暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 04月 ( 38 )   > この月の画像一覧


戦争体験を聞く会(再掲)

若い人たちと一緒にやっている会で、戦争体験を聞いています。今日はシベリア抑留の体験があるSさん(81歳)でした。以下は要約です。

日本の歴史は戊辰戦争から、太平洋戦争まで戦争のくり返しだった。その後、一人も死なない、殺さない60年が過ぎて、これからはどうなるのだろうか?

自分は戦争の話をしてほしいと言われても断ってきた。それはなぜか。

自分は一兵卒として戦争を見たが、戦争のとても狭い一部分しか見ていない。戦争は悲惨だと言っても、今は伝わらないと思う。シベリアでの食事が豆が二つ三つ浮いた薄い塩味のスープだったと言っても、今の人には実感としてわからない。また、自分の話は部分としての戦争の話で、うそになる可能性もある。原爆の話、東京大空襲の話、南方の話などなど、戦争の悲惨さが語られるが、それは一部分である。敵が来なかったからのんきに海水浴してたよというところもある。

戦争を語ろうとする者は勉強して「なぜ戦争はダメなのか」を認識しなければならない。しかし、なぜ日本はこぶしを振り上げなければならなかったのか、なぜ戦争をしなければならなかったのかが、話をする本人たちがわかっていない。
司馬遼太郎も第二次世界大戦のことは一言も書いていない、勉強すればするほど書けない。

戦争は国と国とのバランスが崩れた時に起こる。国と国とは外交で交渉しているが、外交の背景には戦力がある。今、アメリカとしては中国とのバランスを考えなければならない。その中で日本がどういう立場を取るのか、アメリカに追随するのはおかしい。

日本は技術を持っているので、実質的な軍事力は世界で2位だ。技術を戦争に生かそうとすればそうなる。とてもこわい国。

今、国会で多数与党がどんどん法律を通そうとしているが、違う意見を聞こうとせずに、法律を通すような国は最低だ。選挙が一番大切。多数派が勝手にできないような体制を作っておくことが大切だ。

今、どんどん物が増え、便利さを追求しているが、「足るを知る」ことが必要だ。「人間はこのへんでいいんだ」と認識しない限り、儲けを追求する限り、戦争はなくならない。

戦争をなくすために大事なのは歴史を勉強すること。学校では幕末位で歴史の勉強が終ってしまうようだが、現代からさかのぼって勉強した方がいい。

自分と兄が戦争に行って、母はどんなに心配したことか・・・そんな思いをしないためには、勉強すること。憲法改正を絶対に阻止しなくてはならない。

質問:アメリカはなぜ3兆円を自分で払わないのですか?

戦争にはお金がかかる。戦争は前線で戦っているだけではない。弾も必要、食糧も必要、補給しなければならない。戦争のためにすべてが動員されることになる。
イラクで米兵の死者が何人かわからないが、3000人とすると、その背後に5倍の人間が廃人になっている。足がなくなったとか、失明したとか、精神的な病気になったとかの人がそれだけいるだろう。戦争とはそういうもの。その人たちの保障にも莫大なお金がかかる。

トヨタは1年で1兆何千億も儲けている。ひとつの企業がそれだけ儲けるのだから、3兆なんて安い。アメリカはそう思っているだろう。日本政府もそう思っている。

感想:そうなのです。悲惨な体験を語るだけでは「反戦」にならないのです。戦争はなぜ起こるのか、なぜ止められないのかを知り、行動することが必要なのです。もっともっとSさんの話を聞きたいと思いました。

(2006.5.20に掲載したもの)
[PR]

by lumokurago | 2009-04-30 12:09 | 戦争体験の証言集

いつも仲良し

c0006568_20374537.jpg
 一緒に仔猫から飼い始めた猫でも、仲良くなるとは限らないそうです。いつも仲良しの2匹。よかったね。

 裁判はうまくいきました。初めて第4回口頭弁論(次回)までいきました。その上、裁判長は被告に反論するよう、証拠を出すよう、言ってくれました。この訴訟指揮の真意は不明ですが・・・というのは、今のままでは判決が書けないので、被告に少し書かせてそれを判決文に利用するのではないかというかんぐりも可能なのです。私たちがひねくれているわけではありません。岩井裁判長がいい人ならば申し訳ないけど、それだけのことを裁判所はやってきたので、こんなふうに疑念を持たれても仕方ないのです。

