暗川  


写真日記
by lumokurago
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 02月 ( 43 )   > この月の画像一覧


イラク帰還米兵が残虐行為で勇気ある証言『冬の兵士』を見た

イラク帰還米兵が残虐行為で勇気ある証言『冬の兵士』を見た

c0006568_11134835.jpg
 イラク帰還兵の証言によってイラク戦争の真実を告発したドキュメンタリー作品『冬の兵士 良心の告発』が完成しました。2月24日、「今とこれからを考える一滴の会」主催で、東京世田谷で上映会がありました。

 帰還兵アダム・コケシュさん 製作者の田保寿一さんはテレビ朝日「ザ・スクープ」のスタッフとして90年、湾岸戦争終結直後のクウェートを取材。当時、水鳥が油まみれになって死んだ映像が流され、米軍はイラク軍が原油を流したと主張しましたが、現地に行ってみたら米軍の空爆によってクエートの石油精製施設が破壊され、原油が流出したものであったことがわかり、それを報道したジャーナリストです。

 2003年10月からイラクで取材、米兵がイラク市民を無差別に虐殺しているところを目撃し、イラク戦争についてアメリカのプロパガンダによって誤った報道がなされているとテレビ朝日に申し出たところ、「田保さんは反米だから取材にバイアスがかかっている」と言われ、クビになったそうです。その後はフリージャーナリストとしてイラクで精力的に取材を続け、客観的なことを知るために米兵にインタビューしようと考え、2006年からイラク帰還兵たちと連絡を取り始めました。

 『冬の兵士(Winter Soldier)』とは、1971年ベトナム戦争時に当時の帰還兵たちが開いた公聴会の名前で、帰還兵たちはそこでベトナムで残虐な殺戮が行われていると証言、軍の撤退を要求しました。それにならい、反戦イラク帰還兵の会が、2008年3月13日から16日まで、ワシントンDC近郊の全米労働大学で集会を開き、約50人の帰還兵がイラク戦争での体験を証言しました。反戦イラク帰還兵の会は、イラクからの軍の無条件即時撤退、帰還兵の福祉の実現、イラクへの賠償を要求しています。日米マスコミが全く取材しなかったこの証言集会を、田保さんは録画し、全米各地に訪ねて得た証言と共に、この作品を作りました。

c0006568_1114263.jpg
イラクのがんの子どもたちや家族が作った手作りカレンダー

交戦モラルの崩壊

 イラクで米兵は、「交戦規定カード」を持たされるそうです。このカードにはジュネーブ条約などに基づき、戦争で攻撃できるのは「法的に敵の軍隊」だけであり、非戦闘員の市民や投降者を攻撃してはいけないと書かれています。ところが、この規定は下着を替えるように頻繁に代わり、携帯電話を持つ者、双眼鏡を持つ者、減速しない車は攻撃対象となり、最後には誰でもよくなったと証言しています。さらに擬装用のツールを持ち歩き、殺した民間人の上にシャベルなどを置いたそうです。シャベルは武器とみなされたからです。
帰還兵たちは自分が老婦人や子ども、家族を皆殺しにしたことを告白し、謝罪し、アメリカ政府の政策が間違っていると訴えました。

ファルージャの真実

 ファルージャで何があったのか、ここでも交戦規定が、証言者によれば「振り向くたびに変えられ」、白旗を持つ住民は罠、逃げる住民は何かを画策しているものとみなし、さらにイスラムの服装をしている者は撃ってよい、路上にいる者は撃ってよいとされ、最終的には敵対しているかどうかは一兵士の判断でよい、家を捜索する時不安を感じたら銃撃してよいと、無差別殺戮に走ったそうです。帰還兵の口からは実際に戦地にいなければ想像もできない残虐な行為が行なわれたことが語られ、戦争というもののおそろしさを思い知らされました。ごく普通の少年が軍隊で訓練を受け、戦地に行き、命令されれば誰でもこんなふうになってしまうのです。

PTSDにうちのめされる帰還兵

 帰還兵たちは非人間的な戦争での非人間的な体験から、ひどい怒りの発作に悩まされたり、銃撃する夢を見たり、うつ病、自殺未遂などのPTSDに悩まされています。妻と離婚し、家を失い、ホームレスになる帰還兵が多くいます。この問題は昨年秋に公開された『アメリカばんざい』という映画でも扱っています。帰還兵たちは戦争というものがいかに人間を変えてしまうのか、自分たちの体験をもって訴えています。

