暗川  


写真日記
by lumokurago
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 01月 ( 35 )   > この月の画像一覧


今日の3にゃん

c0006568_20594925.jpg
 ターちゃん
c0006568_210161.jpg
 ニャーちゃん。このそっくりな2匹はどちらが兄か弟か(ターちゃんの性別は不明だけど、大きさからして男でしょう)。

 チャーちゃんは一昨日の朝、来て「にゃお」と言ったけど、部屋の中には入らず、すぐに去って行きました。そして昨日、今日と来なかったので心配していたら、夕方になって「にゃお」という声。すぐに窓を開けたけど、入ってこず。お腹すいてないのかなあ? と思っていたら、「あお、あお」とすごい声で鳴きだした。これはだれか来たのかな? と思ったけど、その様子はなし。チャーちゃんのすごい声にすぐに逃げたのかも。チャーちゃんはひとしきり鳴いたあと、ご飯も食べずに去って行きました。ご飯よりも縄張りの見張りが大切なのか?
c0006568_2154870.jpg

c0006568_216458.jpg
 この写真はまえのもの。
[PR]

by lumokurago | 2011-01-31 21:06 | ねこと鳥 (cats&birds)

Dr.Aとのメール 番外編 その3

 ひとあしさんの「ICDを埋め込んだのは良かったのか?」について、Dr.Aとメールを交わしました。医師の本音を聞く機会はほとんどありませんので、ここに掲載させていただきます。

*****

Dr.Aより

 私も、病院では死なせられない医者で、無理な医療をしていたのです。ですから、批判する資格はありません。方法としては、医療を医者任せにするのではなく、行ってはならない医療規則を国ないし自治体で作り、医者も患者も従うようにするのです。例えば高齢者における透析や、ガンの治療は行わないとかですね。検診もRCT(くじ引き試験)で総死亡率が低下したものに限るとか。差別といわれそうですが、思い切って制度を作ったほうがよいと思います。医療費を削って福祉に回すと日本もよくなるでしょう。

渡辺より

 規則をつくるという先生のご意見は意外なものでした。そこまでしないと無理ということでしょうか。そのまえに人びとの感覚を変える必要があると思います。

 昨日ご紹介した方ですが、お父様のICDが3回作動したら救急車を呼ぶようにと主治医に言われていたそうです。お母様が最期を察して救急車を呼ばなかったことを、お父様が亡くなられて2年半も苦しんでいたそうです。私が救急車を呼ぶかどうかはお母様の判断でよかったのだと言ったら、その苦しみがなくなったと喜んでいました。

 医者の命令は絶対と思い込んでいるのですね。(中略)尊厳死=延命治療の拒否は知られてきていると思っていたのですが、まだまだのようです。私も母のみならず父のときにも、医者のいうことをきかず、自分の意志を通したことが何度もありましたが、それも近藤先生を知っていたからで、自分ががんにならなければそこまでの知識もなく、行動もできなかったと思います。医療は幻想であるという知識を伝え、高齢になったらなにもしないほうが安らかに死ねるのだということを広める必要があります。

Dr.Aより

 だいぶ前になりますが、イギリスで白血病の少女の治療を行うべきか否かについて議論がありました。彼女は二回目の治療で、イギリスのNHS(national health serviceー国民医療サービス)は治療を拒否しました。医療の国家管理がここまで厳しいとは知りませんでしたが、資源が有限である以上、やむを得ないと私は納得しました。結局、彼女はNHSと関係のない医療機関で治療を受け寛解したとのことです。

 私も何人か白血病の治療を経験しましたが、第一回目は容易に寛解に持ち込めるのですが2回目以降は寛解に再導入するのが困難でした。今は、治療法が進んでいるのでしょうが、かなり費用が高くなりますね。人間には諦めも必要で、医者も患者も諦められないときは社会的規則に従うしかないように思います。

 心臓も止まりそうになっているのでしたら、無理に鞭を打つ必要はないように思います。医者も患者もわがままでしょうから、社会的基準を決めましょう。とりあえず、新薬や新技術を使用するときは、保険者の了解を得るようにするとよいとおもいます。そうしないと医療費は青天井に上がっていきます。

渡辺より 

 映画「シッコ」(マイケル・ムーア監督)を見た限りではイギリスの健康保険は至れり尽くせりだと思いましたが(病院への交通費まで面倒みてくれていた)、そんなことがあったのですか。まったく知りませんでした。

