上で2匹でじゃれあって遊びます。ミャーちゃんを触ると逃げてしまいます。
[PR]

by lumokurago | 2008-06-24 21:26 | ねこと鳥 (cats&birds)