暗川  


写真日記
by lumokurago
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 09月 ( 42 )   > この月の画像一覧


朝の苦しさはなんだったのか?

朝から「すぎなみオンブズ」の横断幕を作りました。明日の第1回報告会で使うものです。こういうこと(ポスターなどを描く)は仕事(児童館)でいつもやっていたので慣れているのですが、今日は「うつ状態」で朝から疲労感がひどかったため、大変でした。でも無理してもやらなければならないことがある方がいいという面もあるのです。(「オンブズ」の人は誰もこのブログを見てないと思うけど、もし見ても恐縮しないでくださいね。作ってよかったと思っていますので)。

午後からの会議にもっていき、「報告の内容はひどいから横断幕だけでも明るくていい」と言っていただきました(とにかく児童館向きのできあがりなので)。よかった!

しかし今日は苦しかったです。苦しい時間が長くなり、だんだん悪くなっていると思いました。

でも今は治ってごく普通です。「うつ」ってなんでしょう? 「うつ」の原因はセロトニンの量が少ないせいといわれるけど、夜の方がセロトニンが増えるということなのでしょうか? 本当に不思議です。

明日また苦しくなったら、「夜まで待とう」と思って我慢しようっと。

[追記]

同じ1日の間に、「うつ状態」の時はなにもかもをマイナス方向に考えて、「こんなに苦しいなら死んだ方がまし」とまで思うのに、それが去ると、一転してさっき落ち込んでいたことなど忘れ、「今泣いたカラスがもう笑った」みたいに普通に笑顔になり、プラス思考にまでなれるのが本当に不思議です。こっちの時間を少しずつ増やしていきたいです。
[PR]

by lumokurago | 2008-09-29 22:34 | 未分類

感謝

このブログを見て下さっている方々のほとんどは顔の見える範囲の常連の方だと思うのですが・・・? 毎日こんなに多くの方が訪ねてきてくださっていると思うと(100人前後です)、ありがたさでいっぱいです。こんな「過激」(?)でわがままで、言いたいこと言い放題で、「うつ」のことまで書いて、心配かけてるのに。

みなさんが支えてくださっています。見て下さる方がいらっしゃると思うと、更新しなくてはと思います。それが生きる糧の一部になっています。

ありがとうございます。
[PR]

by lumokurago | 2008-09-28 23:10 | 未分類

父が好きだった萩の花

c0006568_2226239.jpg
父の一周忌も過ぎ(7月でした)、今頃になって(「うつ」のせいか)いろんなことを思い出してしまいます。介護があまりに大変だったので、亡くなる前に泣きつくし、亡くなった時はほっとして涙もほとんど出ませんでした。お父さん、ごめんなさい。でも私のできる限りのことはしたので許して下さいね。
c0006568_22263383.jpg

[PR]

by lumokurago | 2008-09-28 22:39 | 父・母・介護

絵を描いて、お別れして、喜んで、怒って・・・

生まれて初めて絵を習っています。父の友人の画家には「そのままでいいよ。習わない方がいいよ」と言われたこともありますが・・・。つまり子どもの絵と同じで下手には下手なりの味というものがあり、それこそ下手に上手になると(大人になると)それが失われてしまうという意味でしょう。でも、画家の目(一般の人の目とは違うと思います)というものや鉛筆や絵の具の使い方などを教わってみたくて始めました。

初めて描いたのは発泡スチロールの立法体でした。遠近法を初めて習いました。(美術の時間にも習ったのかな?) 1枚目でもう「繊細」だと言われてしまいました。繊細・・・やはりそうなのでしょうか? 先日も別の人に別件で言われました。「うつ状態」になって、「繊細」など抜け出したいと思っているのですが、まだまだです。

今日は発泡スチロールの球体を描き始めました。太陽の動きと共に光がどんどん変わるので、せっかく描いたものがすぐに違ってしまい、とてもむずかしいです。と先生に言ったら、「それだけよく見ているということですよ」とおっしゃいました。まだ途中ですが、先生は「動きのあるおもしろい線ですね」とおっしゃいました。なるほど。生徒が「なるほど」と思える批評ができるってすごいですね。

