暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 11月 ( 37 )   > この月の画像一覧


「がん検診に医学的・データ的根拠なし」

今日の東京新聞にまたもや、「怖くないマンモ検診」として乳がん検診のキャンペーンがありました。「マンモグラフィ検診は・・・乳がん死亡率を下げることが世界的にも実証されている」と書かれていますが、残念ながら嘘です。

以下近藤誠医師の「がん治療総決算」(文藝春秋)からの引用です。****

「がん検診に医学的・データ的根拠なし」

今日、日本の社会には、商品の大量生産と大量消費を目指す、資本主義の原理が浸透しています。マスコミを使って商品の宣伝をし、人びとに消費意欲を起こさせ、実際に買ってもらうのです。医療も例外ではなく、医療業界は売上増を狙っています。しかし、病気でもないかぎり、人は病院に来ないので、病院や薬の宣伝をしても仕方がない。そこでどうするか。マスコミを使って、病気を放っておいた場合の危険性を強調し、人びとの不安を煽ります。がんはその最たるものですが、最近では、高血圧や糖尿病など「生活習慣病」の危険性も強調されています。

他方では、がん検診や人間ドックを用意しておきます。そして、不安になった健康な人になるべく検査を受けてもらう。けんさを受けてもらえば、検査代が入るし、なにか異常を発見できます。その異常に病名をつけて治療すれば、さらなる収入増につながる、という仕組みがあるのです。

がんの場合には、患者一人当たりの治療の売上高がかなり高額になります。そのときに患者が、治療は受けたくない、と言い出したらどうします? かりに医者が、この治療には多少問題があると思っていても、売上増を命じる病院長の顔がちらちらし、つい「がんと闘おう」「頑張ろう」と励ますことになるはずです。

これは穿った見方でしょうか。否。少なくともがん検診に関しては、こう考えないと、現状を説明できないのです。なぜならば、肺がん、大腸がん、乳がんを発見するための検診は、海外でのくじ引き試験の結果、総死亡率を減らす効果がないことが実証されています。それなのに日本では、がん検診をやめる気配が一向になく、それどころか乳がん対策としてマンモグラフィ検診を新たに広めようとする動きさえあります。これらがん検診に、医学的・データ的根拠はないのですから、社会学的・経済学的に説明するしかないわけです。

検診に意味がないということは、検診で発見されたがんを治療する意味もないということです。まして、臓器を摘出する意味はない。しかし医者は患者に、「臓器ごとがんを摘出しよう」と言います。そして手術すると、がんもどきが圧倒的多数を占めるため患者は生き続けるので、治療成績が向上したように見える。そこで医療業界は、「5年生存率が上がった」「さらなるがんとの闘いを」と宣伝する材料に使うわけです。

****:ここまで引用。

(ついでに・・・健康診断にも意味がないことが証明されています。)

乳がん検診キャンペーンがあった同じ新聞に、「早期発見・早期治療という思想をぼつぼつ疑ってかかる必要があるのではないか」という記事があったので、笑ってしまいました。渡辺利夫(拓殖大学学長)という人が書いた記事で、この人は「つくる会」思想なのですが、それはそれとして、ここではまともなことを書いています。

40代、50代の頃までは頻繁(はんざつ! byあほう)に検査を受けては精密検査となり、検査の結果が出るまで半病人というより強迫神経症者だったそうで、検査のストレスから自分を解放するためには検査を拒否するしかないと、還暦を迎えたあたりで検診といわれるものすべてをやめたそうです。

長命な人ほどがんの罹病率が高くなるのは当然であって、脳や心臓の疾患と同じく老化現象にほかならないのだから、これを病気と思い違えて闘うほど愚かなことはない、老化を食い止める医療が存在するはずはないからと書かれています。

以下引用****

生成した1個のがん細胞が体の他の部分に転移するのは生成後間もない0.1ミリというサイズの時であり、それを過ぎるとがん細胞の転移能力は急速に衰えることを証す有力な臨床実験の結果がある。運命の分かれ道はがん細胞の生成の直後であり、検診によって発見可能な1,2センチの大きさになって対処するのは、無駄以外の何物でもない。もし転移しないのであれば、命に別条はないのだから、ほっておけばいいだけのことである。

老いを病と見立てて、検診を繰り返し、異常らしきものを発見するや直ちに手術を施し、抗がん剤で患者を徹底的に痛めつけて収益を上げねば採算が成り立たない現在の医療体制はどこか怪しい。

団塊の世代が高齢化に至るのは間もない。現在の検査や医療システムをそのままに、この大集団が老齢化するのである。団塊の世代の老齢化は無残な神経症者の大量生産であろう。検査と医療の変革は必須だが、私どもの方もまたまっとうな死生観をもたねば多少なりとも幸せな老後を送ることは困難な時代に踏み込みつつあるといわねばならない。

