暗川  


写真日記
by lumokurago
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 07月 ( 51 )   > この月の画像一覧


森の展覧会のお知らせ

 若者がおおぜい来てくれて、盛況のうちに2週目を終わりました。来週金土日(開催時間に注意)もやりますので、ぜひいらしてください。私は30日土曜日、MECONの会合に行くため会場にはいません。すみません。

c0006568_18101675.jpg

c0006568_187189.jpg
 "森"の展覧会

美しい日本の木々・土・水―未来が脅かされている。
今何が起こっているのか、何をすべきか、見つめなおそう。

■2011年7月16日〜31日 金・土・日・祝 全9日間 (時間帯に注意)

 若者ががんばっています。お誘い合わせのうえぜひおいで下さい。18日のイベント終了後、3時ころから福島県川俣町山木屋(計画的避難区域)の菅野浪男さんがお話しくださいます。参照「阿由里農場」

 様々な作家さんの寄贈作品を展示・販売し、今起きていることを見つめ直す場にするとともに、売上をオペレーション・コドモタチ(下記参照)の活動支援金に寄付する。

 この企画は私の親友の姉(アーティスト)と「オペレーテョンコドモタチ」に所属する若者2名によります。アーティストたちに作品を寄付していただき、即売、その売り上げをオペレーションコドモタチの活動資金とします。音楽演奏、被災地からの報告などのイベントもあります。7月16日から31日までの金土日に開催していますが、時間帯がばらばらなので注意してください。

■ギャラリー容
 東京都杉並区久我山3-31-5
 京王井の頭線 久我山駅 徒歩5分
 駅南口から神田川遊歩道を吉祥寺方面へ
 Googole Map http://bit.ly/mAcPDt

■企画展示
「オペレーション・コドモタチ」活動記録/パネル、映像、資料など

■ 作品展示/販売
 会場内では作品にキャプションはつけず、作家名・作品名のわからない状態で展示。
 多様な作品が集まるため、その方がおもしろそうだという試み

 詳しくはこちらを開いてください。
■ DM ご案内状 ver.2.0 (web上で閲覧可)
 http://bit.ly/k60Wz2 

■ オペレーションコドモタチとは?
 ヒップホップMCのDELI(NITRO MICROPHONE UNDERGROUND)と映像ディレクターの横川圭希が発起人となってスタートした、高濃度汚染地域から子供たちとその母親を最優先に避難させることを当面の目的としたプロジェクト。詳細は下記リンクより

【公式サイト】 http://www.opkodomotachi.com/
【公式ブログ】 http://ameblo.jp/opchild/
【公式twitter】 http://twitter.com/opkodomotachi
 
【"森"の展覧会ブログ】http://forests716.blogspot.com/

 楽しい展覧会とイベントの様子がUPされています。
[PR]

by lumokurago | 2011-07-31 17:00 | 原発

チビ猫6日目

c0006568_2139243.jpg

c0006568_213943100.jpg
 スヤスヤ
c0006568_21422989.jpg
 だしてよー(すごい顔ですが、まだ声はあまりでません)。
c0006568_21463272.jpg
 登ってる、登ってる
c0006568_2147515.jpg


c0006568_21441297.jpg

c0006568_21443017.jpg
 だしてよー! 下の2枚、ミャー子です。でてもでなくてもどっちでもいいよ、我関せずの箱の中のマロンに注目、おっとりでした。

 心配な野良猫ですが、ニャーちゃんは来ています。チャーちゃんはむずかしいのかな。チビ猫の姿をみてショックだったかな。網野先生はだめだったら引き取るとおっしゃっていますが、なんせ残りの子猫3匹の世話が焼けるうえ、去年の子猫3匹、母猫2匹などなどがいるため、返しにくいなあ。結局世話しているのは、そしていま稼いでいるのは奥さまですしね(網野先生は休養中。奥さまも医師です)。

