暗川  


写真日記
by lumokurago
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 09月 ( 46 )   > この月の画像一覧


ノルウェイの夏

c0006568_1658558.jpg

c0006568_16531991.jpg

c0006568_1654424.jpg

c0006568_16543732.jpg

c0006568_16545065.jpg
 ノルウェイの友人ヴェロニカの名付け子ティリルはもうすぐ18歳になるそうです。
[PR]

by lumokurago | 2011-09-10 16:57 | 世界(world)

沖縄教科書問題(プロテア)

 沖縄教科書問題の続報です。

 沖縄教科書問題 39 
  <八重山教科書問題 教育長不信任案提出へ>

 沖縄教科書問題 40 
  玉津教育長を指南している人物判明! 自民党参議院議員「義家弘介」氏
[PR]

by lumokurago | 2011-09-10 16:30 | 沖縄

Dr.K診察日

 診察日でした。

 渡辺:がんと関係ないと思うけど、最近体が重くて、背中やお尻が筋肉痛なんです。体重はずっとまえにヒスロンで増えてからは変わってないけど。歩くのが大変で自転車も坂が大変なので、電気自転車を買うことにしました。

 Dr.K:じゃあ、検査しよう。

 渡辺:えー? がんと関係ないと思う。

 Dr.K:あなたはそんなに聡明なのに、がんと関係ないと思いたいの?

 渡辺:絶対関係ない。賭けましょうか。

 Dr:負ける賭けにはかけないよ。とりあえず血液検査と胸のレントゲン撮ってみようか。息がはあはあしてない?

 渡辺:でもこれはずっと前からだから。

 Dr:検査どうする?

 渡辺:してもいいけど。

 Dr:じゃあ、行って来て。

 ・・・・・・・・検査が終わって・・・・・・・

 Dr:(レントゲン写真を見ながら)肺はきれいだね。よかった。(去年の5月頃の段階でレントゲンには写っていなかったので、その後大きくなっていないということになる。ただしCTには写っていたので転移はしている)。

 渡辺:肋骨は折れそうなところ、ありますか?

 Dr:こことここと・・・(影が薄くなっているところを説明)。

 渡辺:背中が痛いけど、たぶん筋肉痛。

 Dr:(血液検査の結果をみて)腫瘍マーカーは上がってる。(1年ぶりに調べました)。

 渡辺:数字は忘れたけど、前はすごく高かったからそれよりはいいかも・・・。

 Dr:肝臓だけどね、検査してみる? もしあれば放射線で延命できる。でも延命すると骨転移が育ってまた痛い思いをすることになるかもしれないから、放置という選択肢もある。人生観の問題だね。普通は死んでも生きたいんだけど。

 渡辺:いまはやらなくていいです。以下オフレコ。

*****

 「余命1年」がでてから(撤回されました)、浮世離れした生活だと思っていましたが、これは「根こぎ」になったからなんですね。いつ死ぬかわからないので将来の計画が立てられない、というか責任のある仕事など始められないし、その日暮らしで中途半端なのです。震災・原発事故があってからは、私ばかりではないと思いますが、ますますその日暮らしになりました。

 いまやっているのは、本の始末などは終わり、手紙の始末です。私は毎年年末にその年に来た手紙を綴じて気に入った表紙をつけて製本していました。1年に2冊も3冊もある年もあります。それが段ボールに2箱もあります。私以外に意味がないので、読み返して処分するしかないと思っています。

 最後まで残すであろうは学童クラブで作っていた文集と父母向け通信、それに暗川などの個人通信です。これは捨てません。これらの文章からよいものを拾って本にしようかと思ったこともありますが、そこまでしなくてもね。ブログに載せていますので、時間があるときに読んでください。「昔のミニコミ誌から」にあります。
 
 しばらくはこんな生活がつづくことになると思います。猫が慰みです。いまは猫のために長生きしたいです。
[PR]

by lumokurago | 2011-09-09 18:24 | 転移がんの治療(無治療)