 最後に証言した帰還兵は「私にはメッセージがある。それは世界中の人が理解できるものだ。それは平和である」と言って、聴衆にピースサインを贈っていました。聴衆は満場の拍手を持って、勇気ある帰還兵たちを称えていました。

 映画の後、田保さんとの質疑応答が行われました。

 Q:「ウィンターソルジャー」の名前には「イラクとアフガニスタン」とあるが、アフガンに対する考え方はどうなのか?
 A:アフガンに対する考え方には落差がある。イラクに対しては兵士の70%が撤退すべきとしているが、アフガンに対してはそういう明確なものがない。アフガンはいいんじゃないかという意見とアフガンも間違いだという意見に分裂していると聞いている。9.11の報復としてイラクには根拠がないとはっきりしたが、アフガンに対してはオサマ・ビン・ラディンも捕まっていないので決着がついていないという考えがあるのではないか。

 Q:米軍当局の反応は?
 A:自分はジャーナリストなので、この証言が真実かどうかが一番大事だが、米軍当局は嘘だとは言っていない。ジャーナリストが嘘だと言い、マスコミ主導で運動をつぶしていく。証言したアダム・コケシュは軍服を着てデモをし、これは軍律違反なので、名誉外除隊となり数万ドルの恩恵を失った。経済面でしめつけている。この証言集会をマスコミは無視した。ワシントンポストだけ地方欄に載せたが、アメリカでも知っている人はそれほど多くない。

筆者の感想

 帰還兵の1人は、テロリストは市民の敵だといわれるが、米軍も市民を殺すので、テロリストと米軍の違いがわからないと発言していました。筆者もかねがねそう思っていましたが、米軍の兵士がこう言っていることで、米軍の罪は消えないが、少し救われた思いがしました。

 米軍がイラクに対して行った侵略・占領行為は国際軍事法廷で裁かれるべきものですが、米軍の兵士1人ひとりを考えると、彼らも一方では犠牲者であり、自国の若者に対してこんな残酷な扱いをして平気なアメリカ政府には怒りの気持ちでいっぱいです。

 本当ならば忘れてしまいたいであろう自分の残虐行為を、勇気を持って証言し、平和のために行動する若者たちはすばらしいと思います。今はアフガンに対しては意見が分かれているようですが、戦争というものの本質を知った彼らには、アフガンでの戦争も同じことの繰り返しになることを悟り、反対することを期待します。

 ぜひ多くの方々にこの作品を見ていただきたいと思います。そして、いつの日か世界中から戦争をなくすために、自分のできることを細々とであってもやり続けていきましょう。

 次のサイトに上映会の予定が載っています。DVDも購入できます。
 ・http://wintersoldier.web.fc2.com/index.html
[PR]

by lumokurago | 2009-02-28 16:00 | JANJAN記事

テレビを見るミャーちゃん

c0006568_22433578.jpg
ストーブにあたってテレビをみているところ。「わたしも天気予報には興味あるのよ。外に出ていく都合があるもん」

雨が寒さで雪に変わったけど、全然積りませんでした。ちょっとだけぼた雪が降るのをみただけでした。それでも降らないよりはうれしかったです。毎日があわただしく、雪見に行かないうちに春が来ちゃうんじゃないかなあ・・・。

がん体験をJANJANに連載してもらおうかと思って、原稿を書き始め、やはり「がん」となるといろいろと本を読み直したりしなければならず、今日はすごーく目が痛くなってしまいました。みなさま、また明日。おやすみなさい。
[PR]

by lumokurago | 2009-02-27 22:48 | ねこと鳥 (cats&birds)

梅とチューリップ

c0006568_23372082.jpg
フキノトウのある近所の梅林。でも病気になって去年枝を大幅に切ってしまったので、ちらほらしか咲いていません。
c0006568_23375187.jpg

c0006568_23382975.jpg
これは庭に咲いたものではなく(さすがにまだ早いです)、買ってきたものです。
[PR]

by lumokurago | 2009-02-26 23:39 | 花 ・樹(flowers&trees)

「アレン・ネルソン基金沖縄」設立趣意書

転載です。アレン・ネルソンさんが多発性骨髄腫で余命2か月から6か月と診断され、ニューヨークで闘病しています。治療のためカンパを募っています。どうしてこういういい人ばかりが次から次へと病気になるのでしょうか? 悔しく、残念なことです。

*****

海兵隊員のアレン・ネルソンさんは、1995年の少女暴行事件に大きな衝撃を受け来沖されました。自らの体験に基づいて、戦争の真実を話し続け、13年間で沖縄・日本各地で2000回を超える講演活動を行って来られました。

