暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 10月 ( 38 )   > この月の画像一覧


大江・岩波裁判 控訴棄却 (沖縄タイムス速報)

元戦隊長の控訴棄却 「集団自決」訴訟
一審判決を支持/大阪高裁 傍聴券求め281人


 沖縄戦時に慶良間諸島で相次いだ住民の「集団自決(強制集団死)」をめぐり、座間味島と渡嘉敷島に駐屯していた旧日本軍の元戦隊長やその遺族が、戦隊長が自決を命じたとする著作の記述は誤りとして、作家の大江健三郎氏と岩波書店に「沖縄ノート」などの出版の差し止めや慰謝料などを求めている訴訟の控訴審判決が三十一日午後、大阪高裁であった。小田耕治裁判長は元戦隊長側の控訴を棄却した。

 今年三月の一審・大阪地裁判決は、「集団自決」の軍命令が援護法の適用を受けるための捏造だったとする元戦隊長側の主張を退けたほか、部下が住民に手榴弾を配っていた事実を知らなかったという梅澤氏の主張の信用性を否定。体験者証言を評価し、米軍への秘密の漏えいを恐れた日本軍が、捕虜にならずに自決するよう住民に手榴弾を手渡していた事実を指摘した。

 その上で、「集団自決」に対する日本軍の深い関与を認め、両戦隊長による関与も十分に推認できると認定。

 各書籍に記載された通りの命令については「認定に躊躇を禁じ得ない」としたが、記載には事実を真実と信じるだけの十分な資料と根拠があるとの判断を示していた。

 控訴審では、原告と被告の双方が主張を補強する住民らの「新証言」を証拠として提出しており、大阪高裁がどのような判断を示しているかも注目となる。

 訴えていたのは、座間味島の戦隊長だった梅澤裕氏(91)と、渡嘉敷島の戦隊長だった故赤松嘉次氏の弟の秀一氏(75)。「沖縄ノート」と故家永三郎氏の「太平洋戦争」で、両元戦隊長の名誉が傷つけられているほか、弟の秀一氏が兄の故赤松氏を敬い慕う「敬愛追慕の情」の侵害を主張していた。

 開廷前に行われた傍聴抽選には、記者席を除く六十五の傍聴席を求めて二百八十一人が列をつくった。

*****沖縄タイムス記事です。明日もっと詳しい記事が出ると思います。

当たり前の判決ですが、一抹の不安があったので、ほっとしました。7時のNHKニュースでやるかどうか見ていましたが、NHKは無視しました。横浜事件再審決定は取り上げました。

今日は検査で茅ヶ崎の病院まで行って、終わってから海まで見に行って疲れたので、もう休みます。おやすみなさい。と言っても、放射能を早く排泄するために、まだ水を飲まなければなりません。小さな子どもや小動物を抱いちゃいけないと注意されました。つまり体から放射線が出ているんですね。そんなにすごい放射線が出ているとは! 帰りの電車で隣の席の人は被爆しないのかと気になってしまいました。子どもはいなかったけど。

今夜は猫を閉じ込めておかなければ・・・。
[PR]

by lumokurago | 2008-10-31 21:26 | 沖縄

神代植物園へ

c0006568_21294337.jpg

c0006568_2130161.jpg

c0006568_21304917.jpg
10月5日に転んで顔をけがし、股関節も痛くなって、お風呂にも入らず、デイサービスも休んでいた母ですが、昨日、やっとのことで説得が効いてデイサービスに復活。お風呂にも入って、ほっとしました。少し痛みが和らいでいるようです。そこでうろこ雲が美しかった今日、神代植物園に行ってきました。車いすがあるので、借りて園内をまわりました。車いすのお年寄りがたくさんいました。みんなさわやかなお顔で散歩を楽しんでいるようすでした。

母は「お花がきれい。来てよかった」と言ってくれたので、うれしかったです。明日になれば忘れちゃうけど。

もうしばらくこの状態が続いてくれるといいのですが・・・。
c0006568_21365432.jpg
ダリア
c0006568_21372970.jpg

[PR]

by lumokurago | 2008-10-29 21:40 | 父・母・介護

時間がもったいない

傲慢にもあまり長生きはしたくない私だけど、命の終わりが見えた今、時間は大切だと思います。なのに「うつ状態」で何もできなかったり、何もしてないのになんか疲れてぼーっとしている時間が多いんですね。もったいないよ! (薬の副作用もあるかも)。

ほんとは死にたいのか生きたいのか、わからなくなってしまいました。

なんでこんなこと書いてるのか? 「がん患者」の心境を伝えるのも何か役に立つかなと思って・・・。あと同情してもらいたい気持ちもあるんじゃないの?