それから、うちに下宿していた宇田川君が明日フランスに留学するので、お別れしました。留学先はなんとサーカスです。珍しいでしょう(文化庁からお金が出ます)。イザベルはまだしばらく日本にいますが、引っ越してしまうのでさびしいなあ。

それから、ひとりで都教委とたたかう都立三鷹高校の土肥校長の集会に行ったところ、早めに行ったのにすでに長蛇の列。通る人々が「今日は何があるの?」と話しています! 土肥校長はタレントなみの人気です。定員500名で消防の関係から立ち見は入れず、なんと入場できませんでした!!! JANJAN記者としてなら入場できると言ってくださった方もあったけれど、次のようにあまりにも怒っていたため、そのことを友人に話したい一心で、さぼってしまいました。こんなに大勢が集まってうれしかったです。

さて、最後の怒ったことです。みなさん、岩波の不買運動を起こしましょう。いずれ岩波に送る抗議文を書きますが、岩波ブックレット「杉並区立『和田中』の学校改革」は最低最悪の本です。右派の歴史歪曲本以外にこんなにひどい本を見たことがありません。山田宏杉並区長は杉並の教育を破壊しているのですが、この本は「杉並の教育改革」と言い、絶賛、和田中元校長藤原氏の旗振りをしています。ちょっと乱暴ですが一言でいえば、子どもを一人の人間としてではなく、「企業に役立つ人材」として、「人的資源」「商品」として見ています。藤原は企業の人で、企業に役立つ教育以外には興味がないのです。岩波がこんな本を出してしまったとは、悪い意味で大きな影響力を持つと思います。

この本は東大の教育学研究グループの研究結果(の一部)で、補助金も出ています。でもものすごく幼稚な研究に批判力ゼロの藤原絶賛で、日本語として通じない文章すらあります。研究者ってなんなの? 編集者は何をやっていたの? 許し難いです。

今日は怒って悲しくなるのでなく、「うつ状態」も引っ込むほど怒っています。
[PR]

by lumokurago | 2008-09-27 21:56 | 未分類

「つくる会」歴史教科書を採択した杉並―区議会は教科書採択に良識を示せるか

JANJANに書きました。来年また中学校の教科書採択があります。杉並は全国で使っている扶桑社版教科書の約半数を使っているので、杉並で採択させなければ、「つくる会」に大きなダメージを与えることができます。が・・・。
「つくる会」歴史教科書を採択した杉並―区議会は教科書採択に良識を示せるか

 東京都杉並区教育委員会は2005年8月の中学校教科書採択で、全国で0.39%の採択率だった「新しい歴史教科書をつくる会」(扶桑社版)の歴史教科書を採択しました(他に、栃木県、愛媛県、東京都、滋賀県などの一部で採択)。杉並区での採択は、山田宏区長を司令塔とした違法な官製談合によって行われたもので、区民から裁判が起こされ、係属中です。杉並区は全国で使われている扶桑社版教科書4000冊余りの約半数を使っているため、杉並区で採択されたことは、非常に大きな意味があります。

「全員納得」から多数決での採択に変更

 来年2009年には、また中学校の教科書採択があり、それに向けて杉並区は卑劣なやり方で準備を進めています。まず、今年行われた小学校の教科書採択で採択方法を変更してしまいました。従来、教科書採択では教育委員が意見を述べ合い、全員が納得できる教科書を選んでいました(「つくる会」教科書のみ多数決で採択されました)。ところが、今回は最初に教育委員5名に紙を配って投票させ、その結果を集計してから話し合いを始めたのです。このやり方は東京都教育委員会のやり方を踏襲したもので、話し合って全員が納得できる教科書を選ぶという方法を捨て、多数決によって決める方法に変更したということです。どちらがより民主的かは言うまでもないでしょう。

 この変更を、教育委員会は傍聴者のいない秘密会議で決め、区民が異議を申し立てても、教育委員会会議規則に則ったもので、採択方法を変えたということではないと答弁していますが、来年の中学校教科書採択に向けた変更であることは明らかです。

