暗川  


写真日記
by lumokurago
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 07月 ( 39 )   > この月の画像一覧


沖縄タイムス記事

東京新聞にも載ってたのかなあ・・・見つけられませんでした。

7月26日の沖縄タイムスに以下の二つの記事が載っていました。

療養病床22万床存続

国は慢性疾患の高齢者が長期入院する療養病床約35万床について、12年度末までに6割(22万床)を削減する予定だったが、削減を4割とし、22万床を存続させる方針に転じたそうだ。退院患者の受け皿となる介護施設の整備や在宅療養の支援が進まず、行き場のない「医療・介護難民」が生じるとの批判が医療現場や与野党から上がったためとされる。

国が方針を変更するなんて、よっぽどのことだ。

現在でも要介護老人は行き場のない状態である。父がいた特養は入所希望者が1000人も待っている。(定員50名)。これから高齢者は増える一方。軍事費を減らし、療養病床を増やそう!! 特養を増やそう。

父の最期を受け入れてくれる病院がなかなか見つからず、自宅介護も考えたが、相談したケアマネは「自宅介護にはものすごくお金がかかります。月にいくら出せますか?」と。(でも病院もすごいお金がかかりましたよ。自宅だったらもっとかかったってこと)。

老人介護に縁のない人は何も知らないかもしれませんが、介護保険も改悪される一方で、特養は赤字が増え、ヘルパーの事業所は倒産続出。働いている人たちは暮らしていけないので転職してしまう。

脳梗塞の後遺症などのリハビリは180日で打ち切り、さらに、問題になっている「後期高齢者」医療制度・・・

「老人は死んでください 国のため」 明日は我が身です。

事故賠償1000億円以上

原発や使用済み核燃料再処理工場などの事故で住民らへの損害賠償が必要となった場合に備え、文科省は原子力事業者に保険加入などで準備を義務付ける資金を、現行の600億円からほぼ倍増させ、1000億円以上にする方針を固めた。1999年の東海村臨界事故で賠償額が想定を大幅に超えたことや、昨年の新潟県中越地震で原発が被災したことも考慮したそうだ。

つまり事故を想定してるってわけ。損害賠償をすれば事故も許されるってわけか! でも目に見えない放射能は半永久的に蓄積されるのだ。未来の子どもたちはどうでもいいの??
[PR]

by lumokurago | 2008-07-31 22:19 | 社会(society)

学童保育が商売になってしまった

学童保育が「エムアウト」という企業によって「キッズベースキャンプ事業」として行われているとの記事を見つけた。お母さんたちの要望を「顧客ニーズ」といい、子どもたちを預かる場所を「店舗」と言っている。

この記事です。

子どもをもつ母親たちが熱烈に支持しているアフタースクール(日経ビジネスオンライン)

世も末である。

と私が言う意味がわからない人がいるかもしれない。

つまり、子どもはただ快適に預ければいいという荷物じゃない。子どもは人間だ。お母さんたちも人間だ。預かる職員も人間だ。人間には「ニーズ」ではなく、「信頼関係」だけが大事なのだ。

まだわからない人がいるかもしれない。

つまり、人間の「信頼関係」というのは儲けを前提として「顧客ニーズ」を満たす商売では決して成り立たないものなのである。

子どもに対しては「何もやらないで見守ること」が基本だと思うが、商売ではそんなことはありえない。絶対に管理することになる。管理が子どもをだめにする。

お母さんたちの「ニーズ」全部を満たすことは、必ず子どもをだめにする。母親が働くことと子どもを育てることは本来矛盾することである。お母さんが働いていると子どもはさびしいのだ。その矛盾の中で母も子も葛藤しながら、生きていく。「ニーズ」を満たしてしまえば、その大事な「葛藤」がなくなってしまう。絶対によくない。
[PR]

by lumokurago | 2008-07-30 21:29 | 子ども・教育

三里塚で避暑してきました

今年は成田空港開港30周年です。「その昔、農民や過激派による空港反対闘争が行われました」、と思っていましたが、反対闘争は今も続いているのです。暫定B滑走路の南伸を止めている7軒の農家があるのです。私はこのことを全然知らず、教科書問題で知り合った友人(過激派でもなんでもありません、念のため)に一昨年初めて、連れて行ってもらいました。