そのアレン・ネルソンさんが、今年1月、「多発性骨髄腫」というガンに侵されていることが判明しました。血液と骨髄の中でガン細胞が増殖する深刻な病気です。ベトナムで米軍がジャングルを枯らすために散布した枯葉剤との関連が疑われています。アメリカには国民健康保険制度がなく、ガンの治療には莫大な費用がかかることが予想されます。

当基金は、ニューヨークで病気と闘っているベトナム帰還兵のアレン・ネルソンさんの治療を支援する会です。
全国各地でアレン・ネルソンさんへの支援が始まっています。私たち「アレン・ネルソン基金沖縄」でも募金の呼びかけをいたします。皆さまのご協力をお願いいたします。

2009年2月6日
「アレン・ネルソン基金沖縄」

事務局:新垣誠、古賀徳子、佐藤学、玉城直美
代 表:宜野座映子
Tel 090-8291-7134
eiko09730@water.ocn.ne.jp

◆振込先
琉球銀行 石川支店(501) 普通預金 470495
口座名 アレン・ネルソン基金沖縄 代表 宜野座映子

*皆さまからお寄せいただいた募金額はブログ(http://alenokinawa.ti-da.net/)にて随時ご報告させていただきます。なお、経費を最小限にするため、お礼状等の送付はいたしませんのでご了承ください。

◆呼びかけ人(五十音順)
新垣 繁信(沖縄県統一連代表) 新垣 誠(沖縄キリスト教学院大学教員) 新崎 盛暉(沖縄大学名誉教授) 石原 エミ(FM21パーソナリティ)石原 昌家(沖縄国際大学名誉教授) 糸数 慶子(国会議員) 垣花 豊順(弁護士・琉球大学名誉教授) 鎌田 隆(沖縄国際大学名誉教授) 金城 睦(弁護士) 宜野座 映子(アレン・ネルソン基金沖縄代表) 古賀 徳子(アレン・ネルソン友人) 崎山
嗣幸(沖縄平和運動センター代表) 佐藤 学(沖縄国際大学教員) 高里 鈴代(基地軍隊を許さない女たちの会) 玉城直美(沖縄NGO活動推進協議会事務局長) 真喜志 好一(建築家) 村椿 嘉信(石川教会牧師) 山内 徳信(国会議員) 山城博治(沖縄平和運動センター事務局長)

ブログはこちらです。

昨年2月の杉並での講演の報告はこちらです。
[PR]

by lumokurago | 2009-02-26 20:52 | 平和

企業は保育園経営には合わない

 今日の新聞によれば社会保障審議会(厚労相の諮問機関)少子化対策特別部会は新たな保育制度について報告書をまとめたとのこと。その内容は、かんたんにまとめると以下です。

・保育園の入所を今までの措置制度(市町村が認定し、入る園を決める)から親の自由選択にし、財源を確保したうえで、全員が入れるようにする。

・今まで社会福祉法人などでなければ補助金が下りなかったが、NPO法人や株式会社にも認める。

これを実施するため児童福祉法など関連法「改正」に着手するそうですが・・・

「株式会社の参入」ですと! 教育・保育に企業論理ほど合わないものはないのに。なぜならば教育や保育は子どものために行うものであり、企業の儲けのために行うものではないからです。企業がどこまでも追求する「効率」は教育や保育から最も遠いところにあるものだからです。

待機児童解消の必要性を認めるならば、国が責任を持って保育園を運営すべきであり、絶対に企業を入れてはいけません。企業参入という金のかからぬ安易な解決方法によって犠牲になるのは子どもたちです。
[PR]

by lumokurago | 2009-02-25 20:50 | 子ども・教育

猫の寝姿

c0006568_0305663.jpg

c0006568_0314310.jpg

c0006568_032251.jpg
猫の写真を楽しみにしてくださっている方のために・・・。
[PR]

by lumokurago | 2009-02-25 00:42 | ねこと鳥 (cats&birds)

中学生「レスキュー隊」

今日、行きたくもない区議会文教委員会に行き、区内すべての中学校に部活として強制される「レスキュー隊」に関する質問&答弁を聞いてきました。改正教基法とそれに基づく新学習指導要領に明記された「国(郷土)を愛する態度」を養うため、それから「人の役に立つ」人間を養うためを大義名分として、山田宏区長の鶴の一声によって、現場に強制されようとしています。

すごいですよ。「レスキュー隊」は合宿をして、ロープを使って川を渡渉したり、クライミングしたり、中学生なのに、そんな訓練をしているんですって。ある議員が、自衛隊や軍隊の訓練のようだが、将来自衛隊を希望する子どもを養おうとしているのではないかと質問していました。

ただでさえ十二分に忙しく、管理されており、息たえだえな中学生に、さらにこんなことをさせる気か!!