 今日、東京新聞に猫10匹を飼っている家への悪臭などの苦情申し立て裁判の判決がでましたが、10匹は多すぎということでした。網野先生のところは医院でもあるし、ちゃんとお世話して悪臭などはないと思いますが、10匹(野良猫含めーかたっぱしから捕まえて避妊手術中)はたいへんすぎですよね。
[PR]

by lumokurago | 2011-07-30 21:47 | ねこと鳥 (cats&birds)

2011.07.27 国の原発対応に満身の怒り - 児玉龍彦

 

 you tubeは一度消されましたが、べつの人がまたあげたようです。これも消されたら下のリンクで見られます。

 2011年7月27日 (水) 衆議院厚生労働委員会
 「放射線の健康への影響」参考人説明より
 児玉龍彦(参考人 東京大学先端科学技術研究センター教授 東京大学アイソトープ総合センター長)

 児玉さんは内部被ばくの研究者だそうです。線量はすべての学校で測らなければならない。それが行われていないため、南相馬市では線量の低い海側の学校(20km圏内)の子どもを毎日100万もかけて、わざわざ線量の高い飯舘村のほう(30km圏内)の学校に通わせているとのこと。線量をきちんと測り、日本の技術の粋を集めて除染し、子どもの被ばくを防ぐことを満身の怒りをこめて提案しています。

 まだまだ勇気ある良心に則って発言する学者がいたんですね。

 全体はこちらで見られます。今中さんもでています。

 書き起こしが次にあります。ぜひお読みください。

 明日に向けて(208)放射線の健康への影響について(児玉龍彦教授国会発言)改訂版

 明日に向けて(209)児玉さんの勇気ある行動を支えたい(息子さんのツイートに触れて)
[PR]

by lumokurago | 2011-07-29 17:17 | 原発

「移植で助かる」は本当か?

「移植で助かる」は本当か? (近藤誠・いのちジャーナル別冊MOOK①・さいろ社より)

 臓器移植についても真実は隠され、安易に脳死を人の死と認め、ドナーが増えないために本人の意志ではなく家族の同意で臓器を提供することを認める法律も作られてしまいました。

 半年ほどまえに沖縄の少女が米国で心臓移植するために、沖縄では募金を呼びかけてその金額(たしか1億円を超えたと思います)を達成、少女は米国に渡り移植手術を終えました。新聞は「美談」として扱っていますが、臓器移植の真実は?

 真実を知りたいかたはぜひ上記リンクをお読みください。
[PR]

by lumokurago | 2011-07-29 10:16 | Dr.K関連記事

汚染牛被害 農家を応援  宮沢和子

 東京新聞7.28「発言」より

 汚染牛被害 農家を応援  宮沢和子 

 放射性物質に汚された牛を出荷した農家の方が謝罪されていつのをみて、私は怒りとともに涙が出ました。この農家の方が謝るいわれはどこにあるのでしょうか。

 「家の外に稲わらを放置してはいけない」などという決まり事は、今のいままで日本にはなかったことではないでしょうか。そんなことにしてしまったのは一体誰なのか。この国は壊れている、そう思いました。

 3.11以降、放射性物質は日本のすべてを、いや地球のすべてを汚染しました。そのことを引き受けねばならないのは、ひとり農家だけでないことは自明の理です。私たち皆で引き受けましょう。積極的に食べましょう。飲みましょう。

 ただし条件が一つ。食べ物の正確な汚染度を周知すること。、それを知らされた国民側は自己の自由、自己責任として選択して生きていくこと。

 そしてもう一つ。大人たちは子どもらを命懸けで守りましょう。原発の存在を許してきた責任は子どもらには一切ないのですから。

*****

 その後(「真実を知らせろ」の後)も、保安院が4月1日、福島原発作業員の被ばく線量を最大350ミリシーベルトに緩和するように厚労省に要請していたことがわかったり、経産省資源エネルギー庁が多額の税金を使い、原発に関するメディア情報を監視してきたことがわかったり(本年度は7000万)、日本への原子力(核の平和利用)導入はアメリカが第五福竜丸被ばくで盛り上がった原水爆禁止運動(発祥の地は杉並区)に危機感を抱き、共産化を防ぐためだったことが明らかになったりした。