****ここまで引用

この人は近藤医師の本を読んだのかしら? 読んだとしても検診を受けるのをやめるという人は珍しいと思います。このように早期発見・早期治療が叫ばれる世の中で検診を受けないということは非常に勇気がいるからです。知人に近藤医師の本を勧めても検診をやめた人は今までに一人しかいません。(乳がん患者の仲間は術後の検診には行っていません。これも意味がないからです。それなのに毎月マンモを撮る病院もあるそうです。まさにもうけ主義ですね)。
[PR]

by lumokurago | 2008-11-30 23:38 | 医療

「反貧困ネットに希望がみえる」

久しぶりに明るい話題です。本当にうれしいです。湯浅君、よかったね。

東京新聞社説(11.30)に「反貧困ネットのその後」として、「もやい」の緊急カンパにまだ2か月に満たないのに寄付金総額が3425万2324円に達したことが書かれていました。これで「今年度及び来年度については活動資金の目処が立った」そうです。

以下社説より引用*****

貧困は国や社会の衰退から生まれる病です。失業保障や生活保護、医療や年金といったセーフティネットの機能不全や優しさや思いやりを欠いた社会からも生まれてきます。人間が人間らしく生きるためにどんな社会にするのか、政治に何を求めていくのか。危機だからこそ国民の一人ひとりが真剣に考える時でしょう。

湯浅さんは著書「反貧困」(岩波新書)で、出会った活動家たちに「深甚な敬意」を表します。

「知りあいの活動家、労働組合のほとんどがサーキングプア。『もやい』でも月60万円の人件費を4,5人で分け合う。膨大な相談をこなしても一千の儲けにもならないが、彼、彼女たちの活動が、日本社会の生きづらさをこの程度に押しとどめている」

こんな人たちが支える日本の未来を信じようではないですか。

*****ここまで引用

しかし、来年3月までに非正規雇用者の3万人が馘首されると予想されています。財界も政府もいくらなんでもそろそろ抜本的に考え直さなければいけないんじゃないですか? 

社説の全文はmoreに

More
[PR]

by lumokurago | 2008-11-30 20:35 | 社会(society)

親友

今夜、親友の一人から電話があり、このブログを毎日見ていると聞きました。え? 彼女がこれを見ているとは知りませんでした。いずれ自分の口から話すつもりでした。

私の親友や大事な人たちのほとんどは、パソコンには縁のない人たちなので(手紙が好きな昔の人たち。みんな「経済発展」や「科学文明」に疑問を抱いている)、私のこの事態を知りません。

知らせるのは今かもしれませんね。転移がんの一つが消えたので。

知らせた方がいいですよね? 突然訃報を受けるよりは。

先日の「風のガーデン」では主人公の生前葬儀が行われました。私は大勢が集まる「生前葬儀」ではなく、マンツーマンで話せるように全国を回ろうと思っています。(「大勢」が苦手なのです)。

なんちゃって、鎖骨上リンパ節転移が消えて、みなさんが喜んでくださっているのに、まるで反対の話題でごめんなさい。
[PR]

by lumokurago | 2008-11-30 01:04 | きままながん患者

追記・3

死ぬことも自然であること。

卵巣がんで亡くなった作家の柳原和子さんが「がん患者学」という本を書いていらして、ちょうどその本が出版されたのが乳がんの治療(初期治療という)をしていた頃(2000年)で、入院した時に持って行って病室で読んでいた記憶があります。柳原さんの場合は生きることにものすごい執着があると感じ、私は(「私は」です)違和感を覚えました。それこそ気功や食事療法も厳格に行い、京都に引っ越して自然から「気」をもらったり、何人もの医師を訪れて、最新の治療を探したり・・・そういう印象があります。(こういうやり方を否定しているわけでは全くありません)。

それに対して、私が泊まりボランティアに行っていた自立援助ホーム(今度詳しく説明します)の広岡知彦さんは、今の私の歳位で突然肝臓がんの末期であることが発見され、「余命3か月」と言われたところ、わずか1か月で亡くなったのですが、妻の智子さんが取り乱して泣いてばかりいた時に、「人間はみんな死ぬんだよ」とおっしゃったそうです。