B滑走路の南伸を止めているということは、滑走路の南側に農地があったり、自宅があったり、出荷場があったり・・・ということで、つまり、頭上40mを飛行機が通り、離陸、着陸するということです。数分おきに猛烈な爆音がします。その上、すぐ隣は誘導路なので、離陸を待つ飛行機のエンジン音がずっと続いています。この騒音は「戦場」のそれに等しく、人間の暮らす場所ではありません。この状態ですでに6年経ちます。

この4月から、出荷場、宿泊所、鶏舎が車で5分ほどのところに「緊急避難」しました。「移転」ではなく「緊急避難」なので、いつの日か空港が廃港になれば元に戻ります。

c0006568_2129960.jpg
頭上40mを飛行機が通るヒノケさんの家(現在もここに住んでいる)。左の青い塀の向こうは誘導路でいつも飛行機が通っている。
c0006568_21313769.jpg
石井恒司さんの畑(数分おきに轟音を響かせ飛行機が通る)
c0006568_21331163.jpg
「緊急避難」した出荷場と宿泊所(飛行機は頭上でなくなり、誘導路のエンジン音も聞こえないので、前よりはましになった)
c0006568_21342472.jpg
夕焼け空を眺めながらバーベキューをしました。有機農法でできた野菜のおいしいこと、おいしいこと。ここには農業を志す若い人も多く集まっています。朝は小鳥のさえずりで目が覚めます。

c0006568_21381110.jpg

c0006568_21411273.jpg
三里塚の原風景
c0006568_21424178.jpg
恒さんの畑
c0006568_21432151.jpg
オクラ
c0006568_21435521.jpg
ナス

土と緑に囲まれたここは全く暑くありません。軽井沢や八ヶ岳などに行く必要はなく、土と緑があれば立派な避暑地です。東京のコンクリートに塗り込められた暑さは異常だとわかります。

人間、農業をやって素朴に暮らすのが一番だと思います。人間の「欲」が自然を壊し、人間を壊し、結局人間を不幸にし、生きにくくさせています。生きる知恵にあふれる自給自足の暮らしを描いた「水になった村」(ダムの底に沈んだ徳山村の老人を描いたドキュメンタリー映画)を思い起こさせます。あのように生きられれば、空港なんかいらない。飛行機なんかいらない。外国に行く必要なんかないと思います。なぜならば、「暮らし」がそれだけで満たされているからです。

こういう考えはごくごく少数派かもしれないが、どうして「少数派」というだけで、「多数派」に暴力的に従わされなければならないのでしょうか? 本当にひどいと思います。このように自然が壊される一方の社会では、「少数派」であるというだけで、毎日のように悲しい思いをしなければなりません。何も悪いことをしていないのに、なんでこんな目に遭わなければならないのか!! 小さな島をもらって独立したいです。
[PR]

by lumokurago | 2008-07-29 22:09 | 社会(society)

秋葉原の無差別殺傷事件 論考(沖縄タイムス)

また沖縄タイムス記事からの紹介です。沖縄タイムスは報道記事だけでなく、論考にもよい記事が載るのはなぜでしょう?

*****

社会改革へ転換 模索  風化させない唯一の道
宇野重規(東大准教授)

東京・秋葉原の無差別殺傷事件からはやくも1か月が過ぎた。事件の衝撃はいまだ生々しいが、「真相解明」からはほど遠いし、むしろ事件については語りにくさが増すばかりである。

More
[PR]

by lumokurago | 2008-07-27 22:23 | 社会(society)

杉並のチベット

今日、非常に珍しいことに「いい話」を聞きました。「杉並のチベット」と言われる地域の児童館に異動した友人に「最近の子どもはどう?」と聞いたところ、「それが昔の子どもみたいなの。前の児童館では子どもの言葉に傷つくことが多かったけど、今度の児童館の子どもは普通に話ができるの」とのことでした。

まだ、そんな子どもがいたんですね。地域によって子どもが全然違うというのは昔からありましたが、いったいどうしてなんでしょう?