区長が指名した教育委員候補者の経歴

 次に、山田宏区長は9月末で任期の切れる教育委員に代えて、「つくる会」支持の教育委員を任命しようとしています。教育委員は区議会の承認を経て区長が任命することになっています。今議会で議員に打診のあった新教育委員候補K氏は、特別顧問に中田宏横浜市長、山田宏杉並区長、上田清司埼玉県知事らが名前を連ね、理事には高橋史郎氏の名前も見える日本政策フロンティアという団体の協力団体である、盛和会という起業家養成塾の卒塾生。現在経営している会社の中心業務は、ネットカフェなどへのアダルトコンテンツの配信です。2005年の衆院選に民主党公認で栃木3区から出馬して落選、2007年には栃木県会議員選に出馬して落選しています。その合間に、杉並区で地域運営学校の運営委員などになっていますが、選挙のためにすぐに退任しています。

 K氏は自身のブログで、「教育勅語の復活」「道徳教育の強化」「首相の靖国参拝は必要」などと表明しており、「つくる会」と同じ思想の持ち主であることが明らかです。山田区長はK氏について、選挙に出たことやアダルトコンテンツ配信の会社を経営していることなどを隠ぺいして区議会に提起、その上、議員が検討する十分な時間を取らず、1週間もしないうちに議決しようとしました。区議会無視の強引なやり方です。

区長の議会無視に良識示した区議会

 これに対して、区民有志は山田区長に抗議し、K氏は教育委員にはふさわしくないと議員へのロビー活動を行いました。区議会は与党会派が率先してK氏は教育委員にふさわしくないと判断し、区長は数日でK氏を候補から取り下げました。野党議員はもちろん、自民党系、公明党、民主党の議員が良識を働かせて、区長の横暴をストップし、区議会の役割を果たしたのです。

 山田区長はしかし、次もまた「つくる会」の思想の持主を候補とするでしょう。それに対して区議会はどう対処するのでしょうか?。

 杉並区で扶桑社版教科書を使った第1期生は今年度受験を控えていますが、他ではどこもこの教科書を使っていないので、参考書や塾の勉強、模擬試験などはこの教科書を無視しており、苦戦を強いられています。子どもたちのためにならない、誤った歴史観に基づく恥ずかしい教科書を来年は採択しないよう、特に与党系の区議会議員が良識を働かせてくれることを期待しています。

◇ ◇ ◇
[PR]

by lumokurago | 2008-09-26 12:37 | JANJAN記事

今日の夕焼け

c0006568_227426.jpg

c0006568_2272425.jpg
夕方、窓の外に明るい光が見えたので、カメラを持ってお隣りのマンションの3階に登りました。本当はもっと空を広く写したいのですが、電線が入ってしまうのです。東京はほんとに空が狭い。

でも夕焼けを見てうれしかったです。今日またくだらん消耗なだけの文教委員会があったので。なんでこんなに仕事みたいに、傍聴に行かなきゃならないのか。どうして税金は無駄遣いされるばかりで、事故は隠ぺいされ、役人は保身ばかりなのか。人間の本性は「悪」だと思えてきてしまいます。「性悪説」でしたっけ。役人や議員を知れば知るほどそう思うようになってしまいます。

父の特養にご飯を食べさせに行っていた頃は、いつも夕焼けを見ていました。高台にあるその場所は昔、大きなポプラの木が2本ある空き地で、私の大好きな「夕陽のポイント」でした。富士山もきれいに見えるんですよ。

ところで、「うつ状態」なのに、チラシとか原稿を頼まれ、力を振り絞って書いています。チラシはできました。細かくて見えないと思うのでUPできないのが残念。とてもうまくできたのに!

自分が何かの役に立つということはうれしいことです。だからがんばります。
[PR]

by lumokurago | 2008-09-25 22:26 | 未分類

チラシ作り

去年の12月にできた「すぎなみオンブズ」が区議会議員の政務調査費を調べ、住民監査請求を行いました。自宅を事務所にして家賃払ったり、身内を事務員にして給料払ったり、インド、韓国、日本各地に視察と称して旅行したり、なんと「日本昔話」「赤毛のアン」(書籍)もノーチェックで、タクシー代、お菓子代、電気代、ガス代、電話代、選挙用のグッズもOK、その他なんでもありのひどさ!