どちらがいいとか悪いとかそういう話では全くありません。ただ、私は広岡さんに近いなと思います。

生き方も死の受け入れ方も人それぞれ、みんな違って当然です。与えられた生をあるがままに生きて、あるがままに死んで行けたらそれでいいと思います。
[PR]

by lumokurago | 2008-11-29 23:15 | きままながん患者

多摩川・3

c0006568_2151326.jpg
私が立ち止まって見上げたら、向こうから「こんにちは」と声をかけてくれました。「秘密基地」だそうです。こういう遊び、とてもとても貴重になってしまいました。木からつるしたブランコに乗っているのです。
c0006568_2154479.jpg

c0006568_21555980.jpg

c0006568_21542823.jpg
だらしない格好で失礼。ぼくたち、幸せなんです。このあたりの人間はやさしくて、「猫のえさやり禁止令」なんか出さないで、「餌をやったあとは掃除しましょう」としか言わないんですよ。おかげさまで兄弟みんな生き延びて、こうしてのんびり暮らしていられるのです。全部で何匹いるかわかりますか? 人間がやさしいのはおおらかに流れる多摩川のせいですかねえ? 毎日、たくさんの人間が散歩やサイクリング、ジョギングしています。「わー、すごい猫」とか言って、ぼくたちの写真を撮る人間もいます。「自然があれば猫も幸せ」・・・その心は・・・人間に余裕ができる。
[PR]

by lumokurago | 2008-11-25 22:04 | きままながん患者

多摩川・2

c0006568_20463970.jpg

c0006568_20471091.jpg

c0006568_20473390.jpg

[PR]

by lumokurago | 2008-11-24 20:48 | きままながん患者

多摩川

みなさんがとても喜んでくれたし、今度はできるだけ長生きすると決心したので、いろんな治療を試みようと、体のゆがみを矯正し、リンパ液の流れをよくする(免疫力を上げる)という東洋医学の治療を受けてみることにして、今日は桜新町(田園都市線)まで行ってきました。

友人の一人が貸してくれた本(有名な帯津病院の帯津良一医師に関する本)を読んでいたら、長生きする患者は「生きたい」という気持ちが強いと同時に「いつ死んでもいい」という気持ちの両方を持っている人だと書いてありました。私はこれになりましたよ!

私は約30年前に股関節の大手術をしているので、股関節をかばって体は大きくゆがんでいます。そのゆがみは私の体にとってはバランスを取っているわけだから、自然なものなのではないかと思うのですが、それにしても長年の腰痛、首、肩のコリ、冷え性などがあまりにもひどいので、試してみます。リンパ液の流れをよくするというのが何かがんによいような気がするし・・・。特に私のはリンパ節転移だし。

本当はこれもリンパ液の流れをよくしたら、がんがますます流れに乗って転移を増やす危険性もあると思うけど・・・。(何事に対しても疑い深い性質です)。T細胞やナチュラルキラー細胞の数を増やせればいいと思うけど・・・。どうでしょうね? などと言っていますが、信じてないと効かないという説が強力なんですよ。信じていればプラセボ(偽薬)でも効くという統計もあるんです。

私に民間療法はやっぱり無理か・・・でもせっかくだから信じて、少し通ってみます。

治療の帰り、二子玉川まで行き、多摩川をさかのぼり、是政(西部多摩川線)まで15km歩きました。こんなに歩くつもりはなかったのですが、夕日がきれいそうだったので、ついつい歩いてしまいました。陽の光の変化につれて川面の色も変わり、それはそれは美しかったです。多摩川を見直しました。でも、二子玉川から小田急線の和泉多摩川までの間は河川敷がだだっぴろいだけでつまらないので、歩くには和泉多摩川から上流をお勧めします。是政までの途中には京王線の京王多摩川駅もありますので、途中で京王線に乗ることもできます。
c0006568_23554938.jpg

c0006568_23563840.jpg

c0006568_23572382.jpg

c0006568_23581883.jpg

c0006568_23584524.jpg

[PR]

by lumokurago | 2008-11-24 00:00 | きままながん患者

理不尽な若すぎる死

乳がんが転移し、「いのちの授業」をなさっていた大分県の元養護教諭山田泉さんが21日に亡くなりました。49歳の若さでした。山田泉さんは、私の本を出してくれた径書房の元編集者原田奈翁雄さん主宰の雑誌「ひとりから」に「保健室から」というコラムを連載されており、子どもたちとの向き合い方が好きで、愛読していました。もっともっと長生きしてほしかったのに、本当に残念です。

以前に山ちゃんの講演を聞いた時の記事

それに歌手の川村カオリさんも乳がんが転移したと月刊誌の広告で知りました。川村カオリさんはまだ37歳・・・私が未だに聞いている「キースの胸で眠りたい」「金色のライオン」を歌っています。これらの曲は径書房の本「ロックよ静かに流れよ」(事故で亡くなった若者とその仲間の実話)に共感して手紙をくれ、私が相手になって文通していた中高生らの一人が私に送ってくれたものです。これは80年代後半のことです。私は彼らの手紙を集めた文集も作りました。

