暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 03月 ( 88 )   > この月の画像一覧


放射線被ばくに関して:近藤誠・慶応大

 Dr .Kによれば3.18の段階では30キロ圏外で被ばくの心配はないとのことです。事態は悪い方向にすすんでいますが、これ以上悪くならず収束してくれることを祈るばかりです。

 3.18付(社)サイエンス・メディア・センター の記事です。

大人と子供で被ばくの影響に差はあるのか

 被ばくの身体に与える影響は、大人と子供で大きな差があります。CT(コンピュータ断層写真)による被ばくでも、子供の方が何倍も発がん性が高いのです。子供の発育途上の組織は影響を受けやすく、がんだけでなく、発育遅延を引き起こすこともあります。脳神経の発達にも影響があります。発達途上の脳神経は繊細です。議論がある所ですが、例えばこどもの血管腫の治療で頭部に放射線をあてると高校生ぐらいで知能障害が出たという報告も海外ではあります。

 急速に発育している胎児ももちろん影響を受けやすいです。


生殖機能への影響

 生殖器はリンパ球についで放射線に敏感です。男性の生殖機能は一度に1シーベルトの線量を浴びると影響を受けます。年齢によって違いますが、卵巣は精巣よりは強く、被ばく線量が累積で15シーベルト前後に達すると卵巣機能が停止します。しかし、これも年齢により違いがあり、40歳前後ですと累積6シーベルトで停止することもあります。


ー現状で内部被ばくの心配はありますか。

 放射性物質が大量に拡散するようなことがない限り、現状では、被ばくの心配はまったくありません。現在、東京、千葉、神奈川など、原発から30キロ以上離れている地域で測定されている値で内部被ばくの問題も心配する必要もありません。これらの地域でも内部被ばくを防ぐためにマスクをしなくてはならないような状況になったら、マスクをして外出するどころの問題ではなくなっています。


ー「直ちに」健康には影響がないと言われていますが、将来的には影響があるのですか。 

 「直ちに影響がない」という表現は、被ばくによる急性の症状が出てこないという意味で、被ばくする放射線量が増せば、長期的には発がん率も増します。

 どのくらいの線量を浴びた場合に、どのくらいの確率で発がんするかといことについては、世界的に認められた予測値(国際放射線防護委員会2007年の勧告)があります。この予測値を使うと、100万人が10ミリシーベルトずつ被ばくすると、500人ががんで亡くなる計算になります。

 今の時点では多くの人が被ばくしているわけではないので、長期的な心配もありません。測定されている放射線量が今のまま押さえられれば、すぐにもとの生活に戻れるでしょう。


ーどういう状態になったら直ちに健康に影響があるのでしょうか

 原発作業員の年間の限界被ばく量50ミリシーベルトを一度に浴びるようなことがあっても、しばらく被ばくしないようにすれば回復します。現状、若干放射線量が高く観測されている地域もありますが、今放出されている放射性物質は半減期が短いものだと思われるので、このまま放出がおさまれば速やかに放射線量も下がります。

 しかし、一方で、世界の原発作業労働者40万人ほどのデータを解析して、極低線量の10ミリシーベルト以下の被ばくでも、若干発がん性が増えると考える論文もあります。

 今、被ばくが起きているのかどうか、付近の住民の方がどのくらいの線量を浴びたかがわからないのですが、原発作業労働者と同様に被ばくしたのであれば影響が出るかもしれません。

 今後、万が一環境に放射性物質が拡散するようなことがあれば、放出する核種(放射性物質の種類)がなにで、どういう物質が拡散するかによって、被ばくの影響が変わります。ガンマー線と言う放射線を出すものは危険ですが、現状、そういうものが放出したとは発表されていません。(私は原子物理の専門家では無いですし、ほとんどありえないことだそうですが)核分裂反応が進み臨界状態となって、セシウムやヨウ素といった物質が拡散したときには、これらが体内に入ると非常に危険です。

 しかし、わたしは、どういうことになっても、ここ(慶応大学病院:東京都新宿区)にいると思います。
[PR]

by lumokurago | 2011-03-31 14:14 | 原発

3.11以後のDr.Aとのメール その2

渡辺より 3.19

 こんばんは。今日からテレビも通常番組を戻し始めたみたいです。福島市長(県知事かな?)はアメリカが廃炉を前提に原発の処理を手伝うと言ってきたのを、日本政府は断ったといって怒っていました。福島の人はだれもこの電気は自分たちが使っているんじゃない、東京に送っているんだと言いませんね。言ってやればいいのに。

