暗川  


写真日記
by lumokurago
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2012年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧


神戸酒鬼薔薇事件は冤罪である(全部のリンク先)

 excite.ブログのアクセス解析の方法が変わって、検索キーワードのみでなく、記事別アクセスが表示されるようになりました。

 訪問者数(UU):
  一定期間に複数回訪問した人も1人とカウントします。
  1人が5ページ見たら、訪問者数は1。この数値のことをUU(ユニークユーザー)数といいます。ちなみにユニークユーザーは200~250ほどです。

 
 毎日450~650あるページビュウ(アクセス数(PV): 単純にそのページが表示された回数です。1人が5ページ見たら、アクセス数は5になります。この数値のことをPV(ページビュー)といいます。


 このうち、およそ5割が、「神戸酒鬼薔薇事件は冤罪である」であることを知りました。それも毎日です。酒鬼薔薇事件がいまでもこんなに注目をあつめているとは知りませんでした。

 読んでくださるかたは「その2」をブログ内で探すのは面倒なのか、「その1」のみ読んでくださるかたが多いようです。そこでここで記事をまとめてリンクし、全部を読んでくださるようにお願いします。


 「神戸酒鬼薔薇事件は冤罪である」 その1 はこちらです。

 神戸酒鬼薔薇事件は冤罪である その2

 神戸酒鬼薔薇事件は冤罪である その3

 神戸酒鬼薔薇事件は冤罪である その4

 後藤昌次郎弁護士の言葉   『神戸酒鬼薔薇事件にこだわる理由(わけ)』より引用

 とても大切なことが書いてあります。ぜひお読みください。
[PR]

by lumokurago | 2012-02-11 09:37 | その他裁判関係

公園の猫たち

c0006568_20373053.jpg
 おはようございます。

外猫の世話をすると、雨が嫌いになります。
自分自身もシンドいわけですが、猫たちはもっとシンドくて、場合によっては体調を崩す事になります。

夏のゲリラ豪雨や台風の日、草陰から濡れネズミで出て来るゴエモンや、あんごあんご嬉しそうに飛び出して来る神社の狸子を見て、雨でも雪でも行かないと可哀相だと思いました。

外猫の世話で気づくのは、つまり社会的弱者という事です。ペットだった猫が捨てられて、自分らでご飯を見つけ、劣悪な環境で生きていく。
それは、社会に捨てられたホームレスの構造とよく似ています。
ぼくは人間の世話まで出来ません。
また、ホームレスの世話をしている人は猫の世話までしないでしょうし、分担というか、割り振りなんだと思っています。

もちろん、困っている人が目の前に居たら話は違いますが。

そんなわけで、狸子の世話が5月で2年目になり、1日も休まず通っているのは、たぶん、そうする事で、社会的<貧困の>弱者たる自分が映し身になって、どこかで救われる気もして続けている部分もあるようです。
猫に救われるというのは、そういう事もあるんだと思うんです。頑張ろうと思いますからね。


それにしても、雨は困りますよ。雪もこれからあるでしょう。


c0006568_20403785.jpg
写真は、雨模様の公園の風景。
噴水、雨の日はやらなくて良いような気がします。

c0006568_20411531.jpg
それと、湧き水の所。地下水の方が暖かくて湯気が出ています。
[PR]

by lumokurago | 2012-02-10 20:41 | 未分類

緩和ケア編 その8

こんばんは。
ふぇみん届きました。
(1月25日号1面に私のインタビュー記事を掲載してくださいました)。
徐々に社会に浸透しているようですね。
今日は、40年ぶりに大学時代の友人に
会いました。それぞれ紆余曲折を経て
老年期に到達しています。後はどういう
死に方をするかですね。  網野 1.31



 こんにちは。近藤先生は放射線がこれから効いてくるから待ってなさいと言って、神経ブロックはあとまわしにしそうです。しょうがないなあ。このあいだもその話をしました。近藤先生ほどの医者でも専門にこだわって、ほんとうに困ります。

