「ほっ」と。キャンペーン

暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 12月 ( 35 )   > この月の画像一覧


この格好、どうなってるの?

c0006568_2039617.jpg

c0006568_20392664.jpg

c0006568_20394512.jpg
 やはり余裕がないので、猫写真でごまかしておきます。今日、ミュウがベランダにでて、屋根のひさしから飛び降り、脱走しました。ミュウをつかまえようとしているあいだに、ニイニも脱走。ニイニはすぐに自分から入ってきたのですが、ミュウははたきにもだまされず、1時間位外を満喫しました。ちゃんと帰ってきたので安心しました。ミュウのいないあいだ、ニイニは2階にも行ったり来たりして、必死で探していました。

 もともと紅白はみていませんが、テレビが映らないので、ますます静か。経産省前で年越ししてるみたいだけど、座っているのが大変なので、これで失礼します。
[PR]

by lumokurago | 2011-12-31 20:46 | ねこと鳥 (cats&birds)

原発アンケートの回答一覧

 この記事(人を人とも思わない卑劣な区議)のつづきです。プロテアさんが宮澤さんが区議のみなさんに送ったメールを掲載しているので、ここではアンケートへの回答一覧を載せます。


原発に杉並区議アンケート(略)への回答等の状況一覧 2011.12.27現在

回答順№ 回答着日 氏名 回答 送付方法 受領 返信発送日 備考

1 11/9 井口留守電 11/15家族の死により回答不可との留守電/返事のはがきに「勤め人は1週間の忌引き明けには働かねばなりません。待つので、必ずご回答を。と記載。

2 11/11 奥山たえこ 郵便11/13 「お立替送料及びコピー代として」として160円分の切手が同封されてきた。

3 11/11 けしば誠一 郵便11/13 両面プリンとの片面を見逃し、再度依頼

4 11/15くろぬりさん 郵便 不可 通し番号を黒く塗りつぶし、行の字をそのまま様に変えて返送されてきた。

5 11/19 大和田伸 ファクス 会派として回答との連絡

6 11/2 6杉並自民区政クラブ 郵便 11/30 大和田、今井、脇坂、藤本、井口、小泉、田中、浅井、大熊、岩田、富本、(政調担当岩田いくまとの記載)

7 11/26 曽根文子 郵便 11/30

8 11/26 さいとう恒男 郵便 11/30 手紙のみ。会派として回答。同感との共鳴私信(ちなみに12/27現在会派としての回答はなし)

9 11/28 小松久子 郵便 12/1

10 11/29 横田政直持参 12/1 締切間に合わないと思い、夜8時ころ持参された。

11 11/30 日本共産党杉並区議団 ファクス 11/30 「6人全員の回答として返信するものです」との記載

12 11/30 新城せつこ 速達郵便 11/30

13 11/30 杉並区議会公明党 郵便 12/1 島田、横山、渡辺、大槻、川原口、北、中村、山本の連名。未使用封筒と使用しようとして糊付けしてしまった横山分80円切手同封

14 12/1 市橋綾子 郵便 12/5

15 12/1 山本明美 郵便 12/5

16 12/3 堀部やすし 郵便 12/5 簡易書留のため12/1着であったが留守のため受け取れず12/3に再配達で受け取る

17 12/3 小川宗次郎 速達郵便 12/5 真ん中ページ無回答返送督促発送12/5  12/14再送受理 返信12/27

18 12/20 すぐろ奈緒 郵便 12/27

19 12/24 河津利恵子 郵便 12/27

20 12/27 市来とも子 メール 12/28 郵便届かずとのことでメール添付で送ったものへの返信 ちなみに郵便の戻りは一通もなし。

【注釈】
・発送区議47名=単独回答13名、会派回答25名 無回答9名
・無回答=創新all2、自民区議団all3、共に生きる杉並all1、民主・社民クラブ一部3
松浦芳子(創新)、木梨もりよし(共に生きる杉並)、佐々木浩(創新)、山下かずあき(民主・社民クラブ)
増田裕一(民主・社民クラブ)、吉田あい(自民区議団)、安斉あきら(民主・社民クラブ)、
大泉時男(自民区議団)、斉藤常男(自民区議団)