 東京新聞の世論調査では、まだ過半数の人が安全性を確認したうえで原発は存続させるという意見です。それなら原発は東京に作りましょう(注:Dr.Kもそう言っていました)。沖縄に基地を押し付ける論理と同じです。人間はどうしてこう自分勝手なのかなあ。

 ぜんぜん関係ないのですが、いじめっ子やパニックを起こす暴力的な子どもの絵はじつに弱々しく繊細なのですね。ま、そういう臆病な子どもはほんもののいじめっ子にはなれないでしょうが。事態を直視しないというお話で、思い出してしまいました。たぶん臆病な子どもは暴力に逃げて強がっているのでしょう。(後略)


Dr.Aより 3.20

 こんばんは。原発ですが、水の注入がうまく行われたとしても、メルトダウンして地中に埋まった核燃料は覆わなければ放射物質の拡散を防ぐことはできないのではないでしょうか。CT一回くらいは大した事ないなど、無責任な報道がされています。バカな放射線科の教授を登場させて遺伝子は傷ついても修復する能力を持っているなどと発言させたりしています。

 今日、福島出身の患者さんが、何十年も県民を騙してきたのかと、総理府に怒りの電話をしたといっていました。石棺の用意を急ぐべきですね。(後略)


渡辺より 3.20

 こんにちは。原発ですが、原子力資料情報室など脱原発派の複数の技術者の解説(ネット)では、燃料棒は溶融していますが、メルトダウン(注:格納容器の底を溶かし地中まで入っていく)までは行っていないとみています。いくつかの炉で格納容器は破損しているようですが、ひびか小さな穴程度とみています。それで懸命に水をかけていますが、メルトダウンの危険がないまでに温度を下げるためには長期にわたり水をかけ続けなくてはならない状態のようです。電源が回復し、冷却系統が復旧すれば、それで安心ということですが、あのめちゃくちゃに破壊された写真を見れば、複雑な構造の冷却系統を、高い放射線のなかで、そう簡単に復旧できるとは思えません。そしてその間、ずっと水をかけ続けなければならないわけで、同時に作業できるのか。作業員はどんどん入れ替えなければならないし、絶望的状況と思われます。それで私はもう石棺のほうがいいと思います。どうして石棺を選ばないのか不思議です。

 今朝のNHK解説員もとうとう、海水を注入すると原発が永久に使えなくなるので、躊躇して、よりたいへんな事態を招いたのではないかと言っていました。

 ネットではドイツによる汚染シュミレーションとかフランスの反原発団体による汚染の数値(政府発表よりずっと高い)などが飛び交っています。いまのところ、東京は安全ですが、いつどうなるかわからず、事が起こってからではそれこそパニックになってしまう。少なくとも福島県、茨城県などの妊婦、子どもだけでも早めに疎開させてほしいと思っています。(後略)


Dr.Aより 3.20 (略)

渡辺より 3.21

 (前略)石棺のことですが、保安院が18日の記者会見でその可能性に触れたそうです。朝鮮日報が報道しています。日本のテレビ、新聞では報道したのでしょうか。私は気づきませんでした。そこまで末期的だということを隠ぺいしたのかもしれません。

 隣りのコンビニに行ったら、店の電気を暗くしていましたが、これで十分です。他の店でも暗くしているとのこと。いつもが明るすぎるのですね。ヨーロッパでは店は日曜日は休み、午後も早く閉まってしまい、それでもみんな普通にやっていることを思いだします。経団連会長は原発は地震にもよく耐えたなどとばかなことを言っているようですが、国民は賢くなって経済を縮小させ、今度こそ物質的にではなく、精神的に豊かに生きていけるようになりたいです。

 追伸:20日の琉球新報社説に石棺方式も検討すべきだとありました。しかし、さきほど(ネット中継)の後藤政志さん(元東芝格納容器設計者)のお話では、とにかく現場が高線量なので作業させたくない、壁などを作ってから運ぶことができるのか、できたとしてもコンクリートでは放射能もれを完全に防ぐことはできない、ということでした。(注:3.28の後藤政志さんの解説では、温度を下げないまま石棺にすれば、なかで温度が上昇し爆発するので、とにかく冷却が必要とのことでした)。
 
 チェルノブイリ4号機の老朽化した石棺からは高濃度の放射能がもれだしており、新たな石棺を作るために莫大なお金がかかり、廃炉費用としてさらに同じ位莫大なお金がかかるとのことです。なんと恐ろしいものを作ってしまったのか、東電もどんなに後悔してもしきれないでしょう。