 宮沢さんの「汚染食品を積極的に食べよう」という意見には異論もあると思う。原発事故の責任は原発を推進してきた自民党、東電、財界、マスメディア等にあるのに、なぜ国民が犠牲にならなければいけないのか、など。

 たしかに、それら権力者や財界などの責任は重大だが、やはりだまされてきた国民にも責任があると私は思う。たとえ、相手が庶民にはとうてい太刀打ちできない巨大な闇だったとしても。腹黒い人びとによって、「いい人」はとても思いつかないようなありとあらゆる悪事によって、原発は(原発だけではないが)推進されてきた。とうてい太刀打ちできない。だからといっていいなりになっていたのは国民なのである。

 私たちは何も知らされなった。ただただ「安全だ」と言われてきた。情報が隠蔽されてきた。でも自分から知ろうとしない限り、真実を知ることはできないのである。権力者が都合の悪い事実を隠蔽するのは当たり前のことなのだから。つまり国民の努力が足りないのではないだろうか。相手はとうてい太刀打ちできない巨大な闇なのだから、安穏と暮らしていたら、彼らに利用されるだけなのだ。

 彼らは性悪である。彼らに太刀打ちするためには私たちも「いい人」から脱却して性悪になって、悪知恵を働かさなければならないのだ。

 これは原子力ムラだけのことではない。医療ムラでも同じことである。ほかにも多くの「ムラ」があるが、命がかかっているという意味で医療ムラには注意しなければならない。早期発見早期治療理論は破たんしているのに、いまだに検診を推進し、がんをみつけてはかたっぱしから切り取り、成人病では薬品会社の儲けのために無駄で有害な薬を大量にうりつける。
 
 最近では原田芳男さんや筑紫哲也さん、梨元さんなどが、抗がん剤の毒性(副作用)で亡くなった。完全に寿命を縮めている。

 「抗がん剤は延命する」というプロパガンダは「原発は安全だ」というプロパガンダと同じことである。「原発は安全だ」という神話は崩れ去ったが、抗がん剤のほうは近藤誠医師の努力にもかかわらずほとんどゆるがない。(医療・薬の8割は無駄・有害です)。

 話は変わるが、いまの子どもたちもほうっておけば、私たちと同じようなだまされやすい大人になる。いま、子どもたちは原発事故に責任はないが、将来、大人になったとき、同じことを繰り返すことになる。自分のいのち、自分の故郷を自分で守ることのできる力を養わなければならない。そのためには子どもの環境も教育も変革しなければならない。

 何をどう変えたらよいのかは、あまりにも複雑なので、どこから手をつけたらいいのか、むずかしすぎる問題である。しかし! 子どもであっても「自分のことは自分で決める」ことから始めたらよいだろう。親は子どもをコントロールするのをやめる。「親にしてほしいのは暖かいご飯と暖かい寝床を用意してやることだけである」と昔々、学童クラブの通信に書いたことがある。

 学校は先生も生徒も自由にする。学習指導要領は廃止、教科書検定も廃止し教科書は自由化。そこからかな。

 ま、これがあり得ないんだよな。やはり日本の将来はお先まっくらか。

 
 それにしてもあの日、風が東京に吹けば・・・もう少し何かが変わったかもしれない。いや、そうでなくとも、福島の人たちを犠牲にして電気を使い放題使っていた、自分勝手な人びとの集まりである東京が汚染されるべきだったのだ。

 (小出さんも「東京、大阪が汚染されるべきだった」と思っていると確信しますが、講演やラジオなどでは言えないと思うので、代わりに言っておきます)。
[PR]

by lumokurago | 2011-07-28 13:55 | 原発

チビ猫の3日目

c0006568_21103942.jpg

c0006568_2111022.jpg

先ほどはありがとうございました。
お友達にもよろしくお伝えください。
今後も、里親探しお願いします。
網野 7.25

 こんばんは。友人の猫(尻尾の曲がったほう)は家に着いたら即、活発に遊び始めました。まったくものおじしません。
 うちの猫はもっぱら部屋中を探検しています。どこかに入り込んでしまわないか心配です。野良猫が来て、ご飯を食べたあと、ケージに入っていたチビにきづき、しばしみつめたあと、でていきました。おなかがすけばまた来ますよね。
 渡辺容子 7.25