 渡辺より:このなかに私たちが「黒塗りはこいつだろう」と想像した人が入っています。想像にすぎないので言いませんがね。
*****

 まったく静かな年末にしたかったのに、どうしてこんなことしなくちゃいけないのか! まじめな数人を除き、区議会議員いらない! それに「会派」で同じ意見にしなければならないのはなぜなのか? なぜおおぜいがまとまらなければ議会に影響力を持てないのか? 少数派や「ひとり」の意見は無視されるのか? 多数が正しいというわけではない。多数は「カネ」に目をくらまされているだけ。少数こそが正しいのだ。小出さん、近藤誠を見よ!

 怒って終るのはいやなので、もう一度あとで更新します。などと言っても、また怒って終わることになるかもしれないが・・・。




 
[PR]

by lumokurago | 2011-12-31 12:33 | 杉並区

なかなか長くは座っていられません

 放射線治療8回を終えましたが(まだ明日1回あり)、激痛はなくなったものの、長い時間ベッド上に座っていることが困難です。メールをくださったかたにも個別に返信することがむずかしくなっています。そのかたがたはブログはみていなそうですが、ここでお知らせしておきます。ごめんなさい。

 『邪宗門』の感想を書くのはたいへんだし、1回読んだだけでは全貌がつかめないので、2回目、読み始めました。でびさんにいただいた本の感想もあるのですが、しばらくお待ちください。

 みなさま、よいお年をお迎えください。(ブログをみていない人のほうが多いので、ここで言っても意味がないのですが、年賀状は失礼します)。
[PR]

by lumokurago | 2011-12-29 20:02 | 転移がんの治療(無治療)

仲良しになったのか? 

c0006568_19593962.jpg
 それともあったかいからくっついているだけか? ここ5日ほど、ミュウがはじめての「さかり」で、昼も夜も「ナオナオアオアオ」と鳴きつづけていました。去勢したニイニイはまったく反応なし。チャーちゃんはこれから去勢しなければと思っていたところなのに、これまたまったく反応なし。ミュウがどんなに大声で鳴いて、うちじゅう、オスを探しまわっても、知らんぷりでぐっすりなのです。

 えー! どうして?
 
 不思議ですが、どこかのだれかさんが去勢手術をしたとしか思えないのです。そう言えば、最近マーキングもしないし、穏やかになり、ますます太ってきたように感じます。どうなってるの? 今度、獣医さんに確かめてみます。ミュウには子どもを産ませたかったけど、貰い手探しが大変なので、無理。年が明けたら獣医さんに連れていくことになりました。
c0006568_2002375.jpg
 ニイニイはいつも私の布団です。
[PR]

by lumokurago | 2011-12-28 20:07 | ねこと鳥 (cats&birds)

チャーちゃん、完全にうちの猫の仲間入り

c0006568_21421123.jpg

c0006568_21424282.jpg
 夜はお部屋のなかで眠っています。ただ、妹が一緒に寝て、11時とか4時、5時にチャー吉を入れたり出したり・・・。Dr.Kが「犬の奴隷」なら、妹は「猫の奴隷」か! 大変すぎです。
[PR]

by lumokurago | 2011-12-27 21:45 | ねこと鳥 (cats&birds)

君が代の思い出

 
 昨日、うちでクリスマスにかこつけたパーティがありました。そこにジョニーHさんがみえ、この歌を歌ってくれたので、思い出話をします。

 私が1976年にはじめて就職した高井戸学童クラブでは、学校行事などをみにいくことを思いつかないほど、子どもとも父母とも信頼しあっていたので、入学式、卒業式、運動会、学芸会などには1度も行ったことがありません。日の丸君が代がどうなっていたかも不明ですが、まあ、なかったでしょうね。