Dr.Aより 3.22

 放射性物質が拡散しつつありますね。それも、空中だけでなく海へも。水で冷やすのは良いとしても水の最終的行き場が海ですから困ったものです。相も変わらずマスコミは専門家を登場させて人体に影響なしとのプロパガンダを行っている。早く閉じ込める事を考え、実行せよというプロがいてもよいと思うのですが。未だに通電すればなんとかなると思っているとしたら、それは前にもいいましたようにオプテイミストの楽観主義に他なりません。彼らは責任を取らず、非を認めず臆病者ですから行動せず、ただ眺めているだけです。そのうち、菅首相がほうれん草を食べている所をテレビで流すのではないでしょうか。昔、カイワレ大根で猿芝居をやってましたね。今回、奴は大根ではなく草役者だ。(後略)


渡辺より 3.23

 東京都の水道も汚染されてしまいました。放射性物質はかなりたくさん放出されたようです。拡散されているので原発付近の線量が変わらない(減っていない)ということは、放出されている量は増えている可能性も否定できないのではないでしょうか? 半減期の早いものはともかく、大気も海も汚染され、世界中にまわり、イギリス、フランスの再処理工場からの汚染や劣化ウランなどなどもあるし、このままいけば何百年後かわかりませんが、人類は滅亡ですね。

 と言っていたら、3号機でまた黒煙があがったとのこと。せっかく落ち着きそうだったのに予断を許しません。しかし私には子どもも孫もいないし、関係ないといえばそうなのに、どうしてこんなに心配なのか。人類の将来のことまで心配せず、残り少ない時間にできることをしたほうがよさそうです。とはいっても、ブログに原発の情報を載せているため、アクセスがすごいです。コンパクトにまとめたところがないのかもしれません。それはそれでがんばらなくちゃ。(後略)
 
 
Dr.Aより 3.24

 こんばんは。囲ってフタをしないと世界は安心しないし、納得しませんね。水道水はまずいので飲まない人が多いでしょうが、ますます人々は水道水から離れてしまうでしょう。ドリンクメーカーは儲かります。被爆した作業員が出たそうですね。最前線の作業員は下請会社の社員でしょう。給料は高いのでしょうが被爆では割に合わないですね。

 早く全体を覆うべきですね。今から始めた方がよいとおもいますが、日本はリーダーシップが欠けているのでね。ただ、セメント会社の株が上がるだけのようです。


渡辺より 3.25

こんばんは。辺見庸さんが、

 「すさまじい大地震がくるだろう。それをビジネスチャンスとねらっている者らはすでにいる。富める者たちはたくさん生きのこり、貧しい者たちはたくさん死ぬであろう。階級矛盾はどんどん拡大するのに、階級闘争は爆発的力をもたないだろう。性愛はますます衰頽するだろう。テクノロジーはまだまだ発展し、言語と思想はどんどん幼稚になっていくであろう。ひじょうに大きな原発事故があるだろう。労働組合はけんめいに労働者をうらぎりつづけるだろう。多くの新聞社、テレビ局が倒産するだろう。生き残ったテレビ局はそれでもバカ番組をつくりつづけるだろう」。

 と(地震まえに)書いているというのを知り、朝日ジャーナル(週刊朝日緊急増刊)を買いました。そうしたらパノプティコンがでてきたのでびっくり。先生のおかげで知ったばかりのパノプティコン、役に立ちました。ぜひ買って読んでみてください。


Dr.Aより 3.26

 こんにちは。辺見庸さんはアナーキストかな。だとすれば、私も同じかな。アナーキストは群れるのが嫌いでテロルに走らざるをえなくなるのが辛いのよね。バクーニンはまさにそうだったようですけどクロポトキンのような誠実で徳の高い人もいたので、辺見さんはその類かな。文章は日本という国を大変よく表現しているように思います。現状は絶望的ですかね。


渡辺より 3.26

 辺見さんは先生と遺伝子が似てると思います。いまのいまパノプティコンなんて。

 今日、格納容器設計の技術者たちが、昨日、作業員の被ばくがあって東電が炉心が融けていることをはじめて認めたことについて解説していました。はじめてだされた圧力容器、格納容器の圧力のデータからみて、事故の翌日(そのまえのデータはない)、圧力容器の圧力が1気圧に下がり、格納容器と同じ圧力となったことからみて、冷却剤喪失事故の可能性があるとのことでした(いままでも推測はしていたが、データ的に言えるようになった)。東電は当然このことを知っていて隠していた、その責任は重大だと訴えていました。彼らは設計者ですから、ほんとうに自分の責任を感じて、表情が厳しかったです。東電や保安院の人とあまりにも違いました。