一度振り込まれたお金は一銭も返したくない一心なんですね。これが申請したお金だけもらえるとなればまた違うのだろうけど。あのー、庶民が汗水たらして働いて納めた税金なんですけど!

しかも監査委員が「僕は地方自治法はわからない。具体的な監査事務は事務局に任せているから」(つまりはめくら判ということですね)としゃべったり・・・、隣で区長室長だった代表監査委員が彼の袖を引っ張ってました。

その報告集会の資料の表紙に、区議会議員の似顔絵入りのチラシを頼まれたのです。

私の描く似顔絵はどうしても若くなってしまい、人の良さがあふれ出てしまい・・・、しわをたくさん描いてごまかしたけど。

「うつ状態」だから、普段よりがんばってしまう面もあります。みんなに心配かけまいと。でも自分はがんばっていても、普段よりは元気ないのです。

それに今までは「ひとりで生きられる」と自然に思っており、さびしいなんて感じたことはなかったのに、「うつ」になると、さびしくなってしまうんですね。それで、1日に何度も書くのだと思います。
[PR]

by lumokurago | 2008-09-25 01:29 | 未分類

たった今!!!

しばらくの間、猫の気配がなく、「変だなあ」と思っていました。でも、ちょうど細かい絵を切ったり貼ったりする「チラシ作り」という猫がじゃまになる作業をしていたので、「これはちょうどいい」と思っていました。

しかし・・・急に心配になって・・・

家じゅうを探し回ってもいない。すべての窓が閉まっていることを確かめました。おかしい! 「マロン」「ミャーちゃん」と呼ぶと、かすかに鳴き声がする・・・もしや! と裏口を開けたら、目の前の塀の上にマロンが! すぐにつかみ、ミャーちゃんを捜すと足もとにいました。

ああ、驚いた!

「いったいどっから出たのだろう?」

トイレの窓の網戸がゆるんでいたので、そこから出たもよう。トイレの窓も開けられなくなった。

シーザーの方がずっと「いい子」でした。シーザーは母猫に育てられたのでおっとりしていたのでしょう。

捨て猫だったミャーちゃんは初めの頃、人間に慣れず、逃げてばかりいましたが、今は「育ち直し」中で私にべったりです。これは人間にもあって「赤ちゃん返り」と言います。あんなに甘えん坊だったマロンは成長し、お兄さんとしてミャーちゃんに私の膝を譲り、自分は足元で我慢しています。
[PR]

by lumokurago | 2008-09-24 23:23 | ねこと鳥 (cats&birds)

腕白な子猫は高いところが好き

c0006568_2220205.jpg
窓の内側にかけてある簾をよじ登り、欄間の桟からアコーディオンカーテンの桟へ。おかげで簾はぼろぼろ。
c0006568_22204560.jpg
行き止まりに絵の額があります。
c0006568_2221760.jpg
「ここから飛び降りるのはまだちょっと」、と後ずさりするミャーちゃん。(ピンボケで失礼)。
c0006568_2225041.jpg

[PR]

by lumokurago | 2008-09-24 22:33 | ねこと鳥 (cats&birds)

今日もなんとか過ぎました

今は丑三つ時。もう2時間以上ぼーっとしています。一人でお酒(ドライアイの私の目にいいと、友人の言うワイン)飲んでる。

「うつ状態」の時は今日もなんとか生きていたということだけで、自分を「よくやった」と思ってあげたいです。自殺しなかったので。なあんてみなさんに心配かけること書いてますけど、自殺はしませんのでご心配なく。ほんとです。生きてればいつかいいことがあるって信じていますから(ほんとか!)

ほんの一例だけど、世界では今も何秒に一人・・・飢えで死んでいく子どもがいるのに、衣食住に困らない私が「うつ状態」なんて贅沢だ。生きている以上、子どもたちのために何かをしたい。

でもできることはほとんどないので、むなしいのです。

自分の楽しみのためだけには生きられない・・・

でも死ねない以上、生き続け、何かをしなければなりません。

酔っ払ってるのでごめんなさい。
[PR]

by lumokurago | 2008-09-24 02:56 | 未分類