 次の職場、宮前学童クラブに異動したのは、7年後の1983年。ここ高井戸第二小学校は「アカ二」と言われるほど組合が強かったので、プールの検定もなく、水着も赤でも黄色でも自由でした。高二には障害児学級がありましたが、普通学級との交流もさかんでした。このときは校長先生に招待されて、何度か卒業式に行きました。もちろん日の丸君が代はなく、子どもとのつきあいが深い学童クラブ職員が来賓の先頭で、形式的に招待している教育委員会、町内会会長や区議会議員は後の方でした。とても心のこもった卒業式を行っていました。

 次に異動したのは4年後の1987年、宮前北学童クラブで、荻窪小学校でした。この学校は「アカ」ではありませんでした。プールに検定があり、水着も紺色のスクール水着に統一されていました。まず、君が代ではないのですが、就学時健診の当日、障害児を障害児学級や養護学校に振り分けるため=障害児発見のために行われている「就学時健診」の目的を説明し、受けるのを止めましょうという趣旨のビラを、私は休暇を取って、校門の外で父母たちにまいていました。

 ビラを全部まきおわり、職場に戻ったところ、館長が「話がある」と言います。学校から「お宅の職員が校門でビラをまいている。迷惑だからやめさせてくれ」という電話がかかってきたというのです。驚きました。本人に言えばいいものを、本人には一言も言わずに、わざわざ館長に電話するとは! 

 館長はこのとき、「渡辺さんの『迷惑』は真摯だから『迷惑』じゃない」という手紙をくれました。

 2年後の1989年、卒業式に私が出席することになったのですが、来賓席に座ると事が大きくなると思い、父母席の一番後ろに座りました。この小学校ではすでに卒業式に日の丸君が代を導入しており、私はそのことを知っていたのです。私は君が代で起立しませんでした。まわりの父母はみんな立っていたので、見えないと思ったのですが・・・。

 学校から怒鳴りこんできたと思いますか? いいえ、まったく逆に校長が神妙にわざわざ菓子折りまで持って、児童館に来て、館長(まえの人とは違う人)に、「お宅の職員が君が代で起立しなかったが、学校では問題にしないから」と言いに来たのです。どういう意味? 完全に不明です。

 そのときの館長は気の小さい事務方の男性(専門職ではなく、区からまわされてくる)で、なにか気がかりなことが起こりそうになると、「鶴亀鶴亀(面倒なことが何事も起こりませんように)」とまじないを唱える癖がありました。それは毎日のことでした。子どもも覚えてしまって、その年の文集の館長の文章の下に、鶴と亀の絵を描いていました。

 このときも、校長が帰ったら館長は「鶴亀鶴亀」と唱え、「渡辺さんの『迷惑』は真摯」だとは言いませんでした。ちなみに、この館長は女性職員をアメリカ女性に例えればだれかといって、職員の受けを狙おうとしていたのですが、私の同僚は「ベティ」、私は「ヒラリー」でした。私がこわかったのかもしれませんね。

 さて、ここからが大事なところです。

 そのまた次に、私は「アカ二」だった小学校の学童クラブに戻りました。1994年のことです。この頃、日の丸君が代の押し付けが始まっていたのでしょうか。先生たちは工夫に工夫を重ねていました。年ごとにおいつめられつつ、それでもできるだけ子どもには聞かせたくないという思いだったようです。最初の変化は前の年までまったくなかった日の丸が校庭の国旗掲揚塔になるべく目立たないように挙げられ、子どもが入場するまえに音楽のみの君が代が流れました。が、「起立」の声はなかったと思います。次の年は、校門に日の丸、歌の君が代を流し、そのまた次の年は、式場正面に広げて貼るのではなく、隅っこのポールに下げ・・・やがては君が代も歌わせるという具合です。

 私が出席したときは、子どもの入場前に曲を流すというやり方でしたが、「起立」という号令がかかりました。私はとっさに、「起立しなくてもいいんですよ。するかしないかは自由です」と大声で言いました。そうしたら「自由でいいんですか」というようにざわめいて、起立しない父母がちらほらありました。このときは、校長が館長に菓子折りを持ってくることもありませんでした。校長はともかく、先生たちは支持してくれたのでしょう。でもそれ以来、卒業式には出席していません。