渡辺より  3.29

 こんばんは。今日は私の57歳の誕生日でしたが、涙、涙の1日でした。福島県須賀川市でキャベツが出荷できなくなって自殺した人の記事からはじまり、日当40万だすから原発の仕事に戻れと避難している作業員をかきあつめようという記事、双葉町で牛を飼っているからと避難を拒否していた人たちが牛をおきざりにして強制的に避難させられたという記事・・・。

 辺見さんの文章はつまるところ友人の孫のモモちゃんを心配するものでした。私ももうずっと以前から赤ちゃんが生まれても手放しで喜べないと感じていました。そしてそう思うのは私だけではなく、近所の(いまも残る)農家のおばさんが親戚に孫が生まれたけど、その子の将来はどうなるかと思うと喜べないと言っていたのです。それももう15年以上まえのことだと思います。原発事故がなくてもそのころすでに普通の人がそう感じていました。それなのにそのままにしてきてしまいました。

 ある友人がメールしてきました。

 原発のせいで、当分、魚も食えないことになりそうだね。
 東電、潰せ!
 他の原発もすぐ止めろ!
 馬鹿が!

 容子さんの回顧展で「福島原発を廃炉にする」署名活動やっていたけど、あれはもう放っておいても廃炉になる。福島はナウシカに出てきた腐海の森になり、奇妙な植物やでっかいキノコなんかがたくさん生えて、私たち日本人が死に絶える頃にやっと、傷を残したまま、ものすごく美しい森になるのだ……。
[PR]

by lumokurago | 2011-03-31 13:09 | Dr.Aとの往復メール

庭の花

c0006568_1254517.jpg

c0006568_12544196.jpg
 雪割草
c0006568_12551624.jpg

c0006568_12585665.jpg
 アンズ
c0006568_12555925.jpg
 ユスラウメ(いつも鳥が来ている木)
 
[PR]

by lumokurago | 2011-03-31 12:56 | 花 ・樹(flowers&trees)

チェルノブイリ原発事故・終わりなき人体汚染








[PR]

by lumokurago | 2011-03-31 10:19 | 原発

原発導入のシナリオ ~冷戦下の対日原子力戦略~

 ここに書いた『原発導入のシナリオ』(NHK)がネットでみられます。

原発導入のシナリオ ~冷戦下の対日原子力戦略

 「毒をもって毒を制する」 第5福竜丸事件で反核・反米の世論が高揚する中、日米が協力し民間から行った世論形成の全貌を明らかにする。(現代史スクープドキュメント 1994年放送)

*****

 いまから17年まえの番組です。いまのNHKがこの番組を制作・放送できるでしょうか?
[PR]

by lumokurago | 2011-03-31 08:57 | 原発

上関原発建設反対ネット署名

 中国電力は上関原発建設工事を山口県知事の要請などをうけ一時中断したものの、計画の見直しは行わないとしています。今こそ建設をストップさせよう。ネット署名にご協力ください。

 上関原発建設反対ネット署名
[PR]

by lumokurago | 2011-03-30 16:49 | 原発

『被曝治療83日間の記録~東海村臨界事故~』

 最近は(?)NHKアーカイヴもYouTubeで見られるんですね。とても重い内容ですが、1度は見る責任があると思います。亡くなられた大内さんの妻が最後に医者に宛てた手紙で、原発をなくしてとは言えず、医療を発展させてくださいと言っているのが悲しいです。医療にそんな力はないのです。ずたずたにされたDNAを再生させるなんて。

NHKスペシャル『被曝治療83日間の記録~東海村臨界事故~』 2001年5月13日(日)放送










[PR]

by lumokurago | 2011-03-30 14:11 | 原発

福島原発危機に対するドイツの反応――福島は警告する

福島原発危機に対するドイツの反応――福島は警告する

 上記はピープルズ・プラン研究所のHPです。ドイツ在住の日本人が情報も人びとの反応もすばやいドイツについて報告しています。先日の東電への抗議デモに集まった日本人はたった1000人(これでも日本のデモとしては多いのです)、その日ドイツでは25万人がデモに参加しました。事故発生の翌日の12日に「ネッカースヴェストハイムの原発停止を訴えて、原発施設からシュツットガルトまで45キロに及ぶ「人間の鎖」ができた。この行動に参加した人は約6万人」だそうです。