 いま沖縄の少女がアメリカで心臓移植を受けたいとのことで、沖縄タイムスで募金を募集しています。目標額は1億5000万円。もう1億円以上集まっているとのこと。その子にはかわいそうだけど、美談記事です。

*****

 網野医師は『満足死宣言』(日本評論社2000)に「臓器移植は必要か」という文章を書いています。

 1997年、臓器移植法が施行されて1年4ヵ月後の1999年2月28日、日本ではじめての脳死者からの臓器移植が行われました。それから半年のあいだに4例の脳死臓器移植が行われましたが、99年6月9日に交通事故で脳死状態になった宮城県の青年は、ドナーカードを持っていたために、移植を前提として十分な救命治療が行われなかった可能性が強いのです。(カギカッコ内は『満足死宣言』からの引用です)。

 「臓器移植は『死』を期待する矛盾した医療である。慢性疾患に苦しむ患者を前にして、彼に同情する医師は密かに他のだれかの死を望み、他のだれかの臓器を欲している。(中略)宮城県のケースでは病院到着時、ビニール袋に纏められた彼の持ち物の中で、なぜかドナーカードだけが目立つ位置に入れられていたという。(中略)このため、彼は入院時に早々と、患者としてよりもドナーと見做されていた可能性が非常に高い。医師だけでなく日本の一般社会も、他人の「死」を求めるという恐ろしい状況になってしまっていることが想像される。すなわち、ドナーカードは「死」の切符になりうるということを、宮城県の事件は証明したといえるのではないだろうか」

 網野医師は、1968年、和田教授による日本初の心臓移植が行われたとき、その札幌医科大学の学生でした。

 「生きた心臓でなければ移植は不可能である。そこで脳死を人の死としなければならなくなったわけであるが、当時の日本においては脳死の定義も明確に決まっていない状況であった。和田移植では脳波の平坦になったことを確認したあと、心臓を取り出したことになっているが、脳波の測定をしたとされる医師がタイミングよく死亡したため、真相は闇の中へ葬られてしまった」

 移植を受けたレシピエントは網野医師の指導教官だった宮原教授の患者だったそうです。宮原教授は患者が移植手術を受けたことに驚愕されたということで、授業で「僧帽弁の置換手術を依頼しただけ」とおっしゃったそうです。

 「全般的にいえることであるが、現代医療は死を認めることができないのである。また、個と全体を統一した観点から、医療自体を眺めることも不得手である。その結果、近視眼的な個に対する医療をやみくもに提供しがちなのである。当然、有効性の不明確な医療技術も使用される。それは医療者にとって実験ではなく、「やむをえない医療処置」として認識されることが多い。無意味な悪あがきをしているという意識はなく、医療者の視野は極端に狭まっている。そして、未来にどんな問題が生じようとも、とりあえず現在の危機を乗り越えようと延命作業に熱中するのである。移植医療の抱える問題も同様である。慢性期の厳しい拒絶反応や免疫抑制剤の副作用は患者のQOLを極端に低下させ、結果として多くの臓器が拒絶されているという現実に医療者は目を背けている。

 一種の共食いともいえる移植医療は、人間にとって本当に必要なのだろうか。人類は他人の死を前提とした医療を認めるべきなのだろうか。これらに関して、一部の専門家に任せておくのではなく、幅広い国民的議論が起こることが望ましいと想う。

 私は、脳死を死とする必要性はまったくないと考えている。その理由はすでに示したとおりである。私は脳死および脳死者からの臓器移植に反対である」 (『満足死宣言』P.30~48)

 昨年、本人の意志がなくとも家族がOKすれば脳死からの移植を認める法律が施行されました。報道によればかなり多くの家族がこの法律によって患者の臓器を提供しています。

 しかし、心臓はどこどこ病院へ、肝臓はなになに大学へ、腎臓は・・・という記事を読んで違和感、嫌悪感を抱いたのは私だけではないでしょう。人間の臓器は部品なのか? 人間はロボットと同じなのか? そして人間は神なのでしょうか?
[PR]

by lumokurago | 2011-01-30 17:53 | Dr.Aとの往復メール

ショック! そしてごめんなさい

 友人夫妻の娘りほちゃんは4歳のときから知っています。いま33歳の母親です。Coccoちゃんと同年で、去年私にCoocoちゃんのCDをくれました。Coccoちゃんは去年1年間沖縄タイムスに「こっこたいむ」というコラムを持っていて、このブログでもときどき紹介していましたので、どんな感性の子かわかると思います。