 1999年に国旗国歌法が制定され、当時の小渕首相は「義務付けはしない」と答弁したが、2003年に10.23通達(都教委による事実上の教員への日の丸君が代強制の通達)がでて、起立しない教員は処分されるようになりました。本土の捨て石にされた沖縄や自由を誇った都立高校での日の丸の掲揚率、君が代の斉唱率もほぼ100%に。

 いま、調子に乗った大阪市長は教育基本条例設置を叫び、石原都知事も「教育を破壊する」と言っています。

 先生たちの1人、2人ではなく、8割、9割が拒否すれば(ほんとうはその考えの人がほとんどなのですからね)止めることができたと思うのですが・・・。だってそんなに大ぜいをクビにしたら、学校は次の日から困るのですから。それにそんなに大ぜいが裁判を起こせば裁判所ばパンクしたかも!

 しかし、ここでも人間は弱いのでしょう。「教え子を再び戦場に送るな」と言ったのはだれでしたっけ? 同じ苦しみを繰り返すことがわかっているのに、よくも平気でいられるなあ。

 やっぱり、人間、性悪説か・・・。性弱説か・・・。
[PR]

by lumokurago | 2011-12-26 19:50 | 社会(society)

試写会での挨拶

c0006568_8244274.jpg
 110名ものお客様で超満員に。
c0006568_8252592.png
 顔面神経麻痺のため、口がうまくまわりません。

 本日は暮れの忙しいなか、こんなにおおぜいのみなさまにお集まりいただきまして、ありがとうございます。まず、私の病状ですが、映画のなかにもでてきましたが、耳の近くにある蝸牛骨のそばを通っている顔面神経を、転移したがんが圧迫しているために起こる顔面神経麻痺が、再びひどくなったため、放射線をかけています。

 もう1か所、胸椎(背骨)に20回の予定でかけはじめました。これは9月はじめ頃から背中が痛くなり、痛い場所は右から左、背中から胸と移っていたのですが、胸椎への転移が大きくなって脊髄を巻き込んで神経痛を起こしているということで、行なっています。

 骨転移というのは、がんが成長するために骨を溶かして、できたすきまを埋めていくんですね。だから骨がもろくなって折れやすくなっています。今回放射線をかけている転移は大きいので、がんが放射線で小さくなると、胸椎が空洞になっているわけだから、それがつぶれることになります。まっすぐにつぶれればいいけれど、斜めにつぶれるとそこから下の部分に麻痺がおこるそうで、その場合、24時間以内に緊急手術を行なうと麻痺を防げるそうです。

 通常、放射線治療は毎日行なうのですが、麻痺がおこるかどうか様子をみながら1日おきに行なっています。途中で麻痺がおこらなければですが、来年の1月いっぱいくらい治療がつづくことになります。まあ、麻痺がおこると言っても5割にも起こるわけではなく1割か2割だそうなので、そんなに神経質になる必要はないと思います。

 肺と肝臓にも転移があるのですが、肺転移にはホルモン剤がよく効いて、いまのところCTにも映らないほどに小さくなっています。肝転移はホルモン剤があまり効かないらしく、64ミリの大きさになっています。肝転移に放射線をかければ延命できるということなのですが、延命しているあいだに骨転移が育ってくると、またひどい痛みがでたり、麻痺がでたりするかもしれないので、延命するかしないかは人生観の問題ということになります。

 さて、この映画ですが、ひょんなことからビデオプレスの佐々木さん、松原さんと知り合って、こんな映画を作っていただいて、とてもうれしく思っています。私はもともと寡黙なうえ、学童クラブで働いていて、子どもや保護者の話を聞くことが仕事だったということもあって、ふだんから人の話を聞く立場になることが多いのです。人の話を聞くことは得意です。私は若い頃から個人通信をつくりつづけ、ものすごい量の文章を書いてきた、書くことで自己表現してきたということはあるのですが、「話す」ということはあまりなかったと思います。それで今回インタビューを受け、自分のことを話せるのがうれしくて楽しくてしかたがありませんでした。自分のことを思いきり話せるというのは快感ですね。