 さらにある州では脱原発をかかげる緑の党の州知事が生まれました。日本でも統一地方選がありますが、結果はいかに? (私はまったく期待していませんが、もしドイツと同じようなことが起これば日本人を見直します)。

 先日の世論調査ではいまだに過半数が原発は必要という意見でしたね。日本人てどうしてここまで人を犠牲にして自分だけよければそれで平気なのか? 原発でこれ以上事故を大きくしないようにと必死に働いている人たちのことを考えてごらんなさい。自分や家族は絶対に原発では働かないから関係ないとよく思い込めるものだわい。(もしかするとそこまでの想像力もないのかも、とちらっと思うんだよね)。

 事態がこれ以上悪くならないという保障はまったくない。悪くなれば、汚染はますます深刻になるのに、買占めだけしてなにも考えていない。自分(年寄りへの影響は少ないが、まだ生まれぬ子どもや孫も含め)のいのちが危うくなる可能性だってあるのに。それに・・・
 
 大人がこれほど自己中だから子どももおかしくなるのだ。
[PR]

by lumokurago | 2011-03-30 11:20 | 原発

佐藤栄佐久前福島県知事インタビュー

佐藤栄佐久前福島県知事インタビュー(仏ル・モンド紙) 3月29日付 Le Monde

 仏ル・モンド紙は29日付紙面で、1988年から2006年まで福島県知事(当選5回)を務めた佐藤栄佐久氏のインタビューを掲載している。元外交官で衆議院議員でもあった佐藤氏は任期中に小泉純一郎元首相の改革政策に反対し、東京電力福島原発に闘いを挑んだことでも有名である。

 インタビューの中で佐藤前知事は、「2002年、福島第一原発の原子炉2機で炉心を包む部分に損害があるとした検査報告を東京電力が改ざんしたことを認める原子力安全・保安院の書類を受け取った。東電と原子炉の機能を監視することが目的の保安院が、その事実を2年間も秘密にしていたことは受け入れがたいことだった。」この不祥事により福島原発では第1号機が運転停止され、その翌年には東電管内16の原子炉が検査のため停止された。前知事は、「今回の危機が発生するまで改ざん問題が頭から離れなかっだが、恐れていたことが現実となった。」と語る。さらに佐藤前知事は任期中の2000年以降、東京電力の下請け会社社員から「原発の安全基準が守られていない」という内容の内部告発を20通以上も受け取っていた。下請け会社の社員達は労働条件の悪さを理由に自らの安全に不安を感じてお り、原発内の検査作業も指針が決める2倍のスピードでこなさなければならなかったという。前知事は「(告発した人の)氏名を伏せて保安院に手紙の内容を伝えたが、2006年に知事の任期を終えるまで返答はなかった」と証言する。

 また佐藤前知事は、同紙の「今回の原子力危機は東電の責任か?」という質問に対し、「今回の大災害は人間の不注意過信によって引き起こされたもの。経済産業省から独立した監視機関を設置することが数年前から叫ばれているが、現時点では監督官庁は原発建設を推進するための行政機関でしかなく、(原発に対して)監視の目を光らせることができない。日本は民主主義国家と言われているが、それはある程度までで、多くの決定が不明瞭な利益算段のために行われ、また多くの分野が汚職によって生まれている」と語った。


インタビュー:Philippe Pons Le Monde 東京特派員

"La catastrophe actuelle a été provoquée par l'imprudence des hommes", Le Monde, 29/03/2011

(仏語記事からの和訳抜粋)

FRANCE MEDIA NEWS フランスからのニュース

c0006568_10531386.jpg
amazon
  このあいだから在庫切れになっています。
[PR]

by lumokurago | 2011-03-30 10:49 | 原発

サクリファイス - 犠牲者ー事故処理作業者(リクビダートル)の知られざる現実

サクリファイス - 犠牲者ー事故処理作業者(リクビダートル)の知られざる現実

1986年4月に旧ソ連で起きた史上最悪のチェルノブイリ原子力発電所事故。百万人の労働者がその事故処理に狩り出された。放射性物質、放射線の危険性を全く知らされずに作業したため、強い放射線を浴び、放射性物質を体の中に取り込んでしまった作業者達。健康を害し、亡くなってゆく彼らに医療は為すすべを知らない。 地震大国日本で同様、あるいはこれ以上の事故が起きないと誰が言えるだろうか?

*****

 昨日の原子力資料情報室の公開研究会で放映された映像です。20分ほどですので、ぜひご覧ください。
[PR]

by lumokurago | 2011-03-30 09:27 | 原発