 事前に書記官に電話して、今までの裁判では審理不尽のまま一方的に被告の意見だけ聞いて、突如結審されてしまったが、弁護士のいる裁判と同じように結審は予告し、最終弁論を用意してほしい旨、伝えてもらっていました。そしたら、岩井伸晃裁判長は、開廷後すぐに、「突然の結審はしない、最終弁論を用意する」と言ってくれました。いい裁判長なのか、今だけなのか・・・これまでさんざんだまされてきた私たちとしては、だまされないように身を固くしているのですが、今日一日だけでも喜びたいです。

 でも、でも、こんなに「人のいい」私たちにこんなに疑わせるのが日本の裁判所の現状なのだということ、みなさま、ぜひ知っておいてくださいね。医療も裁判も同じです。よほどの根拠がなければ信じないのが懸命なのです。
[PR]

by lumokurago | 2009-04-28 20:50 | 和田中夜スペ裁判

違法な和田中夜スペ裁判第3回口頭弁論

 明日です。ぜひ傍聴にいらしてください。おもしろいですよ。ただいつも第3回で結審されてしまうので結審かも。

 4月28日(火)11:30~12:00
 東京地裁 522法廷(5階)
 地下鉄丸ノ内線霞が関A1出口すぐ
[PR]

by lumokurago | 2009-04-27 22:40 | 和田中夜スペ裁判

もう帰ってきました

 大阪に1泊して、もう帰ってきました。昔は大阪→東京は13時間かかったそうです。今は「のぞみ」で2時間半です。しかも「のぞみ」は頻繁に出ていて、山手線や中央線に乗るのとほとんど同じ感覚で、駆け込み乗車もしたりして、しかも、土日でも必ず自由席に座れます(「盆暮れは除く」だと思います)。こんなに便利すぎって何? 
 代わりにシロクマがおぼれ死んでしまうのだ(これは一例にすぎない)。

 大阪に集まった「つくる会」教科書反対の人たちの中で・・・(この人たちは「つくる会」反対の中でも少数派)
 なぜか愛媛で裁判やってる人たちとは、初対面からとってもしっくりなのです・・・(彼らは本格的な長年の「活動家」なんですよ。ただしセクトじゃありません。私は「運動」を生き甲斐にはできないので、全面的にはついていけないと思うのですが、少なくとも「違和感」を感じたことはありません)。
 あと、大阪の人はいい人たちですが・・・
 他から来た、いかにも長年「運動やってる」みたいな人たちは、私も「運動やってる」一味と見られてしまう今となっても「違和感」だけでした。なぜなんでしょうね?
[PR]

by lumokurago | 2009-04-26 23:47 | 未分類

今度はマロンが

 ねずみとりにかかってしまいました!!
 体が大きいので、べたべたがついた紙を自分でなんとか引きちぎって脱出してきました。(少し体についていた)。ちびのミャーちゃんの時よりはべたべたはずっと少ないけど、猫の毛がべたべたというのは哀れです。特に、肉球の間にいっぱいついていて、取りようがありません。自分で必死になめていますが、取れませんよね。毛が生え換わるまで仕方ない。
 これから大阪に行かなければならないので、このまま置いていきます。あーあ。
[PR]

by lumokurago | 2009-04-25 08:22 | ねこと鳥 (cats&birds)

ヴェロニカからの写真

c0006568_20542836.jpg
 ヴェロニカです。
c0006568_205504.jpg
 ラファエル(ヴェロニカの友だちの赤ちゃん)
c0006568_20553516.jpg

 連絡:土日、大阪に行ってきますので更新、お休みします。
[PR]

by lumokurago | 2009-04-24 20:56 | 世界(world)

ミャーちゃんあばれまくり

c0006568_20482979.jpg

c0006568_20485138.jpg
 ミャーちゃんがあばれまくり、駆け回っています(写真はありません)。マロンはどこかでご飯をいただいてきたらしく、珍しくニャンにも言いません。
[PR]

by lumokurago | 2009-04-24 20:50 | ねこと鳥 (cats&birds)