 私は「主権実現の手段としての裁判」という、香川県在住の生田暉雄弁護士が提唱する本人訴訟で杉並区の教育裁判をたくさんやっています。ちょっと裁判の宣伝になってすみません。国民主権と言っても、選挙に行くのは3割から4割しかいないし。デモに行く人はほんの一握りです。主権を行使する手段としては裁判という方法もあるんですね。本人訴訟の裁判というのは、弁護士に依頼せず、自分たちで訴状や準備書面を書くので、お金はかかりません。印紙代の13000円だけです。安倍元首相を訴えたりもしたのですが、法廷で口頭陳述すると、主権は自分にあると実感することができます。それはすごい開放感なんですね。この映画で自分のことを話したのも、同じくらい気持が開放されました。近藤先生はテレやなのか、自分がでている映画とか番組は見たくないとおっしゃっていましたが、私は目立ちたがり屋らしく、喜んで見ました。

 なによりうれしいのは、日本の医学界全体を敵にまわして真実を訴え続けてきた異端の医師である近藤誠の理論を広めることができることです。彼はあと2年で定年退職を迎えます。彼は35年以上の医者生活で、患者を診ながら勉強に勉強を重ねた結果、「がんは無治療がいい」という世間から見れば衝撃的な結論にたどりつきました。彼は勉強が大好きで、勉強が趣味なんですね。そうやって勉強してきて、たどりついた真実を微力ながら広めることができたらと思っています。

 やはり「がんは治る」という本はウソでも売れるけれど、私の本のような「治らないものはあきらめよう」などという本は売れませんからね。宣伝しておきますけれど、近藤先生は来年、「がんは無治療のほうが長生きできる」という本をだすそうです。私も前著をもっとやさしく解説し、医療信仰や過剰医療を批判した、読みやすいはずの本をだすことになっています。

  「乳がん 後悔しない治療」を読んでくれて、乳がんがみつかったけれども無治療を選択した人が2人もいるんですよ。乳がん自体では死ぬことはなく、いまはピンピンしているのに、治療すれば抗がん剤も勧められ、リンパ節廓清などしてしまうとリンパ浮腫になる恐れがでて、いまの快適な生活が壊され、やりたいこともできなくなってしまうということなのです。一人のかたは農業をやっているのですが、「20年後生存率」よりも、「5年間幸せ率」を選んだそうです。一度変な医者にかかってしまうと、「抗がん剤をやらないと何年以内に再発する」などと脅されてバトルも大変ですからね。彼女はがんが大きくなって生活に支障がでたり、転移したときに、自分の考え方を理解してくれる医者がいるのかを心配しています。だから、小さいうちにしこりだけ切り取ってしまう選択肢もあるよ、近藤先生が定年退職するまえでないと、そういう対処法を認めてくれる外科医もいなくなってしまうかもしれないから、あと1年位様子をみて、大きくなるようなら考えてみたらと言ってあります。それは乳がんが命に関係ない乳房のがんだからできる対処法です。内臓のがんであれば、そういう小さい手術でも後遺症がでる恐れがあるので、何もしないほうがいいです。

 この映画をみてくださったかたが、行き過ぎである現代医療に疑問をもち、医者のいいなりにならずに自分で勉強して、がんには「無治療」という選択があるのだということをわかってくださればと思います。