 先日、りほちゃんちに遊びに行きました。娘のかりちゃんがもう2歳になっていました。わお! 大きくなった!(といきなり叫んだら泣いてしまいました)。私が会ったのは2年前の生まれたとき以来です。

 Coccoちゃんの『大丈夫であるように』というDVDの感想として、「この人もうすぐ死んじゃうんじゃないかと思った」と言ったら、「渡辺さんだってそうだったよ」と言われてしまいました。うーん、そうだったのか。「ジュゴンのために生け贄になりたい」という感性は同じだもんな。みんなに心配かけてたのか。それにしても娘のようなりほちゃんに言われるとは、ショック。きっとりほちゃんも同じ感性なんだろうな。それをうまく我慢してみんなに心配かけないように生きてきたんだろうな。私のほうが大人じゃないね。

 「その節は心配かけてごめんなさい」 (むかしの私を知っている人に)
[PR]

by lumokurago | 2011-01-29 15:27 | きままながん患者

母の写真

c0006568_18598.jpg

c0006568_1852672.jpg

c0006568_1853747.jpg
 桜の花びらで真っ白の神田川
c0006568_18682.jpg
 神田川にかかる橋。母はなにを撮ろうと思ったのでしょう? 鳩かカラスか?
[PR]

by lumokurago | 2011-01-28 18:06 | 父・母・介護

内海さんの写真より

c0006568_1801354.jpg

c0006568_1802580.jpg

c0006568_1803787.jpg

c0006568_1822298.jpg
 アメリカフウロの紅葉です。
c0006568_182775.jpg
 去年の5月撮影。アメリカフウロの花。
[PR]

by lumokurago | 2011-01-28 18:02 | 花 ・樹(flowers&trees)

上関原発建設を止めようと若者がハンスト

 小笠原父島で農業をやっているさえちゃんのブログをのぞいたら、こんな記事がありました。さえちゃーん、無断転載するよー!

*****以下転載

 今の若いモンだって、捨てたモンじゃない!!

 今の若い子は、やる前からあきらめていたり、やる前から「できない」といい、困難に立ち向かったり打ち勝とうとしたりする精神が弱いと聞きます。

 でも、そんな子ばかりではありません。こんなメールが届きました↓

 こんにちは♪ 21日13時から、山口県庁にてハンガーストライキを始めました。

 行っているのは、僕を含めて5人です。20歳が三人、19歳が二人とみんな若造です(笑)

 僕らは、『上関原子力発電所の工事一時停止と、埋め立て許可の再検討が行われるまで、一切食べません。』これを掲げます。

以下声明文より

 原子力発電所が作られ、稼動する事によってうまれる放射性廃棄物や、海や大気中に蓄積されていく放射線を僕等の世代や、僕等の子供達に残して欲しくないという想いからこの行動を決起しました。放射性廃棄物は何千年もの間、放射能を出し続けますが、その処理方法はまだ確立されていません。そして、原子力発電所は40年ほどしか稼動出来ず、建物自体が放射性物質になっていくため、廃炉になった後の安全な解体方法も見つかっていません。

 そんな中、新たに山口県上関町で原子力発電所の建設計画が進んでいます。稼動する過程で出る放射性廃棄物の処理方法や、廃炉になった後の解体方法がないまま、新たに原子力発電所を作る事は問題をこれから生きる若い世代に先送りする行為です。僕達は、誰一人上関町の住民ではありません。
しかし、原子力発電所の問題は、けして上関町だけの問題ではなく全国の問題です。少しでも、この事を多くの人に知ってもらい、そして山口県上関町田ノ浦の埋め立て許可を出した山口県知事に今上関で起きている事実と思いを伝えていきたいです。

以上声明文より

 正直、興味ない人や、知らない人には難しい話だと思います。でも、僕は、みんなが知った上で考えるべき問題だと思います。電気はみんな使いますからね~(笑)

 反対・賛成の前に、電気のこと、原発のこと、この国のことを知りましょうよ~(笑)

 『電気を使う者』だからこそ、知って考えて欲しいです。

 原発問題。

 何の力もない僕たち若者が、このタブーに触れるには、これしかありませんでした。ただただ、食べないことで、平和的に想いを伝えたいです。

 ハンガーストライキ。いってみれば、究極のだだコネです(笑) みんなで考えて、楽しい方向を見つけましょう♪

 ブログはこちらです

 生存確認お願いします♪ 読んでくれて、本当にありがとうございました!m(_ _)m

 よろしければ、転載・転送お願いします~!