 同級生の会、たしか去年もありましたよね。1年はあっというまですね。新築の家ができて、庭に木を植えたら、猫もいるし、やっぱり1年ぐらい生きていたいなあ。

 影書房から 「私の信頼するただ二人の医師
        --近藤誠さんと網野皓之さん」

 という原稿を書くように言われ苦闘中です。

 ロキソニンと副作用止め、ラキソベロンを処方してください。便秘で苦労しています。
 よろしくお願いします。 渡辺容子  2.1



 おはようございます。

 影書房パンフの原稿を書きました。ちょっと読んでみてくださいね。ただし、「ほめすぎ」とおっしゃられても、削除はしません。

 処方箋、よろしくお願いします。右胸の痛みには麻薬は効かず、ロキソニンが効いていたのですが、昨日、病院に行くまえ、まだ痛かったので、やけくそでオキノーム(注:即効性のある麻薬の一種。右胸の痛みのような神経痛には効かないとされている)を飲んだら効きました。なぜでしょう? 近藤先生に聞いたら、「いろいろなことがあるな」とおっしゃっていました。

 腰椎の放射線の照射野を決めたのですが、やはり肝転移の大部分が入っています。照射計画では、偶然入ってしまう部分のみならず、はみでた部分も照射する計画になっていました。私は肝転移は放置すると言ったのに・・・。でもはみでた部分は少しなので、いまから照射計画を変更してやり直してもらうのも大変なので、よしとしました。もう、運を天にまかせるのみです。 渡辺容子  2.2



こんばんは。
神経痛にモルヒネの効果はあまりないというわけですが、
ゼロではないということですね。即効性の場合は効果が
あるのかもしれません。本の間に挟むパンフレットを作るの
でしょうか。重版が決まっているのでしたら、最後の私の肩書に
元をつけて直していただきたいと思います。あるいは単に在宅医としていただくと
正確になります。私の入院でチェックする時間がなかったですからね。
よろしくお願いします。 網野  2.3



 おはようございます。

 オキノームが最後の手段として効く場合があるとわかってよかったです。どこにでも持って歩くことにします。

 説明不足ですみませんでした。あの原稿はビデオプレスの上映会などで売ろうというパンフに載せるもので、映画と一体です。影書房作成です。「後悔しない治療」は径書房です。「本」のほうはいま、編集者が読んでいて、あれでもむずかしすぎると言って、もっとやさしく書きなおしているみたいです。重版することになるかどうかはわかりませんが(残念ですが、そんなに売れないでしょう。4000部も刷ってしまったので)、先生の肩書きのことは伝えておきます。でも、そんなに売れないとしても、あの本をだしてほんとうによかったと思います。たくさんの患者さんや患者さんの家族から相談がありました。無治療という考えを少しは広められたと思います。 渡辺容子  2.3



 こんばんは。。処方箋のお願いがどこかにまぎれこんでしまったようです。今日、市販のロキソニンを買ってみました。

*****

 処方箋をお願いいたします。

 ロキソニン (なるべくたくさん) 
 副作用止め
 オキシコンチン (10mg)
 酸化マグネシウム (たくさん)
 ラキソベロン (5本)

*****

 便秘に悩んでいます。通院の日は途中でトイレに行きたくなったら困るので、下剤の量をおさえ、休みの日は多めに飲んでいるのですが、効き目なし。今夜、たくさん飲んで、明日に賭けよう。(下痢になってしまったときは、コデインを飲んでいます) 渡辺容子  2.4



2月3日
ロキソニン、ガスター、ラキソべロンの処方箋送っています。
先程、空メール送ってしまいました。
現在、パソコン作業中で、こんがらかっています。
机に数台のパソコンが並んでいるため。
ぜひ、3日の処方箋で薬を調達してください。
続けては出せないもので。

便秘には水分の摂取が一番です。
マグネシウムを飲んでも水を飲まなければ
効果が出ません。 網野  2.4



 こんばんは。早速、今朝冷たい水をたくさん飲んだら、1週間ぶりくらいで出ました。すごい効果でした。トイレに行くのが大変、横になっている時間が長く、起きあがって水を飲むのも一仕事なので、ついつい水分不足になっていたのだと思います。 

 微熱の件ですが、あのあと、少し落ち着いて、眠る時間も減っていたのですが、ここ数日、また眠りつづけています。さっき熱をはかったら7度8分で、パジャマもタオルケットもびしょぬれです。自然無手勝流温熱療法か? 触れる首のリンパ節転移が小さくなっています(笑)。