 先日、亡くなった絵本作家の佐野洋子さんの「死ぬ気まんまん」を読みました。佐野さんは私と同じ乳がんの骨転移で苦労したみたいです。言いたいことをはっきり言う(書く)かたで、これも痛快なエッセイとされているのですが、がんに対してはかなりおおざっぱな性格ではないかと思わせられます。書かれたことから推測するだけですが、どうもがんについて何も勉強せず、医者のいいなりになっていたようなのです。点滴されている薬の名まえも知らず、名まえはわかっていても何の薬なのか知らなかったという記述があります。佐野さんが質問しないのも悪いですが、それ以前に医者がちゃんと説明していません。頭がツルッパゲになった点滴注射も何の薬なのか知らないのです。佐野さんが「なんの薬ですか?」と質問すると、医者は「佐野さんは延命治療を望んでいないけど、ぼくは佐野さんには長生きしてもらいたい」などといって煙に巻こうとしました。意地悪を言うようですが、患者が長生きすれば薬が売れますからね。医者の言うことを正直に受けとってはいけません。この部分の記述はかなり省略されているのですが、その点滴は抗がん剤で、佐野さんに知らせず医者が勝手にやっていたとしか考えられません。こんなことが許されるのでしょうか? 患者が延命治療を望んでいないことを知りながら、勝手に抗がん剤を点滴するなんて。それに佐野さんが何の薬か知らないと書いていた「ハーセプチン」も抗がん剤の一種なのです。これも勝手に点滴するなんてひどいんじゃありませんか? 副作用もあるのに、説明もしない。患者の人権無視です。

 この本に載っている二つ目のエッセイ「知らなかった」はもっとまえ(1998年)に書かれたものだということなのですが、「もう病院には行きたくない。薬は怖い。医者は信用できない」という言葉が何度もでてきます。なんの説明もないので、はじめ読んだときは、このエッセイも乳がんになって書かれたものと思いましたが、どう考えてもつじつまが合わないので、よくよく読み返してみたら、乳がんになるまえにかかった、数万倍もつらかったという神経症のことのようです。ここでは「もう病院には行きたくない。薬は怖い。医者は信用できない」と何度も書いているのに、乳がんになってからは医者のいいなりになっているのはどういう心境の変化なのでしょうか。何も書かれていないのでわかりませんが、別の病気であっても、一度病院、薬、医者に対する正しい認識―薬は怖い、医者は信用できないというのが正しい認識なのです―を身に付けたのに、それをなぜか覆してしまったのが残念です。

 亡くなった佐野さんを悪く言うつもりはありません。でも医者がひどすぎなのに、自分を守ることができていません。命を救うはずの医者が信用できず、患者が自分で勉強するしかないというのもひどい話ですが、原子力発電所の事故にしても起こるべくして起きたもので、多数派の学者や政府はいままで国民をだましていたのですから、同じことです。この事故で国民も自分の身は自分で守らなければならないということに気づきました。原子力をめぐる利権の構造が「原子力ムラ」と呼ばれるようになりましたが、医療の世界も同じです。薬や検査をめぐる利権の構造があるのです。近藤先生は原発事故のまえに「抗がん剤ワールド」という表現をしています。抗がん剤も儲かるんですね。

 さて、今日は遠くから来てくださったみなさまにお別れを言うつもりででてきました。すぐに死ぬというわけではないかもしれませんが、骨転移がひどくなると外出がむずかしくなると思います。

 私の一生はとても幸せな一生でした。やりたいことをやりたい放題やってきて、何の後悔もありません。多くの友人と交流し、仕事では子どもたちに力をもらい、充実した毎日を過ごしてきました。一昨年、「余命1年」と言われたときに、友人が全国から会いに来てくれ、生前追悼文集もつくりました。それで十分ですので、お葬式はやりません。うちにお焼香にきてくださるのも御遠慮申し上げます。うちでは私も妹も無宗教で、両親の命日にもお線香をあげません。お花も猫がいたずらしてしまうので、御遠慮申し上げます。もちろんお香典も。お金は生きている人のために使いましょう。

 葬式はやりませんが、なにかのときに、社交辞令でも「若すぎた」なんて言わないでくださいね。世界中ではいまも二秒だかに一人の子どもが死んでいます。日本だけを考えれば少し早いかもしれません。でも世界的にみれば60歳近くまで生きたらもう大往生なのです。それから「無念だっただろう」とか「やり残したこと」がどうのとかも言わないでください。そんな気持ちはまったくありませんので。