 こんな子達が、日本にまだいるんですよ! 「今の若い子は~」とひとまとめにせずに、私たち先輩達も見守りそしてサポートすることで、世代間の交流が生まれ、偏見がなくなるんじゃないでしょうか。また、彼らと同じ世代の方がもし読んでくれているのなら、そういう子たちがいることを知って欲しいし、考えるきっかけになったらいいと思います。

 何処かのことではなくて、自分のことだからね☆

 byさえ 元はこちらです
[PR]

by lumokurago | 2011-01-27 19:36 | 原発

チャーちゃんそっくりの銅版画

c0006568_1123662.jpg
 どうです? チャーちゃんそっくりでしょう? 銅版画作家・佐藤恵美さんの作品です。あまりにそっくりなので作家の許可をいただき、掲載させていただきます。阿佐ヶ谷のギャラリーOPPOで開かれていた個展に妹がでかけ、この絵葉書を買ってきました。チャーちゃんは体はでかいけど、実は小心者。表情もそっくりです。
c0006568_17544470.jpg
 模様がそっくり。
c0006568_175617.jpg
 くしゃみしてるとこがそっくり。

 佐藤恵美さんのOPPOでの個展の記事はこちらです(残念ながら終了してしまいましたが、すてきな猫がいっぱい)。

 佐藤恵美さんのブログ「猫の草紙」はこちらです
[PR]

by lumokurago | 2011-01-27 17:59 | ねこと鳥 (cats&birds)

母の写真

 母は長年人形作りをしていましたが、60代後半に黄斑円孔と黄斑変性症という眼の病気にかかり、眼がよく見えなくなって断念。その後、もっぱらコンサートにでかけることを楽しみにしていました。ところが痴呆がすすみ、場所がわからなくなってこれも無理となり、最後は近所を散歩しながら使い捨てカメラで写真を撮ることを唯一の趣味としていました。大量の写真が残っていましたが、なかにはおもしろいものがありますのでご覧ください。母には失礼かもしれないけど、本人が意図したものではない偶然と痴呆症からくる子どものもつような好奇心がおもしろさをだしています。
c0006568_20163840.jpg
 
c0006568_201784.jpg

c0006568_2018626.jpg

c0006568_20182817.jpg

[PR]

by lumokurago | 2011-01-26 20:19 | 父・母・介護

赤井宏之氏の新作です

 一月の公園      赤井宏之



目の前を童女が駆け抜ける

「やりさしてー」と叫んで駆け抜ける

「やらせて」ではなく「やらさして」でもなく

「やりさしてー」が蛇行する少年を追って行く



コンビニ袋で拵えた凧が風に揺れ

二本の尻尾が一月の風に揺れ

四本の足も左右に揺れて

公園の砂は舞っている



「食べさし」「読みさし」「言いさし」「やりさし」

何事も中途半端で、やり残したことが多々ある僕に

「やりさしてー」の声がまとわりついて離れない



何事も中途半端で、やり残したことの多い僕ではあるが

今更ながらの僕ではあるが「槍刺してー」

貫き通したいものはある
[PR]

by lumokurago | 2011-01-26 13:25 | 社会(society)

厚顔無恥のお手本

c0006568_193299.jpg
 なぜこれが「厚顔無恥のお手本」なのでしょうか?

 杉並区では前区長山田宏氏が子どもたちには我慢が必要だという考え方でした。区議会の与党会派の面々もそれに賛成し、区立小中学校にエアコンを入れませんでした。

 ところが! 田中良新区長に変わり、エアコンを入れるという方針に変わったら、「子どもたちには我慢が必要だ」という考えだった公明党も考えか変わったのです。(考えが変わったのは公明党だけではありません)。

 公明党は区長のいいなり。議員やってる意味ない。給料泥棒。そのうえ、自分の手柄みたいにこんなポスターを貼りだす。厚顔無恥のお手本。

 圧倒的多数の区民は何も知らない・・・
[PR]

by lumokurago | 2011-01-25 19:36 | 社会(society)