沖縄教科書問題(プロテア)

 沖縄教科書問題についてはプロテアさんがいろんな新聞記事を掲載しています。

沖縄教科書問題 35 

沖縄教科書問題 36 

沖縄教科書問題 37

沖縄教科書問題 38
[PR]

by lumokurago | 2011-09-09 17:24 | 沖縄

石垣、与那国 育鵬社を撤回

 沖縄タイムス号外です。
http://www.okinawatimes.co.jp/article_photo/36518/

 八重山地区の中学校公民教科書採択問題で、石垣、竹富、与那国の3市町の全教育委員でつくる地区教育委員協会(会長・仲本英立石垣市教育委員長)は8日、多数決で「新しい歴史教科書をつくる会」系の育鵬社版を採択しないことを決めた。

*****

 やった! よかった、よかった。やっぱり、さすが沖縄ですね。
[PR]

by lumokurago | 2011-09-08 23:54 | 沖縄

内海さんの写真より

c0006568_20103625.jpg

c0006568_20104781.jpg

c0006568_201118.jpg

c0006568_20111092.jpg

c0006568_20112849.jpg

[PR]

by lumokurago | 2011-09-08 20:11 | 花 ・樹(flowers&trees)

台風12号に襲われた熊野は?

c0006568_15414069.jpg

c0006568_1542755.jpg

c0006568_15422484.jpg

c0006568_15424531.jpg

c0006568_15435214.jpg
 2008年11月に鈴さんの住む熊野古道へ行きました。上はそのときの写真です。台風12号で大変な被害がでています。現地からメールをいただきました。

*****

 早速のお見舞いをありがとうございました。本日午後になって、やっと電気が復旧、パソコンもテレビも息を吹き返しました。我が家については大丈夫でしたが、ここまでの路沿いで、いたるところで道路の土砂崩れが起きています。実は、ただ今も、国道の前後で土砂崩れのために道路が通行止めになっており、いわゆる「陸の孤島化」いたしております。水もあやういこところで止まることもなく、電気の不便でなんとかしのげました。

 ただ、南の多分、容子さんたちが宿泊したあたりだと思いますが、あのあたりが大水害でテレビ等でも映像が流れていると思いますが、ここが大変です。ほんとに、いつどんなことが起きるか・・・。

 でも、これは、山間部のことを 思いの中に入れてこなかった政府のやり方も、大いに関係していると思っています。防災のための備蓄等についても、まったく、地域任せでこのあたりでは何もありません。防災の放送にしろ、たんなる練習です。熊野古道と言いながら、観光向けてのことはしても、その熊野を支えている住民の生活などに目が向いていないのです。

 人工林は、問題も大きいです。しかし、高度成長期にはその杉林で大いに儲けた人々がいるのです。バブル崩壊後、その人工林を整備してきた林業従事者をどんどん削り、荒れ果てた杉山は、一番危険な林となるのです。緑の雇用という制度ができましたが、抜本的な森を守ることにはつながっていないと思います。

 日本には、こうした人工林がいっぱい・・・。そこに昔から住んできた大勢のお年寄り、苦労してきた方々住んでいます。危険なところだから、安全な低地に住めと言ったって、そこが生きてきた土地ならそこに生きていきたいはず。

 こちらに引っ越してきて、本当に日本の国は、少数という字に対して、いかにバカにしているかよくわかりました。これと闘わなきゃ、自分が納得いきません。
 
 お見舞いをいただきながら、憤りを書いてしまいましたが、これくらい元気です。ありがとう。(鈴)
 

 お返事ありがとうございます。大変ですね。政府が「少数」を大事にしていないということ、原発事故でもそうですし、身にしみて感じます。こんな政府をつくりかえるためにはどうすればいいのでしょうか。

 福島では「いまなら福島県民の過半数は原発反対だと思う」と言っていましたが、国民全体となるとわかりませんね。国民投票をしようという運動もあるようですが、藪蛇になる恐れが大きいと、私は思ってしまいます。やはりマスコミの責任ですね。今度の災害にしても表面的な報道のみで、被害がひどくなった原因がどこにあるのかまで報道しているところはないように思います。

 このメールを暗川に掲載させていただいていいですか? 地元の人しかわからない貴重な意見だと思います。(渡辺容子)
[PR]

by lumokurago | 2011-09-08 15:48 | 社会(society)

猫王国(共和国?)