他のことで私ってつまんない人間だなと思うことがあって・・・。自分との葛藤を乗り越えてからはずっと自分が好きだったのに、それが揺らいできたりして・・・。ちょっとつらいです。

ごめんなさい。なんのことかわからないですよね。

「命」として身近な猫がとってもいとおしく、裁判の仲間も私を支えてくれていると思います。

大丈夫です。ご心配なく。私をママと信じているミャーちゃんがゴロゴロ言ってます。
[PR]

by lumokurago | 2008-10-29 00:44 | きままながん患者

控訴審第1回成功

c0006568_21561637.jpg

c0006568_21564227.jpg
今日は改正教育基本法違憲訴訟控訴審第1回口頭弁論でした。高裁では1回で結審されてしまう裁判が多いのに、なんと次回期日を勝ち取りましたよ! 自己紹介もしてくれ、感じのよい、話をよく聞いてくれる裁判長でした。といって期待はできませんが。詳しくはまた報告します。
[PR]

by lumokurago | 2008-10-28 22:00 | ねこと鳥 (cats&birds)

日本中の友だちを訪ねる旅

「日本中の友だちを訪ねる旅」に出ようと思います。その第一弾がごく最近コメントをくださった「鈴」さん、熊野古道在住の方になるとはなんという不思議でしょう。人間の出会いって、長さではないのでしょう。直感で訪ねたいと思ったのです。

もちろん長いつきあいの友人も大切です。

北海道から沖縄まで、旅行できます。

こんなぜいたくなこと、「がん」じゃなきゃできませんよね!

どなたかご一緒に熊野古道に行きませんか? って、みんな忙しいよね。暇なのは私だけ。
[PR]

by lumokurago | 2008-10-27 23:49 | きままながん患者

「『アメリカの時代』の終り方―イスラームを透かして見る世界」 板垣雄三さん講演会 

10月25日、板垣雄三さん(東京大学名誉教授・イスラムの第一人者)の講演会がありました。とてもむずかしく、全体を報告することは私の能力を超えているので、切れ切れですがわかるところだけ報告します。演題は「『アメリカの時代』の終り方―イスラームを透かして見る世界」です。

*****

2001年1月にサウジアラビアの皇太子(現国王)に招かれ、「アジアとイスラーム」の枠で講演しました。ちょうどその時、アラビア石油がサウジとクウェートの中立地帯から石油を掘り出す利権の延長交渉をしており、アラビア石油側がサウジの要求を断って決裂し、日本に対する反発が起こっていました。新聞の1面に「日本人は汚い商人」という記事が載り、講演の質問で「日本人はどうしてこんなに汚いのか?」という質問がたくさん出ました。

More
[PR]

by lumokurago | 2008-10-27 21:14 | 平和

いのち

奇跡的に与えられ、小児がんにかかることもなく、飢えや戦争で死ぬこともなく、この歳になるまで事故に遭うこともなく、奇跡的に生き延びてきたこの「いのち」について自分でどうこうしたいと考えるなんて、本当に傲慢で罰あたりです。まるでこの命が自分一人のものであるかように思い込んで。命は私のものではなく、「自然」そのものに生かされているのだと思います。

自殺してしまった人を責めているわけではないのです。自殺してしまった人はどうしようもなく追い詰められ、病気だったり、また何か衝動的なものに突き動かされてしまったのであって、自分で考える余裕もなくしていたと思うから。

がんで死ぬのは「自然」の司ることだけど、自分から死にたいというのは傲慢だ。どんなに悲しくても。

私が死んだ方がましと思うほど見たくないのは・・・

うちの近くにできてしまう放射五号線。自然の残る玉川上水を破壊してしまう道路です。ここに住む生き物たちはどうなるのだろう?

うちの近くにできてしまう外環道。大深度地下に作られるこの道路は武蔵野の水系を破壊してしまいます。どうして人間はこんなに道路が好きなんだろう? 自動車が好きなんだろう? 全く理解できない。私は車でしか移動できない障害者と、重い荷物を運ばなければならない仕事以外の車はいらないと思います(都会での話ですが。でも地方でも公共交通機関を充実すれば車がいらなくなりますよね)。だいたい、財界とつるんだ政府は車を売るために鉄道を廃止していったそうですよ。カリフォルニアでも昔は公共交通機関が発達していたのに、車を売るためにそれを廃止してしまったそうです。

高尾山のトンネル(圏央道)。トンネルならいいなんて浅はか過ぎ。高尾山付近の水系が破壊されてしまいます。

新石垣空港。ヤエヤマコキクガシラコウモリ、カグラコウモリたちがねぐらや出産哺育洞窟を失ってしまいます。ある日突然家を失うってどんな気持ちでしょう? 他にもたくさんの生物が住めなくなってしまいます。サンゴも。