こんばんは。
猫の様子はいかがですか。
野良ちゃんは来ていますか。
当方のちびは元気ですが、
大きい方はしばらく元気がない
様子でした。欝なのかな。
ご飯は食べています。
動物を飼うのは難しいですね。
網野 7.27

 こんばんは。チビちゃん、昨日は走り回っていたのですが(夜は私のベッドのなか。おとといの夜はケージに入れておいたらさびしくて一晩中鳴いていました)、今日は朝の8時頃から寝っぱなしで、体温が昨日より熱いような気がして、心配です。涙と鼻水がでています。4時ころ、いったん起きてご飯を食べましたが、また眠って、いま妹が帰ってきたので起きました。昨日の大元気に比べ、元気がないです。明日お医者に連れて行った方がいいですか? 
 野良猫は昨日は来ませんでしたが、いま、妹と一緒に入ってきて、ご飯を食べ、耳に日光アレルギーの薬をつけたら、あっというまにでていってしまいました。最近、1時間程度部屋でくつろぐようになったのですが、やはり チビ猫が気になるようです。
 渡辺容子 7.27
[PR]

by lumokurago | 2011-07-27 21:13 | ねこと鳥 (cats&birds)

東電お抱えの原発接待旅行参加の民主杉並区議団、8割パクリの「原発必要不可欠」視察報告書を作成

 杉並区在住のジャーナリスト三宅勝久氏の記事です。こんな区議会議員に投票したのはだーれ? 次回は別の人に投票しましょう。と言っても、杉並オンブズの政務調査費の調査では、(ごく少数のまじめな人を除き)ほとんど全員の区議が税金を「こづかい」にしています。 (カテゴリ「杉並区」を参照してください)。

*****

 東京電力OBの安斉昭・東京都杉並区議ら、民主党の区議会議員5人(当時)が2008年5月、一部公金を使って青森県の原子力施設を2泊3日で視察し、視察報告書を作成。その報告書では「原発は必要不可欠」と結論づけ、本文のうち約8割が、東電・九電・中部電力や青森県の資料からのまる写しだったことが、筆者の取材でわかった。視察は東電が企画したもので、自己負担3万円を除く費用の大半を同社が負担。議員視察とは名ばかりの実質的な接待旅行で、東電による東電のための原発推進議員工作ツアーだった疑いが濃厚だ。電力会社による原発推進に向けた地方議会工作の実態をレポートする。(問題の報告書とパクリ元のタネ本はPDFダウンロード可)

 つづきはこちらです。
[PR]

by lumokurago | 2011-07-27 10:43 | 杉並区

2日目

c0006568_20162127.jpg

c0006568_20173539.jpg

c0006568_20175664.jpg

c0006568_20181711.jpg
 ゆうべはきょうだいと別れてさびしかったのか、一晩中、「ミーミー」と鳴いていてました。今日はきょうだいのことを忘れたかのように元気に走り回っていました。写真は疲れて眠っているところです。とても人懐こくて、介護保険関係の担当者会議で集まった3人の人にもじゃれついていました。

 いま、チビ猫は眠り、チャーちゃんが来るのを待っています。
[PR]

by lumokurago | 2011-07-26 20:19 | ねこと鳥 (cats&birds)

