暗川  


写真日記
by lumokurago
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 12月 ( 35 )   > この月の画像一覧


『壁』 安部公房

 『壁』 安部公房  これも古い。奥付は「昭和」44年、ということは1969年。いま読めばいろいろと象徴的な意味など考えてしまうが、当時はおそらく自由きわまりない発想、シュールな展開に引きつけられたのだろう。なにしろ、人間から「名刺」が分離して、そちらが本物のようにふるまい、本人は広野で果てしなく成長する壁になってしまうのだから。

 こんなお話がかけたらおもしろいだろうなあ・・・。と思って、安部公房は何冊も読んだが、『壁』以外は処分してしまったようだ。

 『砂の女』の感想を最初にだした通信『Burst』に載せた覚えがあるので、ここに掲載したいと思ったが、家の建て替え騒ぎのため、どこかにしまいこんでしまった。もしみつかって、間に合えばあとで掲載します。主人公が砂の穴に閉じ込められ、脱出するために四苦八苦するのだが、いざいつでもでられるとなったときには脱出などどうでもよくなった、そんな物語だったと思う。人間の希望とはなんなのか。発想を転換させればまったく違うものが見えてくるということを学んだ覚えがある。
[PR]

by lumokurago | 2011-12-03 11:44 | 本(book)

FRYING DUTCHMAN 「humanERROR」

 

 こんなアーティストもでてきたんですね。すばらしい! ぜひ聞いてみてください。吉美さんに教えてもらいました。拡散希望。

 <話題沸騰中の反原発ソングを歌うバンド『Frying Dutchman』
ボーカルを務めるLee Tabasco氏に現在の胸中を聞いてみたぞ!>
 http://youpouch.com/2011/12/01/45376/
[PR]

by lumokurago | 2011-12-02 18:42 | 原発

弁論期日請書

 三宅さんの裁判で、書記官から期日請書に原告全員の署名捺印が必要だと言われていることについて、次の記事を書いた。

 書記官のいやがらせ
 
 その記事に対して「えりんぎ」さんから以下のコメントをいただいた。

*****

 期日請書の提出を促すことは書記官の「思いやり」であり「嫌がらせ」ではありませんよ。
 裁判所にとって期日呼出しは、出頭しない者に対して法律上の制裁その他期日の不遵守による不利益を課すことができる(民訴法94Ⅱ)要件となる非常に重要な手続であり、同手続を疎かにすることは決してありません。
 そこで、代理人のついていない原告の場合、期日呼出しの方法には①呼出状の送達②期日請書の提出と2つの方法があります。
 ただし、①の場合は一人あたり特別送達で1040円もの多額な費用(合計1万円弱)が生じることから、書記官の「思いやり」で安価な方法で行える②の方法によったのだと思います。
 ②の「期日請書の提出」の方法によれば、原告の方々の家を回らなくても、普通郵便やファクシミリでやりとりすれば、迅速かつ経済的に行うことができ、原告の皆さんにとって非常に有益な方法といえます。
 以上について、ご理解のうえ、担当書記官と良好な関係を築かれることを願っています。

*****

 そこでいま、和田中夜スペ裁判の「送達代表者(送達場所)」になっているTさんに、この裁判ではどうなっているか聞いたところ、以下の返事をいただいた。

*****

 違法和田中裁判控訴審では、期日呼び出しについては何も言われてませんね。送達代表者は私になっていますから、来るとしても私宛だけで済みますが、期日に関してはFAXも郵便も通知無しです。
 審理は基本的に控訴人全員が出席しているので、その場での次回期日確認で良しとしているのでしょうか?

*****

 いままでにおこなった裁判では書類の送達はどうだったのかをよくよく思い出してみるところ、最初はなにも知らなかったので「送達代表者(送達場所)」も指定せず、原告全員(10人くらい)に1040円(特別送達)をかけて送ってきていました。その後、原告が100人を超すようになりお金がかかって大変だと思っていたところ、「選定当事者」という制度があることを知り、それを利用しました。「選定当事者」とは複数の原告がいる場合、弁護士がいない本人訴訟では原告の代表を選定して、書類はこの人たちだけに送ってもらうようにする制度です。この制度を使うようになってからも、選定した数人に1040円(特別送達)をかけて送って来ていました。いずれの場合も郵送料がかかって大変なので、裁判所に交渉して、代表者がでむいて直接受け取るようにしました。この方法だと1人分の交通費ですみます。しばらくその方法を取っていましたが、その後「送達場所」を指定する制度を知り、書類は全部代表者に送ってもらうことにしました。そうすると郵送料が一人分だけですんで、お金が節約できます。