 明日から始まる放射線治療が終わって、(もしも)一段落するようなら、ホスピスに入ろうかと思っています。ブース記念病院からは「介護者が疲れた場合にも入れる」と言われているのですが、可能ならば東京厚生年金病院を希望しています(まだ連絡していません)。ここは体験入院ができます。2年前に訪ねてから半年に1度は電話をくれているし、主治医が近藤先生だと言ったときも、嫌っている様子はありませんでした。

 というのも、このかん、夕飯の支度や配膳(ベッド上で食べている)のため、おおぜいの人が出入りし、妹が疲れたと思うからです。私は人が来ても大丈夫なのですが、妹は極端に人づきあいが苦手です。

 いま、近藤先生の陰謀で肝転移全体に照射することになり、少し延命するかもしれません。「陰謀」というのはほんとうで、私が自分で決めたことを無視されるのは初めてで、調子が狂ってしまいました。よく考えてみれば、延命して苦しむような場合を除き、彼は患者を延命したいだろうし、確信があってのことだと思うので、逆らうのはやめます。

 もうすぐ死ぬ気になって、夜泊まってくれる人を募集したのですが、少し先のことになりそうです。夜、人が泊まるというのも、妹には負担になるので、ギャラリーのほうにも妹が泊まれるようにして、少し避難できるように考えています。

 郵便事情が悪く、配達に2日かかっているようですね。今度からは早めにご連絡します。よろしくお願いします。(足りない薬があれば近藤先生に頼みます)。 渡辺容子  2.5



こんばんは。
厚生年金病院は患者さんを介して間接的にしか知りません。
良い病院だと思っています。医者もよさそう。
医者は患者さんには生きていてほしいのです。
近藤先生の気持ちはよくわかります。無意味な延命で
なければ、生きていましょう。簡単には死ねないよ。
妹さんの休養は必要です。

本日はインターネットの接続状況が悪く、疲れました。
中国とスカイプで連絡しながらですが、どうも中国の
インターネット事情が悪いらしいのです。私も病気で根気が
なくなっています。脳の持続力が低下していますね。
競馬は全く駄目。推理力がゼロでした。ビールを飲みます。
網野  2.5
[PR]

by lumokurago | 2012-02-08 08:33 | Dr.Aとの往復メール

容子看取りプロジェクトについて

★ 3日間TOPに出しておきます。

 容子看取りプロジェクトにご参加希望のメールをくださったみなさま、どうもありがとうございます。合計19名のかたからお申し出いただきました。なかには長年、このブログを読んでくださっていて、お会いしたことがないのに、参加してくださるというかたもいらっしゃいます。そのうちのお一人はなんと神戸在住です。

 まず、お願いしたいのは、看取りプロジェクトが私との初対面(または2回目とか3回目)になるかたは、看取りプロジェクトはともかく、ぜひ私が元気なうちに会いに来ていただきたいと思います。看取りプロジェクトがはじまるころには、病状がだいぶすすんで、あまりお話もできないだろうからです。このことはぜひお願いします。

 土曜日しか泊まれないというかたは4名でした。このかたたちは親戚や親友でもあるので、1ヶ月に1回土曜日に泊まっていただければと思います。ご近所のかたで何度泊まってもいいとおっしゃってくださるかたは1ヶ月に2~3回、そんなに遠くはない都内在住のかたは1ヶ月に1~2回、泊まっていただければと思います。

 ただ、このプロジェクトはアナログ人間の友人たちにはまだ知らせていません。いまから手紙をだそうと思っています。この友人たちのなかで、参加してくれる人がいると思います。だから各人の泊まりの回数はもっと減る可能性があります。

 また、Dr.Kが延命を企んでいるので(彼は患者には長生きしてほしいと思っていると思います。私は彼の希望を踏みにじってまで放置することはできません。延命して苦しむことがわかっていれば、その道はとらないであろうし)、泊まりが必要になるのは当初、この計画を立てたころより遅くなる可能性があります。だから時期についてはますます不透明ということになりますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 プロジェクトに参加されないかたも、元気なうちにぜひお別れに来てください。
[PR]

by lumokurago | 2012-02-07 16:14 | きままながん患者

熊野からの便り

c0006568_9265853.jpg

c0006568_9271612.jpg
 三重県清五郎滝の氷瀑姿(3D写真です)・
c0006568_927495.jpg
 ぐうたら鈴(リン)ちゃん(3Dです)。

 今晩は。体調の方はいかがですか?