2匹とも伸びている

c0006568_2235930.jpg

c0006568_22381425.jpg
 2匹とも伸びて私の足の横で寝ていたため、重くなくて、ゆっくり眠れました。もっと暑くなれば、私のベッドの上から離れ、自分たちで寝るようになると思います。
[PR]

by lumokurago | 2009-04-23 22:41 | ねこと鳥 (cats&birds)

ここでも弱いものいじめ

 父の友人がNPOで重度身体障害者の施設をやっています。国の弱い者いじめのため、3年で出なければいけないとされています。自立は非常にむずかしい重度の障害を持っているため、年取った親のいる自宅には帰れない。他に行くところもない。

 父の友人のやっている施設を出され、「自立訓練」施設に通わされ、タライ回しみたいになって、精神的にまいってしまった方がいるそうな。その人がたまに施設に来るので、追い返すこともできず、ご飯を出し、お世話をしているそうな。そのための人件費を計上したら、区役所が「返せ」と言っている。相当な額だそうです。

 その人が退所した分、施設には空きができ、次の人も入らない。だから区からの運営費は減らされた。そうすると今まで雇っていた人も雇えなくなる。

 そのNPOでは絵画教室もやっていて、施設の障害者の方たちも通っている。昼間の通所施設から、その絵画教室への移動のため、人を雇っているし、絵画教室にはまた別な介助者が待機している(なぜか移動の介助者と別でなければいけないと規定)。ところが障害者は突然具合が悪くなり、絵画教室に行けなくなることがある。そういう時、移動の介助者と絵画教室の介助者が必要なくなる。でも来てもらった以上、払わないわけには行かず、給料を払っている。その金も区は返せと言っているそうだ。

 そんなにまでして金を節約したいか! 区長は何十億と無駄遣いし、何十億と懐に入れているというのに。区議会議員も月十六万の政務調査費をただのお小遣いとして使っているのに(区議のほとんどは別に本業を持っています。一度も質問もせず、採決の時に立つという役割だけの人も多い。48名中数名を除く)。監査委員とかなんとか審議会の委員らは年に数回のめくらばんを押すだけと住民の切実な要請を「却下」するだけのために、何十万という月給をもらっているのに(別に本業を持ってです)。

 強いものは限りなく強く、何もしなくてもどんどん金が集まってくる。弱いものはいじめられるばかり。これが日本社会の縮図です。

 P.S. その絵画教室は対象を障害者に限っているわけではないのに、一般の人は来ても、障害者がいるとすぐに辞めてしまうそうです。
[PR]

by lumokurago | 2009-04-22 22:11 | 杉並区

こんな無防備はマロンばかり

c0006568_055914.jpg
 病気の時の私の生態―「なんで私ばっかりやらなくちゃいけないの? (普段は普通にできることも)一人じゃしんどい。切れそうだ。誰かにいてほしい」というわけで、今日はある人に裁判所につきそってもらい、裁判所のひどい対応に切れたけど、なんとか大丈夫で、証拠のコピーまで手伝ってもらいました。今までだったら、我慢して自分一人でやってしまうところ、手伝いを頼めたことは、自分としては「よくやった」ってなもんでした。Oさん、ありがとうございました。

 私はいつだって、なんの時だって、それほどやる気ないのに、どうしたって、中心人物(責任者)みたいな立場になる。なんでじゃあ? 本当はしんどいのに。本来は人間関係苦手で(子どもの頃は緘黙児・問題児)、交渉なんてとんでもなかった(でも自慢じゃないけど今ではうまいのだ。特に値引き交渉)、それを努力でここまでもってきた。だから、三つ子の魂百までで、ちょっと落ち込んでる時はそれらがしんどい。ほんと言って電話も苦手なのです。

 仲間に頼めばやってくれると思います。でもちょっとしたことだからと自分でやってしまう。みんながこれを読んだらきっと恐縮してしまうと思う。ごめんなさい。今、ちょっと疲れてるだけ。たぶん言った相手はそんなつもりなかったのだから、気にしなくてもいいことを気にしてるだけ。

 今日も見苦しい言い訳(愚痴)に終始しました。
[PR]

by lumokurago | 2009-04-22 00:27 | ねこと鳥 (cats&birds)