 しかし、期日呼び出し状が送られてきた記憶ははっきりしません。Tさんのおっしゃるように、法廷で次回期日を確認し、文書はとくに送ってこなかったし、期日請書もだすように言われたことはないと思います。

 「えりんぎ」さんの言われるように、期日呼び出しが重要な手続きで疎かにできないものであるならば(それはそうなのでしょうね)、いままでの私たちの裁判の書記官は善意で省略してくれていたとしか考えられません。こんなところに正直に書いてしまえば、これからその「善意(親切)」ができなくなる可能性もありますね。どうしよう?

 三宅さんの裁判では、これから原告をたくさん集めた場合、三宅さんを「選定当事者」に選定すれば、面倒な手続きはなくなるでしょう。
[PR]

by lumokurago | 2011-12-02 10:12 | その他裁判関係

南伊豆健康学園廃止決定

 昨日の文教委員会で、南伊豆健康学園の廃止が決定されたそうです。反対したのは、原田区議(共産)と委員外参加の無所属区民派(けしば、新城区議)。生活者ネットは賛成したそうです。10年以上まえ廃止が決定されたのですが、保護者らの存続要請によって山田前区長でさえ撤回せざるを得なかったもの。

 南伊豆健康学園はぜんそくなど健康上の理由のある子どもが自然のなかで健康を取り戻すという名目でつくられたものですが、私が学童クラブに勤めていたあいだに被虐待児の緊急避難先として、3名がお世話になり、成長して戻ってくることができました。児童虐待が激増する現在、ますます必要とされる施設なのです。被虐待児に適切な保護、援助をしなければ、大きくなってからとても大変なことになります。子どもは親を選べません。子どもに罪はありません。親が育てられなければ、社会の子どもとして育てなければならないのです。

 どうかどうか、杉並区在住のみなさま、健康学園廃止を撤回させましょう。区役所に声を届けてください。
[PR]

by lumokurago | 2011-12-02 09:35 | 杉並区

ファシズムスコア

こんばんは。
兄ちゃんはそろそろ去勢したほうがよいかもしれませんね。
人間の勝手ですが。
当院書斎の姉か妹は避妊手術をうけさせました。現状は
テリトリーの拡大のため家の中を冒険しています。
常識ある欧米人なら天皇を利用して日本を統治することに
違和感を覚えるのは当然だと思います。日本国民は統治
されることに慣れた従順な人間の群れです。そうじゃないと、
あんなバカげた戦争はできなかった。そこを見抜いていた
アメリカは流石というべきでしょう。上位下達じゃないと
日本人は動けないのは今も同じ。
小田実は全く知らないのですが、アドルノだったかがいった
ミクロロギアすなわち下位上達ともいうべき視点を持ち続けた
のは賛成できます。リベラルなんでしょう。私のようにアメリカが
嫌いというのでもなく。
私はいま吉川英二の三国志を読んでいます。実は、中国のある
工科大学の先生と共同で老人の動作の危険(転倒など)について研究する
予定でして、その前に中国について少し知っておこうというわけです。
あらすじは知っていましたが、改めて地図を見ながら読むのも
面白く8巻のうち6巻を読み終えました。すこし飽きてきましたが。
痛みは放射線療法が急がれますかね。そのあと神経ブロックでしょうか。
網野  11.25


 こんばんは。兄ちゃんの去勢は月曜日にすることにしました。今日、獣医さんに頼みました。
 日本人、かなしいし、つまらないですね。いつまでもこのままいくのかなあ。地震が起こりやすくなっていますから、そう遠くない将来、また原発事故が起きて滅亡するでしょう。見届けられないのを残念というべきか、幸せというべきか。へへ、ほんとのこと言うと人類は早く滅亡したほうがいいと思っているのです。人類が滅亡して何万年か何百万年か経てば、地球はもとの自然に戻るそうです。「天空の城ラピュタ」みたいに。