 子猫の貰い手はみつかりました。これで猫騒動も終わり???

c0006568_18303023.jpg
 お転婆で起きている時はじっとしていません。あだ名は「チョロ子」です(本名はミュウですが、ほとんど「チビ」と呼ばれている)。いつも目がらんらんと輝いています。
c0006568_18304643.jpg
 
c0006568_1831389.jpg

c0006568_18313280.jpg

c0006568_18315189.jpg
 おっとりにいにい。ものぐさなのか? 起きている時は「つきあい」程度に遊びますが、大部分の時間は私のひざに乗ってゴロゴロと喉を鳴らして甘えています。昨日は夜中もずっとゴロゴロでした。
c0006568_18321187.jpg

 こんばんは。昨日のことです(福島から帰宅して)。部屋に入ってまず窓をあけようと、カーテンを開けたところ、なんと!窓が開いているではありませんか! 猫は外に出たのか? 名前を呼んだら、チビはすぐにでてきましたが、兄ちゃんがいません。いなくなってしまったのか? どうしよう? と思ったら、少しして兄ちゃんもでてきました。ああ、よかった。
 うちの窓はサッシの下になぜか押すときちんと閉まらなくなるものがついていて、たぶん猫たちが押したのでしょう。鍵をかけたつもりでしたが、きちんと閉めないままだったので、何にでも興味津津、目ざとく頭のいいチビが開けたのだと思います。2泊3日、そこから自由に出入りしてウンチ、おしっこも外でしていたのでした(トイレにはなし)。
 それにエサもじゅうぶんたくさんお皿にだしておいたのですが、全部なくなっており、何袋か入っている袋から一袋をひっぱりだし、爪と歯で穴をあけてだして、それを食べていたのです。人間がどこからエサをだすかもよく知っていたのですね。すごいです。
 それから障子が破れるということはいままで知らなかったのに、とうとう障子を破り、閉じ込めていた部屋からでたようです。障子破りを覚えると大変です。おもしろいらしくびりびりに破かれてしまいます。
 もう一つ、なんとネズミ(?)を捕って食べたらしいのです。ネズミらしき毛が落ちていました(体はなし)。

 つまり人間のいない2泊3日の間、猫王国(共和国?)だったのですね。すばらしいサバイバル能力です。

 今日は網戸が破れている窓は閉めておいたのに、チビちゃんがすきまから破れの穴に手を差し入れて網戸を開けてしまいました。なんて頭がいいのでしょう。ガラスの入った引き戸も爪を差し入れてこじ開けました。外にでたくてたまらずどんどん学習していきます。あまりに「ミーミー」泣くので、ベランダにだしたところ、柵を乗り越えて屋根にでて飛び回っています。前の猫が庭に落ちて(飛び降りて?)木にひっかかったので、危ないです。

 なるべく外にだしたくありませんが、いつかでてしまうと思います。これから冬に向かい、窓は閉めるようになるので来年の春~夏かもしれませんが。頭が痛いです。

 渡辺容子 9.6


猫は自由で気分は上々でしょう。
ちびねこは餌付けする前は母猫に邪険にされて
生きているのもやっとの状態でしたから、生きる
テクニックを身に付けていたのかもしれません。
11月頃避妊手術をお願いします。
当院周辺最後の子猫を昨日捕獲しました。
母猫が可哀相。一晩中子猫を探してないていました。
里親になるのなら、今が可愛いのでベストです。誰かいませんか。
網野 9.6
[PR]

by lumokurago | 2011-09-07 18:35 | ねこと鳥 (cats&birds)