 ブログで状態を知り、心配してます。

 東京行きの出張を頂く予定が、他の方がご希望され、無念・・・。
なかなか、じっくりそちらに行くことができなくて、残念です。
容子さん、ブログにも書かせていただいたけれど、ほんとに、初めて書き込みと
いうものをしたのが、容子さんへのものです。

 父のことで悩んでいて、くるくるくるくる、頭の中を駆け巡れどもどうもする
ことができない感情で苦しんでいた時、容子さんのブログに出会い、容子さんの
お父さんのことを知り・・・。なんだか、あっという間でした。

 私もいつか残るいのちと向かい合う日がやってきます。そのとき、容子さんの
ように、ちゃんと向き合うことが出来るだろうか・・・。私という人間の器の小
ささを気づかせてくれ、殻を破りわが道を行くことに将来への希望を見出させて
くれ、思うように生きる強さと自由さにも気づかせてくれた。

 容子さん、ありがとう。あとから言っても伝わらないので、今、大きな声で
(音声はありませんが)伝えておきたい。

 せめて、もう一度会いたい。

 網野先生が もう少し、もう少し、時間をプレゼントしてほしい・・・。

 容子さん 関西では 親しい間柄でいうお礼の言葉・・・

  「おおきに・・・・」

 (鈴さんより)

*****

 おはようございます。ブログ、拝読しています。大雪で大変ですね。職場に通うのもいのちがけ? 台風といい大雪といい、自然の力ははかりしれないものですね。都会にいては気づくことのない、大自然の様子を知らせてくださって、ありがとうございます。

 「おおきに」の声、届きました。私たち、不思議なご縁ですね。ネットのいいところがいいふうにでて、すてきなかたと知りあうことができました。鈴さんと知り合わなければ、(もし長生きしたとしても)一生、和歌山県に行くこともなかったと思います。熊野古道がネパールの山村ににていることも知らなかったと思います。心に残る体験でした。凛とした猫、鈴ちゃんとも知り合うこともなかったし、ほんとうに多くのことをいただきました。こちらこそ、ありがとうございます。

 このメールをブログに載せてもいいですか? 自分の宣伝になってしまうけど、みんなわかってくれると思います。

 近藤先生が延命を企んでいるので、予定より数か月延命するかもしれません。肝転移に照射しなければ1年もたないところですが、1年はいくかな。家を建て替えて、大きくなった庭に木を植えるし、猫2匹もいるので、1年くらいは生きていたいと思っています。

 どうぞよろしく。
[PR]

by lumokurago | 2012-02-06 13:13

内海さんの写真より

c0006568_7485250.png
c0006568_749146.png

c0006568_7492847.png

c0006568_7494057.png

c0006568_7495292.png

c0006568_750516.jpg
 最近、内海さんの写真がなかなか載せられなくて、内海さん、ファンのかた、ごめんなさい。写真がなぜか小さくなってしまいました。内海さん、まえのやり方で送っていただいたほうが、保存などが楽にできます。
[PR]

by lumokurago | 2012-02-03 21:06 | 花 ・樹(flowers&trees)

Yさんが撮ってくれた写真

c0006568_19421819.jpg
 ニイニ。
c0006568_19423059.jpg
 昨日、Mさんがご馳走を作ってきてくださって、私のお抱え運転手のMさんと公園の猫にえさをやっているYさんもみえて、みんなでいただきました。そのときに撮ってくださった写真です。これは電気のひもにじゃれつくミュウです。

 Yさんの日記はこちらです。
[PR]

by lumokurago | 2012-02-02 19:50 | ねこと鳥 (cats&birds)

Dr.K診察日(2回分)

 先週の金曜日と昨日の水曜日(これは突然)、診察があった。

金曜日の相談の結果

 いま行っている「坐骨+大腿骨」は、まだ痛いのでつづける。左上腕骨は痛くなくなったが、ついでにつづける。左足の麻痺の原因病巣がはっきりしないが、いまのが終わったら、第2腰椎までのあやしい部分に10グレイ、広くかける。私から、肝転移は放置でいくことにしたと報告。

 おもしろかった話――慶応病院のシステムが1月からぜんぶ変わってしまい、電子カルテになってしまった。私がそのことを言ったら、Dr.Kは「カルテも患者が書けばいい」と。賛成である。Dr.Kのもとでは、患者は自分の病気の主治医なのだから。