中学校の実情を何も知らない与党議員は無責任に賛成していました。そして日本語が理解できないため質問が理解できないとしか思えない空疎な答弁を繰り返す理事者の無責任さ! 犠牲になるのは子どもたちです。

議長が委員会終了を告げるとともに、「恥しらずな理事者ばかりですね」と大声でヤジってきました。終了と同時なので、全員に聞こえたし、私に注意することもできませんでした。
[PR]

by lumokurago | 2009-02-24 22:38 | 子ども・教育

「菜の花畑の笑顔と銃弾」

忘れずに見ました。NHKスペシャル伊藤和也さんの番組です。
c0006568_23225750.jpg

c0006568_23232189.jpg

c0006568_23234370.jpg
水路を作り、水を引いたら、不毛の砂漠が緑に覆われました。アメリカ軍は心を入れ替えて軍服を脱いで、アフガンの洋服を着て、銃の代わりに鍬や鋤を持ち、戦車を工事のためのブルドーザーに乗り換えて、作物を作る手伝いをしましょう。そしたら戦争はなくなります。白旗を掲げ、非武装で村に入って作業を行えば、アメリカ軍といえどいつかは信じてもらえると思いますよ。

ペシャワール会HPはこちらです。伊藤さん追悼、中村哲医師の報告などがあります。それによればこの冬に数十万人が餓死・凍死するだろうとのことです。
[PR]

by lumokurago | 2009-02-23 23:28 | 平和

報告

そういえば、16日に茅ヶ崎の病院に行ってきました。エコーの結果、PETに映らなかったので消えたと思っていた鎖骨上リンパ節の転移は消えておらず、残っていました(9×8ミリ)。(8月には23×9ミリでした)。やはりPETも完全ではないんですね。

腋の下は15×14×12ミリだった突出して大きかったものが消え(エコーにも映っていない)、その他も小さくなりました。

近藤医師らは腫瘍マーカーは調べない主義なんですが、転移したので、今後のこともあるので、比較のため前回初めて調べたところ、乳がんの腫瘍マーカー4つのうち、全身転移に深いかかわりのある3つのマーカーは正常で、一つだけが多かったです。

村山医師は小さくなったので「よかった。よかった」と喜んでくれ、これから腫瘍マーカーも下がるかもしれないとおっしゃっていました(またそのうち調べようということで、今回は調べませんでした。普通の病院なら考えられないのんきさ! 本当は普通の病院でやっているような頻繁な検査は必要ないのです!!だから信頼できる医師です)。とにかく転移が発見されるまで初期治療から8年もかかったので(本当は5年位で見つけていたのですが様子を見ていた)、ゆっくりがんだからまだまだ大丈夫と励まして下さいました。

それにしても日本の首都の大都会・東京に住んでいながら、がん治療に茅ヶ崎の医師をわざわざ訪ねなければならないのだから、いかに日本の医療がひどいかがわかります。
[PR]

by lumokurago | 2009-02-23 21:33 | 転移がんの治療(無治療)

がん検診の交付税倍増

「総務省は21日、がん検診を実施している市町村に配分する2009年度の地方交付税について、08年度の649億円から倍増、1300億円とすることを決めた。がん検診事業を支援する交付税の大幅増額は初めて」だそうです。

「検診を受けなければ不安で仕方ない」という人にまで「受けるな」と言う気はありませんが、がん検診が寿命を延ばすという証拠がないのですから、国はがん検診推進をやめるべきです。1300億円は無駄です。

こんな記事を読むと、がん検診推進団体から国になんらかの圧力があったのだろうなと勘ぐってしまいますね。乳がん検診にも意味がないのに、数年前、被ばく量の多いマンモグラフィを導入。ものすごい設備投資だから、資金回収のためにはどんどん使わなくちゃね。ピンクリボンキャンペーンを行きわたらせなくちゃね!

「カリフルニア大学バークレー校のJohn Gofmanという医学者はPreventing Breast Cancor (乳癌の予防)という本で、驚くべきことに乳癌の約4分の3は医療におけるX線などの放射線被爆が原因と結論つけてい」るそうです。

おお、こわ!

何も信じられませんね。みなさん、自分で勉強して自分の頭で考え、自分で決めましょう。
[PR]

by lumokurago | 2009-02-23 21:10 | 医療