泡瀬干潟 赤字前提

泡瀬埋め立て2次提訴 公金差し止め求め (沖縄タイムス 7.23

 沖縄市泡瀬の沖合埋め立て事業をめぐり、事業に反対する「泡瀬干潟を守る連絡会」のメンバーら沖縄市民や県民275人は22日午後、仲井真弘多県知事と東門美津子沖縄市長に対し、埋め立て工事費などの公金支出の差し止めを求める第2次訴訟を那覇地裁に起こした。同事業は環境保護や災害防止対策が不十分で、経済的合理性は認められないと訴えている。第1次訴訟では一、二審ともに事業の経済的合理性を認めなかったが、2次訴訟でも新事業計画に対する同合理性の有無が、実質的に最大の争点となる。

 原告には「泡瀬干潟」や9種類の野生動植物も名を連ね、同干潟や周辺海域の保全を訴える「自然の権利」訴訟となる。

 訴状によると、10年以上も前の環境アセスメントでは、その後に発見された新種や希少種への影響が考慮されていないほか、同市の土地利用計画も東日本大震災に伴う大津波などの災害対応が十分に検討されていないと指摘。

 同計画の需要予測は「全くのでたらめで、相当程度に手堅い検証がなされたとは到底評価できない」と、経済的合理性を否定。県や市が同事業へ支出するのは違法として、一切の公金支出差し止めを求めている。

 同事業は当初、約187ヘクタールを埋め立てる計画だったが、公金支出の差し止めを命じた2009年の福岡高裁那覇支部判決を受けて中断した。

 その後、沖縄市は10年7月に埋め立て面積を約95ヘクタールに縮小した新土地利用計画を策定。スポーツコンベンション拠点の形成を掲げ、スポーツ施設やホテル、人工ビーチ、商業施設を整備する内容で、港湾管理者の仲井真知事は19日、新計画の事業計画を承認。早ければ、9月中旬にも工事が再開される見通しとなっている。

開発せざるを得ない/スポーツ拠点に

 仲井真弘多知事 (埋め立て面積を)半分にしてやるということに決めたのだからそれでいく。自然保護はやるべきはしっかりやらなければいけないが、それをやりながら開発もやらざるを得ないというのも長い命題だ。(事業に)賛成の人もいれば反対の人もいる。本当は心を一つにしてということがいいのだろうが、考えはそれぞれだ。(提訴について)特に申し上げることはない。

 東門美津子沖縄市長 訴状を見ていないので、コメントは差し控えたい。この事業は「スポーツ」「健康」「交流」を基本に市民や県民、観光客が集えるスポーツコンベンションの拠点づくりが目的。雇用創出、地域活性化に大きく貢献し多くの市民が期待している。港湾計画や埋め立て免許変更などの手続きをへて土地利用が早期実現するよう、今後とも国・県と連携しながら取り組んでいく。

*****

 7.21の記事「問われる泡瀬再び 下」には、埋め立て予定地にはテニスコート20面(屋内練習場にも20面 計40面)、サッカー場3面、ソフトボール場1面、屋内練習場に300室規模のホテルを誘致する計画だが、予定地には県総合運動公園が隣接し、市内にはコザ運動公園もある。市の推計では30年間の事業期間中、計67億円(年間2.2憶円)の損失を見込むとのことだ。

 泡瀬沖埋め立ての免許変更を許可した仲井真弘多知事は「早く完成させて、中部地区の起爆剤にするべきだ」と促したそうだが、年間2.2億円もの損失を促してどうするつもり?
[PR]

by lumokurago | 2011-07-26 10:14 | 沖縄タイムス

子猫試し保育

c0006568_1964611.jpg

c0006568_197447.jpg

c0006568_1972510.jpg
 チャー吉とうまくいかなければ戻してもいいということで、試し保育です。

【追記】 いま、チャー吉が来てご飯を食べたあと、くつろごうとしたら、ケージにはいったチビ猫をみつけ、しばしみつめたあと、「俺はまた捨てられたのか」というようにでていきました。後ろ姿がさびしそうでした。妹がすぐに庭に出て「チャー吉」と呼び歩いたのですが、どこかに行ってしまいました。チャー吉を捨てるはずないでしょ。大丈夫だよ。また来てね。午後8時20分。
[PR]

by lumokurago | 2011-07-25 19:09 | ねこと鳥 (cats&birds)