 小田実ですが、アメリカについてこういう言い方をしています。

 ニューヨークはもとはインディアンが住んでいた。そのあと、いろんなヨーロッパ人、彼らが奴隷に連れてきた黒人、安価な労働力としてやってきたアジア人やラテン・アメリカ人も加わって作ってきた都市である。これを大きくすればそのままアメリカだが、もちろん平穏無事に作ってきたのではない。差別あり、抑圧あり、それに対する闘争あり、闘争に対する過酷な弾圧ありの歴史だ。最近になってようやく、人種にしろ文化にしろ、このゴタマゼのあり方が、アメリカの一番大事なものだということがアメリカ人自身に分かってきた。
 その異質の価値をもつ人間が対等、平等、自由に、ともに住むこと、それをうまくやってのける政治技術、それが民主主義のはずだった。しかしアメリカは9.11以後変わってしまった。昔ながらの白人中心のるつぼ社会になり、再び差別が横行しはじめている。多くのアメリカ人がテロに勝つような強いアメリカを望み、世界最大、最強の軍事力を使ってやりたい放題。アメリカには政治の復元力があったが、それを失ってしまった・・・

 これは小説に登場するアメリカ人に言わせているのですが、小田の考えだと言ってよいと思います。甘いですよね。なぜ9.11が起こったのか、それは9.11以前にあれだけのテロを受けてもしかたのない悪事をはたらいていたからです。そこをなぜ言わないのか。納得できません。私も先生と同様、物ごころついて以来(ベトナム戦争の影響大か)アメリカが大嫌いで、はっきり言って敵意しかありません。

 話は飛ぶのですが、3年くらいまえまでうちに下宿していたベルギー人の女の子がいます。芸大の先端芸術の大学院に国費留学していました。その子がベルギーにも差別があるという話をしたので、とても驚きました。あんなに小さな国でオランダに近い地域(ブリュッセル近辺)の人はオランダ語も話す、彼らはフランス語しか話さない人々を差別しているというのです。差別は人間のいるところ、どこにでもあるのですね。彼女は何ヶ国語も話すので、いろんな国の新聞をネットで読んでいて、言論統制はアメリカが一番ひどいと言っていました。ヨーロッパもひどいみたいですが、一番まともだと言ったのはたしかスペイン。ついついアメリカのジャーナリズムはまだまだ自由なのかと思ってしまいますが、ぜんぜん違うようです。
 ついでに・・・芸大は権威主義の大学で、学生は教授の顔色ばかりうかがい、自由な勉強などできていないそうです。彼女が自由にやれるのは外国人だからだと言っていました。そして日本人の学生はなんの根拠もなくヨーロッパ人にものすごい劣等感をもっていて、彼女に話しかけてくれる人はほとんどいなかったそうです。留学生のなかにはうつ病になって中途で帰国した人もいたと。日本人はやはり統制と上意下達が好きなのですね。

 話がずれまくりました。小田実のアメリカ理解には納得できませんが、アメリカがいままで「戦争をする側」にいて、「される側」(国土を攻撃されたことがない)になったことがないなどの指摘は当たっていると思いましたし、戦争に対する考え方でその通りと思うこともたくさん書いてありました。
 「三国志」は子ども向けに書きなおしたものを読んだことがあります。項羽と劉邦でしたっけ?(後注:これは「三国志」とはまた別な話みたいです)。ダイジェスト版はおもしろかったです。たしかマンガにもなって、子どもが読んでいました(後注:これは「三国志」)。原作も読むのが大変かもしれないけどおもしろそうですね。 渡辺容子  11.26


こんにちは。
兄ちゃんによろしく。
日本は民主主義のプロセスが
歪ですので、しばらくは今の
状態が続くでしょう。
権威主義的傾向は医学と
地震学に強く、害毒を流し続けて
来ましたね。
アドルノの提唱したファッシズムスコア
がありますが、これは権威主義の傾向を
知る心理学的方法でしょうか。日本でも
研究者がいるようです。
最近競馬はちっとも当たりません。ツキが
逃げて行ったようです。
いずれ人類は滅ぶでしょう。次の征服者は
どんな生物でしょうか。なんでもかまいませんが。
網野  11.27