 そうですね。あと一つやりたいことがあるとすれば、学童クラブの仕事を約30年間してきて、子どもたちのことを思い切り話すことかな。中間まとめの本はだしたのですが、その後の子どもたちのことも話したいです。いま、どんなに子どもたちが大人から迫害されているかを。どなたか興味のあるかたが講演会を企画してくだされば大喜びで話します。1回ではとても終わらないので、連続講座にしましょう。

 骨は砕いて、計画的避難区域になってしまった福島県川俣町山木屋の牧場にまいてもらうように頼んであります。私の心のふるさとである牧場です。ここは牧場主が「花咲き、鳥の鳴くでんでら野」にするつもりだったのですが、汚染されたためにできなくなってしまいました。いずれは開墾するまえの森に戻るだろうということです。

 私のことはすぐに忘れてくださってかまいません。生きているあいだが大事なのです。生きている「たった一人の人」を大事にしてください。「たった一人」からすべてははじまるのです。「たった一人」が世界につながるのです。これが遺言です。今日はどうもありがとうございました。

*****

 通路に座る人がでるほどおおぜいの方が来てくださって、アンケートの内容も「ほめすぎでは?」と思うものばかり(ごめんなさい)。こんな私ですので、ご批判があれば遠慮なくどうぞ!

 と憎まれ口をきいていますが、ほめられるのはいくつになってもうれしいですね。とてもとてもうれしかったです。一番の遠方は三重県からのお客様ではないでしょうか。遠いところ、ありがとうございました。メールもたくさんいただきましたが、これでみなさまへのお礼に代えさせていただきます。ほんとうにありがとうございました。

 レイバーネットに掲載された報告はこちらです
[PR]

by lumokurago | 2011-12-24 13:21 | がんと闘わない生き方

「容子からのメッセージ」完成試写会

c0006568_17504275.jpg
 ★映画「容子からのメッセージーがん もう一つの生き方」試写会

 12月23日(金・休)13:30開場 14:00開演
 なかのゼロ視聴覚ホール(中野駅徒歩7分)
 参加費 1000円
 主催:ビデオプレス 03-3530-8588


*****

 1年半に渡って取材をつづけてこられたビデオプレスさんの作品が完成します。なんと母島にも行ったんですよ。おおぜいのみなさまにご協力をいただきました。11月13日の試写会でもご意見をいただき、直すところはまた直したそうです。どんな作品になったかな?

 がんは世間で恐れられているような病気じゃない、がんにかかっても楽しく生きられ、がんで死ぬのもそんなに悪くない、そんなことが伝わればと思っています。がんに対する知識も増すことができますよ。Dr.A、Dr.Kが登場して解説してくれます。

 みなさま、ぜひいらしてください。当日、余裕があれば和服で参加したいと思っています。
[PR]

by lumokurago | 2011-12-23 18:00 | がんと闘わない生き方

明日試写会です

 今日も放射線治療に行き、疲れてしまいました。明日、着物を着るのはあきらめ、この日のために伸ばしていた髪も切ってしまいました。放射線のあたったところ(頭蓋骨の下の方にかけています)が抜けてしまうからです。長い髪の毛が抜けると始末が大変ですから。

 羽織だけ着ていきますね。どんなファッションになるでしょうか?
[PR]

by lumokurago | 2011-12-22 20:51 | きままながん患者

放射線治療5回目

 今日は病院玄関から放射線科までは車いすでしたが、診察室と治療室には杖で入りました。座っているところから少し歩くのはそう大変ではないのですが、ベッドから起き上がるのがちょっと大変なのです。それでまだベッド上の生活をしています。とりあえず「痛い、痛い」と声がでてしまうほどの「激痛」はなくなりました。ありがたいことです。

 病院通いは1日おきですが、それ以外の日にヘルパーさんが来たりするので、なんとなく忙しい生活です。疲れています。でも好きなお医者さん&やさしい技師さんたち(技師さんにお世話になるのも合計100回にもなる)に会えるので、元気に通っています!! 

 あさってが祝日なので、あさっての分、明日また病院です。あさっては上映会。着物を着ていくのは無理かなあ・・・。
[PR]

by lumokurago | 2011-12-21 20:07 | 転移がんの治療(無治療)