「杉並のチベット」には量販店などもなく、個人の電気屋さんがあって、「お化け屋敷」に使う段ボールなどは届けてくれるそうです。
[PR]

by lumokurago | 2008-07-27 21:51 | 子ども・教育

仔猫の遊び

c0006568_22383728.jpg

c0006568_22391469.jpg
猫が網戸をひっかないように、開けないように、レースのカーテンの裾に棒を入れて吊るし、猫が網戸側に入らないようにしています。これに登る遊びを覚えました。

それにしても毎日暑いですね! エアコンのない部屋で汗だくになっています。でも、まだ夜は眠れるので大丈夫です。

ちょっと忙しいので、猫ブログになっています。
[PR]

by lumokurago | 2008-07-26 22:42 | ねこと鳥 (cats&birds)

「ふわふわ」の正体

c0006568_17564280.jpg

子猫が夢中になって遊ぶ「ふわふわ」の正体は、このでかい猫の毛玉です。

以前、新聞か何かで、飼い猫の梳いた毛を紡いでマフラーを作ったという記事がありました。すごい根気ですね。まさか真似しようとは思わなかったけど、シーザーの毛を丸めてとってあったのです。子猫が何かフェルトの切れ端のようなもので遊んでいるので、何かと見たら、それだったので、友だちの猫の毛を梳いて毛玉をもらいました。爪のひっかかり具合がよいのか、噛み具合がよいのか・・・夢中になって遊びます。他の猫のにおいは気にならないのでしょうかね?
c0006568_17524994.jpg

c0006568_1747504.jpg

[PR]

by lumokurago | 2008-07-24 17:57 | ねこと鳥 (cats&birds)

首相官邸前で「普天間移設措置協議会」に抗議行動

首相官邸前で「普天間移設措置協議会」に抗議行動

代表2名が抗議要請文を持って首相官邸に向かいましたが、長時間に渡り警備員と押し問答しているらしいので、ある人が歩道を渡り、様子を見に行こうとしました。すると、警察官が歩道を渡らせないように人垣を作り、こちらも押し問答になりました。どうして歩道を渡ってはいけないのかと聞いていましたが、まともな答えはなく、渡ろうとする人を押しとどめるばかりでした。

c0006568_9565652.jpg
 集まった人たち しばらくして、代表2名が戻って来て、内閣府で受け付けると言われたということで、内閣府に行きましたが、そこでも警備員と押し問答になり、結局、警備員が総務課に渡すからということで、必ず渡すように言い置いて、警備員に渡して来ました。

 いつものことですが、政府には国民の声を聞こうという誠実さは全くありません。また、過剰警備のひどさは目に余るもので、警察官が車道側に並び立ち、道路の向こう側にもたくさんの警察官が並び立っていました。

 筆者は「教基法違憲訴訟」などの裁判をやっているので、国会前で原告募集などのチラシをまくことがあります。たった1人でまいているのに、いつも、官邸側ではなく道路の反対側に行けと言われ、ただの待ち合わせの時も、官邸側の歩道に立っていたら、官邸のすぐ前でもないのに「反対側に行け」と言われました。5分位たった一人で立っているだけでです。「ここで待ち合わせたから」と言って、動きませんでしたが、何度も何度もしつこく言われ、なぜこんなに言われるのか非常に不愉快な思いをしました。

 民主主義国家とされている日本で、県民多数の意思を無視して国が勝手に決めることもおかしいし、国民主権とされているのに、国民が主権を行使しようとして、意見を言ったりチラシをまいたりすることにも文句をつけ、要請文なども警備員に受け取らせるのみのこの国はなんと貧しいのかと思います。国会前などに行ったことのない人にもこの実態をぜひ知ってほしいと思います。

c0006568_9562578.jpg
 横断歩道前に人垣を作る警官たち
--------------------------------------------------------------------------------
(資料)

名護市辺野古沿岸域への新基地建設に反対する意見書

 日米両政府は、1995年の10.21県民大会に代表される県民の米軍基地の整理・縮小・撤去等の声と行動により1996年4月、普天間飛行場の返還を発表した。

 しかし、これは県内への移設条件つきであり、しかも箇所や工法が紆余曲折をへて今日、辺野古沿岸域でのV字型の新基地建設計画へとたち至っている。

 ところで、本県は国土面積のわずか0.6%にすぎない狭隘な県土面積に全国の米軍専用施設の約75%が集中しており、これら米軍基地は県土面積の10.2%、特に人口、産業が集中する沖縄本島においては、実に18.4%を占める異常な状況下にある。