 こんばんは。東京新聞1面の本の広告にみすず書房「臨床医学の誕生」フーコー、「哲学のアクチュアリティ」アドルノ、「進歩の終焉」ステント・・・が載っていました。先生が読みそう。むずかしそう。「天皇の逝く国で」増補版N・フィールド、まえに読んだけど、友人に貸したら帰ってこないので、また買ってみよう。隣りに「山本五十六」半藤一利も載っていました。
 東京新聞筆洗にはカタログハウスがテレビ朝日のCMで「原発国民投票」を宣伝しようと考えたが、テレビ朝日が拒否したと載っています。「原発国民投票」に政治家の関心は薄く、批判的な声すらあり、そこには理性的な判断は国民にはできない、という蔑視が潜んでいるように思えると書いてあるのですが、私は逆の意味で理性的な判断は国民にはできないと思っています。小児科医の山田真さんが地震直後の都知事選で石原が圧勝したことで、「この国では多数派を取って勝つことはできない。それ以外の方法を考えなければ勝てない」とおっしゃっていたように(前にも書きましたかね)。
 兄ちゃんは朝ごはんの後、絶食で、かわいそうです。 渡辺容子  11.27


こんばんは。
去勢も絶食して手術ですか。麻酔しますからね。
中性にされるのは少しかわいそう。手術が
終わって退院したら、ご馳走をお願いします。
政治は大衆のレベルですから、国民投票は
幻想でしょうね。第四の権力マスコミが誘導してしまうし、
国民は保守的権威主義的で、自由からは逃走しています。
改革は無理。
しかし、直接民主主義は必要と思っています。
ちょっと調べたらミクロロギーはベンヤミンとのことです。
今年は死ぬかと思っていたら、もう11月が終わり。
なんとなく生きてしまいました。危険行動の研究といっても
つまらない。すべては結果論ですからと虚無的になっています。
もしかしたら一冊出すかもしれません。構想はできているので。
少し書き始めると惰性で行けるかもしれませんね。イタチの最後なんとかに
なるでしょうか。
網野  11.27


 こんばんは。兄ちゃんは無事帰って来てお刺し身を食べています。かかりつけの獣医さんがもう年なので麻酔の許可を取っていないからできないというので、別の獣医さんにかかりました。犬猫の保護活動をやっていて、たくさん持ち込まれ、その犬猫が妊娠していた例もあり、貰い手探しが大変だが、なんとか見つけているとのことでした。たくさんの保護した犬猫の写真を見せてくれました。その後、先生のところは大丈夫ですか? 捕獲器が必要なら、お返しします。こちらはいろいろ大変なので躊躇していますので。

 ところで大阪府・市はファシストが勝ってしまいました。ファシズムスコア、ネットで探してみてみました。やはり日本人のFスコアは相当高いですね。「自由からの逃走」スコア、「強い者に頼りたがる」スコア、「権威大好き」スコア・・・など、いままでになく高くなっているのではないでしょうか。原発のみでなく日本の危機だと思います。アメリカに利用されアメリカのために日本の若者が血を流す日も近いと思われます。
 直接民主主義が意味を持つのは、人民が成熟してからでしょう。ファシストを選んでしまうような卑屈な人間にはもったいないです。しかし、今回の選挙をみていると、民主主義なんていいものなのかどうかわからなくなります。ドイツも選挙でヒットラーを選んだのだし。

 一度、スキーにいらしたらどうでしょうか。気持ちがすっきりすればまたやる気がでるのでは? 近藤先生も「がんは無治療が長生きする」とかいう本を書いています。先生の本も楽しみにしています。私が生きているうちに書いてくださいね。 渡辺容子  11.28


こんばんは。
兄ちゃん帰り安心しました。贅沢ですが
お刺身はご馳走でよかった。彼も辛いが宿命で仕方ない。
大阪の選挙で日本人の望んでいることが、はっきりしたでしょう。
いかんせんこれを防ぐことはできないように思われます。日本人は
自由から逃走し始めていますね。
当院の猫は駐車場に2匹、2階ベランダに3匹、書斎に1匹で、すべて
避妊去勢が済んでいます。寒くなって他所から寄ってきていますが、
テリトリーが違うと悟って、どこかえ消えています。ですので、捕獲器は
現在のところ必要ありません。
本が書けるかどうか、スタートできません。気分転換が必要ですかね。
当面は中国の先生方との付き合いです。
網野  11.28
[PR]

by lumokurago | 2011-12-01 11:28 | Dr.Aとの往復メール