山木屋(計画的避難区域)

c0006568_17125521.jpg
 手前は元イングリッシュガーデンだが、草ぼうぼうになってしまった。つる性植物が伸びて花をおおってしまっている。向こうが草地(枯れたように見えるのは稲が実るのと同じで実をつけている。例年は夏の間に刈り取って冬用の牛のエサにする)
c0006568_1794988.jpg

c0006568_17104933.jpg
 浪男さんが作ったツリーハウス
c0006568_17113599.jpg
 同じく池
c0006568_17115579.jpg
 左に登っていくと放牧場

 いまは川俣町の町内に避難している菅野浪男さんの山木屋の家に2泊してきました。避難した当初は1年経ったら帰宅しようと思っていたが、草の伸び方があまりに早く、週に1度草刈りに通ってもとても追いつかず伸び放題になってしまい、気力がなくなってしまったこと、電気・水道はそのままだがガスがプロパンで配達もされない、また、そんなふうにして帰宅しても、子どもも孫も里帰りできないということで、他に家を探そうかという気持ちになっているとのことでした。しかしこの住めなくなった土地を国が買い上げるか借り上げてくれなければお金もない。山木屋でも線量の低いところは除染して帰宅することになるだろうが、ここは線量が高いので無理だと思うとのこと。

 拙著『乳がん 後悔しない治療』を読んで、治療を自分で決めると同じだなあと思ったとのこと。いまは志賀直哉の『清兵衛とひょうたん』の心境で、自分がよって立つもの(大切にしてきたもの)を失って、その代わりを何にするか考えているとのことでした。

 この話を聞いて、原発事故で故郷や家、精魂こめてきた田畑を失ったことと、がんで死にそうなことや脳梗塞でいままでできていたことができなくなったことは同じことだと思いました。徐京植さんが「根こぎ」という言葉を使っていましたが、原発事故の被害者も私もDr.Aもいままでの自分の人生を程度の差こそあれ、「根こぎ」されたのです。「死」はその最たるものなのですね。

 私はこの牧場に「骨をぶん投げてほしい」(福島市の老人保健施設にいる兄弟で一人生き残った叔父の言葉)と思っているので、もう一度見ておきたかったのですが、同行した友人に浪男さんは「何しに来たんだ。来てもらっても自分には何のメリットもない」とまず叱りつけました。視察に来た民主党の議員団も町の施設に泊めたが宿泊費も払わず、33人も来て3万円のお礼しかくれなかったそうです。

 私たちは基本的には何もできないのですね。何かしてあげたいと思うこと自体、驕りなのではないでしょうか。福島第一原子力発電所の電気がすべて東京に送られていることすら、ほとんどの東京人は知らなかったのです。東京の繁栄(?)のために文字通り犠牲にされた。利益を享受していた東京こそが汚染されるべきだったのです。もちろんいつか事故が起こったときのために東京ではなく福島に建てたのですが・・・。

 もちろんできることがあれば何かしたいのです。しかし放射線汚染に対してできることはありません。加害者が取り返しのつかない犯罪を犯し(これは犯罪です)、贖罪したいと思ったらやはり賠償するしかないのでしょう。でもまずは謝罪ですね。みんな東電や政府に対して責任を追及しています。それは当然のことです。しかし東京人にも責任があると思います。小出さんは原発に反対し続けてきた研究者として、原発事故が起こってしまったことには自分にも責任があるとして謝りました。私たちも福島の人たちに謝りませんか?
[PR]

by lumokurago | 2011-09-06 17:54 | 原発

無事でした

 無事帰宅しまして、子猫2匹も無事でした。詳しくはまた。おやすみなさい。
[PR]

by lumokurago | 2011-09-05 19:58 | ねこと鳥 (cats&birds)