辺野古の基地。ジュゴンの藻場が埋め立てられてしまって、ジュゴンはどうなるの? 大浦湾のサンゴはどうなるの? 生きているのは人間だけではないのに。

日本中にはもっともっとたくさんあります。人間て勝手すぎです。

なにが言いたいかわからなくなりました。
[PR]

by lumokurago | 2008-10-27 00:38 | きままながん患者

イラク戦争とは何か―21世紀の世界を考える

昨日、板垣雄三さん(東京大学名誉教授・イスラム研究の第1人者)の講演を聞いてきました。簡単に報告したいと思っていますが、その前に2006年3月に行われた板垣雄三さんの講演会の簡単な報告をどうぞ。(以前5回に分けてUPしたものをまとめました)。

“イラク戦争”開始から3年

現状 

・イラクの人々にとっては地獄の真っ只中
・アメリカにとってもにっちもさっちもいかない。
 (ブッシュ「我々は勝ち続けている」)
・付き合っている国も形式的なおつきあい
・日本はアメリカに魅入られてしまった。

自衛隊 

土地の人たちは全体として“ヒマーワ”(お世話をしてあげる)を感じている。占領軍とは違うとお客として保護してきた。一方では米英の一翼との見方もぬぐえない。どうやって引くかがむずかしい。打ち切って「はい、さよなら」で帰るのか?

開戦時の無理

国際法・国連無視、独・仏の異議、ロシア・中国の冷淡、世界を覆う反戦運動

理由付け

大量破壊兵器がないとなり、さまざまな他の理由を開発してきた(予防戦争、体制変革、専制からの解放、民主化・・・)。3年経ってどうなのかが問われている。
 
結果

イラク解体進行、宗派対立・体制動揺拡大、イスラーム運動躍進、イラン発言権強化、米国内外で戦争批判拡大、反米気運

この戦争の中身は3年間に歴史の中でも未曾有の様相を呈してきた。イスラム運動躍進の最大の功労者はブッシュである。イラク戦争で国力が伸びたのは、アメリカにとって“悪の枢軸”であるイランである。

日本は世界の中で危機的な状況にあり、日本社会そのものも危機。世界全体としても危機にある。

More
[PR]

by lumokurago | 2008-10-26 21:09 | 平和

罰あたりな私だけど正直なところを言っていいですか・・・

「あなたが死んだら困る」と言って下さる方、「大事な人なのに」と言って下さる方、泣いて下さった方までも! 私もどなたか知りあいがこの状態になれば、同じことを言うと思います。「命」は大切で一人の人間はかけがえがないから。

でも本人はみなさんより気楽なものですよ! 私には子どももいないし、孫もおらず、つなぎとめてくれる人がおらず、失うものがないのですから。「お母さんより1日でも長生きしなくちゃ」と言ってくれる方もいるのですが・・・。あまりにも大変だった父で燃え尽きたせいかそこまで親孝行になれません。妹が母を一人で介護しなくてはならないことになっても、「お父さんは私が看たんだから、お母さんはあなたの番だよ」と思っていたりして(私は父の介護のことで妹を恨んでいるのです。といっても葛藤の中でですけど)。

みんながそう言ってくれるので、生きていなきゃ申し訳ないか。。。と思ったりはするけど。。。ごめんなさい。

佐野洋子さんの「役に立たない日々」を途中まで読みました。佐野さんてすごいですね。「シズコさん」でも感じたけれど、こんなにずけずけ言いたいこと言っちゃっていいのか! 私以上です。びっくり! 

佐野さんもうつ病だったそうで、「うつ病の方が何万倍も苦しい」から乳がんの方がましとか、「3人に一人はがんで死ぬのだ」とあっさり言ったり、同じだあ。

でもさすがに死ぬことはだんだん怖くなってきました。死ぬ前に苦しむことがです。

佐野さんに影響されて言いたいことずけずけ言ってしまいました。

私が生きていることでチラシにイラストを描くことぐらいでもできれば、ほんの少しは社会の役に立っているということになるでしょうか? 私はとにかくこの社会を少しでもいい方向に変えたいという一心で生きており、それができないから絶望して死にたくなっているので。

本当は今日も奇跡的に生かされている私なのに、傲慢でごめんなさい。

あと、私を頼りきっている猫たちと別れるのがつらいです。
[PR]

by lumokurago | 2008-10-25 23:11 | きままながん患者

いつも寄り添う2匹

c0006568_21543512.jpg

c0006568_2155391.jpg
猫たちが愛おしい毎日です。一番身近にいる「命」です。
更新しない日があっても心配しないでくださいね。
[PR]

by lumokurago | 2008-10-23 21:57 | ねこと鳥 (cats&birds)