川村カオリさんも若すぎです。こういう理不尽なことがあると「神様なんていないんだ」と思います。1日でも長く生きて、歌ってほしいです。
[PR]

by lumokurago | 2008-11-23 23:45 | きままながん患者

都会の紅葉

c0006568_22554547.jpg

c0006568_22562658.jpg

c0006568_2256585.jpg

c0006568_22573847.jpg

c0006568_2258328.jpg
早大構内
[PR]

by lumokurago | 2008-11-22 22:59 | 自然 (nature)

執行猶予

今日、湘南東クリニック(茅ヶ崎)・村山章裕医師のところに行き、10月31日に行ったPETの結果を聞いてきました。腋の下、鎖骨のリンパ節の他に、縦隔、肺門にリンパ節転移があるが、乳がんの転移しやすい、肺、肝臓、骨には今のところ出ていないとのことでした。肺、肝臓に転移する場合はがん細胞が血管に入り込んで転移する「血行転移」だが、今のところ「リンパ節転移」にとどまっているということです。

肺、肝臓に転移がんが写っていないということは、相当期間の執行猶予が出たことを意味します。私の乳がんは1994年に5mmで発見、その後6年も様子を見て手術、腋の下のリンパ節転移を発見したのが術後3年で、それももう5年も様子を見ており、がんを発見してから合計14年も経っています。村山医師は「ゆっくりがん」だとおっしゃり、糖尿病も高血圧も治らないけれど、薬を使いながら抑えていくので、それと同じだとおっしゃいました。使っている薬はいずれ効かなくなるので、どんどん変えていくことになるが、その間に新薬が出てくるということでした。

腋の下のがんは手術することもできるが、他にがんがあれば根治にはならないし、放射線をかけているので手術するとリンパ浮腫になる可能性が高いので、自分は勧めないとおっしゃり(手術の好きな外科医ばかりの中、非常に珍しい外科医です。これが近藤先生が推薦する理由です)、私も異存はないので、今は手術しないことになりました。

それに今飲んでいるホルモン剤の効果を確かめるため、超音波検査をするだろうと思っていたら、私が「少し大きくなったかもしれないけど、そんなに変わっていないと思います」と言ったら、「(前に検査してから)1か月しか経っていないからそんなに変わっていないでしょう」と言って、超音波検査もしませんでした! 検査でもうけようという気持ちがないんです! 珍しいですよ。

「大きくなっていないならホルモン剤が効いているということですか?」と聞いたら、「そうですね」ということで、今の薬を続けることになりました。(3ヶ月分も出してくれてなんと18300円もしました。そんなにお金を持っていませんでしたが、カードで払うことができたのでよかった。まず、3か月はたいした変化がないだろうという診断です)。

それに村山先生は私が検査結果を気にしていると思って、受付に着いたらすぐに呼んでくれました。こんなふうに気を使ってくれる医師は信頼できますね。

今、倉本總さんの「風のガーデン」というドラマをやっていて、昨日もありました。(ほとんどテレビを見ない私ですが、倉本總さんと山田太一さんのドラマは忘れない限り見ます)。これは緒方拳さんの遺作でもあります。すい臓がん末期の医師が主人公なので、自分を重ねてしまいます。

昨日は主人公が荷物の整理などをして、遺言のようなものを書いていたので、床に入って、「私も荷物、片付けなくちゃ。遺言も書いておかなくちゃ」とまじめに考えていました。というのも、私と同じ鎖骨リンパ節転移が出た友だち(若いけど)は半年で亡くなったからです。別の友だちも転移して1年ほどで亡くなりました。

ゆうべ、床の中で、私は自分ががんになったのはあまりにも生きているのが大変だったからだ、納得できると思い(もっと大変な人には本当に傲慢で申し訳ないけど、こういうことは人と比較してもだめで、自分にとってはそれがすべてなのです)、死ぬのは怖いけど、まあこれもよかったかと思っていたところでした。

未だにこんなこと言っています。「罰当たり!」とののしってください。

でも、この結果を聞いたら、みんな喜んでくれるだろうなと思って、そんな友だちを持っていることを心からありがたいと思います。みんなが喜んでくれることが一番うれしいです。

まもなく死ぬと思っていたので、そのつもりでこの間、きままにいい加減に生きていたのですが、今日の結果からあと何年かは生きることになると思うので、生き方を立て直さなければなりません。これが結構大変です。今度は死ぬことではなく、「生きる」ことに覚悟をきめて、できるだけ長生きしようと決意しています。(こっちの方がむずかしい。ってしつこいぞ!)。

c0006568_2334110.jpg

c0006568_234579.jpg
すぐ呼ばれたので、早い時間に終わったため、帰りに江ノ島に寄りました。風が強く、波が荒かったです。
[PR]

by lumokurago | 2008-11-21 23:02 | 転移がんの治療(無治療)