 このような中、県民は普天間飛行場の名護市辺野古での新基地建設には、基地の過重な負担と固定化につながることから一貫して反対してきた。

 同様に、地元名護市民も1997年12月に行われた市民投票において辺野古新基地建設に反対するという意思を明確に示した。

 また、名護市辺野古海域は沖縄県が「自然環境の保全に関する指針」で「評価ランク1」に分類しているように、国の天然記念物であり国際保護獣のジュゴンを初めとする希少生物をはぐくむ貴重な海域であり、新たなサンゴ群落が見つかるという世界にも類を見ない美しい海域であることから、新たな基地の固定化と、新基地建設工事に伴う環境汚染や大規模な埋め立てによる環境破壊につながる辺野古新基地建設には断固反対し、世界に誇れる自然環境を後世に残し引き継ぐことこそが我々沖縄県民の責務である。

 よって、本県議会は、名護市辺野古への新基地建設を早急に断念されるよう強く要請する。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

平成20年7月18日

沖縄県議会

内閣総理大臣
外務大臣
防衛大臣
沖縄及び北方対策担当大臣
あて

--------------------------------------------------------------------------------

c0006568_9554475.jpg
 集まった人たち
[PR]

by lumokurago | 2008-07-23 09:54 | JANJAN記事

子猫の遊び

c0006568_20204231.jpg
これは何かな?
c0006568_20481468.jpg
何かな? クンクン。
c0006568_2049787.jpg
これはおもしろい。
c0006568_20495018.jpg
ヒューン!
c0006568_20502164.jpg

c0006568_2050475.jpg
子猫が狂喜して遊ぶ、このふわふわ。さて、これは何でしょう? 答えは明日。
[PR]

by lumokurago | 2008-07-22 20:52 | ねこと鳥 (cats&birds)

宝塚・清瀬市議会で「慰安婦」問題の解決を求める請願可決

教科書問題でソウルに行った時の通訳、イレさんからのメールをご紹介します。このニュースは沖縄タイムスで読んだような気がするのですが、大マスコミには報道もされなかったようです。私もイレさんと同じで、ちょっと意外でしたが、あきらめずにはたらきかけていけばできることもあるのだと励まされました。

*****以下引用。

先月宝塚市議会で「慰安婦」問題の解決を求める請願が可決され、今月も清瀬市議会でも可決されました。正直私は驚きを隠せませんでした。

2006年に関わった、被害者ハルモニ(おばあさん)たちを支援する団体に対するささやかなつながりとして、毎週団体のニュースを日本語に翻訳しています。皮肉な事にまずは海外(アメリカが最初、以降カナダ・EU)での「慰安婦」問題解決を要求する決議が可決されて、国連人権委員会からの日本政府への勧告、オーストラリア議会での働きかけが発展しつつある状況でした。日本では市議会にかけられても可決までは難しいかなあと思ってました。政党所属してる
訳ですから、彼らは反対票に投じて何とか阻止するのではと憂慮していました。

日本の「慰安婦」問題に対する市民団体は本当に多くそれぞれ積極的に活動していますが、実際に市議会をも動かしたのです!それを受けて各地で様々な地域の市議会でも決議をあげられるように、運動が広がりつつあります。こんな海外や国内のニュースは報道されないのは、改めて腹が立ちます。

先日も韓国でハルモニが1人亡くなられ、今年になってもう十数人の方が亡くなられました。生存されているのは今や99名で、その多くのハルモニたちも高齢で病気や困難で苦しんでいるハルモニたちばかりです。容子さんが会ったハルモニたちは、以後病院に怪我や病気で入院されたりしましたが、現在は概ね健康で毎週日本大使館前のデモにも参加したり、活動で忙しく過ごされています。その根気と勇気と陽気さに支援者たちは励まされ、前に進めるようです。

*****

宝塚市議会の市議会議員の報告はこちらです。
清瀬市議会については「杉並の教育を考えるみんなの会」が報告しています。
[PR]

by lumokurago | 2008-07-20 21:22 | 平和