水曜日の相談の結果

 左上腕骨はまったく痛くなくなったので、中止。「坐骨+大腿骨」は予定の15回より1回少ないが、あと2回(計14回)、あさってで終了。来週の月曜日からは、胸椎の下のほうから腰椎にかける。腰椎にかけると肝臓にもかかってしまい、肝転移の大部分が含まれている。照射計画では肝転移全体にかけるようにした。それでいいかと聞かれました。

 渡辺:えっー! このあいだ肝転移は放置と決めたのに。
 近藤:(照射計画の紙をみせながら)大部分には必然的にかかっちゃうんだよね。
 渡辺:(肝転移が腰椎から)はみでているのは少しなんですね。じゃあ、しょうがないか。計画を作り直すのも大変だし。もう、運を天に任せるしかないか。なるようになる・・・。じゃあ、それでいいです。

 というわけで、肝転移にも照射することになってしまいました。

 Dr.Kには私が望んでいないのに勝手に延命しようという謀略があるのでは??

 私が右の胸が痛いと訴えたところ、もう一度第5胸椎にかけようかという話もでたのですが、かけすぎになるらしく「麻痺がでたら大変だ」と、中止になりました。肋間神経痛は薬でコントロールするしかないと決まりました(神経ブロックという手が残っている)。

【追記】 この神経痛は一番痛いところが治まると、さきほどまでまったく痛くなかった2番目、2番目が治まると3番目と順序を変えて痛みの場所が移っていくのです。まいっちゃうなあ。

 肝転移が小さくなっているあいだに、肺転移が育って、呼吸困難になったり苦しくなったら、早々にDr.Aに眠らせてもらうと決めました。先のことはわからないけど・・・。



 
[PR]

by lumokurago | 2012-02-02 14:05 | 転移がんの治療(無治療)

格差が生涯つづく年金制度=身分制度 その2

 「その1」にでてきたA子(27歳)より

ブログに書くほどの話の内容じゃないのに恥ずかしヾ(≧∇≦)〃

兄弟で近い時期に無職になるって…すごいね(笑)私の場合は毎年、覚悟はしてたから~社会のせいでも不況のせいでもないよ♪ いい機会なので、4月以降いろいろ考えて過ごしたいと思います。

私立中学受験について(渡辺が公立中学がいいと主張した)…私は親の気持ちも分かるかも…日本って教育にお金をかけられた子のほうが進学率とか高くて、稼げる職業に就けるからね~お金で将来が多少でも買えるなら‥と思う気持ちもわかるよ(--;) 本当なら親とかお金とか家柄で子供たちの可能性を潰してはいけないんだけどね(T_T) 私立行っていっぱい勉強して、生き物博士♪ なんて将来もありかもよ?

子供たちのことを一番に考える国であって欲しいと思うけど、選挙に行くのは年寄りばっかだから、政治家も年寄りに都合のいいことばっかいって票を獲ようとするのだろうね…お金がなくても選挙に立候補できるシステムになって欲しいね。そしたら、いい政治家がでそうなのだ( ̄▽ ̄)b

カネとコネがないと日本の社会では得ができない!変な国~♪

こんなメールの予定ではなかったんだけどな…ニイニイに慣れてもらえるようまたワイロ(注:マタタビ)持ってくね(*^-') 2月は忙しいから3月かな~またね(⌒0⌒)/~~

*****

恥ずかしくないよ。あのブログみてるのも年寄りが多い(と思う)から、お灸をすえてやらなくちゃ。「年金貴族」がたくさんいると思う。でもどんなに「運動」やってる人でも自分の年金が減るような提案をするわけない。私はするけど・・・って、児童館に勤めていたころ、組合が賃上げ賃上げというのに反対意見を書いていたからね。ほんとです。(注:松下竜一の「スモッグの下のビフテキよりも、青空の下の梅干しを」を引用し、経済成長は決して人間を幸せにしないから、質素な暮らしをしよう。賃上げは必要ない。労働組合といえばいつまでたっても賃上げを要求するのは時代遅れもはなはだしいと書いていた)。

それにさ、A子が「毎年、覚悟はしてたから~社会のせいでも不況のせいでもないよ」と思っているのは間違いです。なぜかというと、むかしの社会保険庁(日本年金機構)は全員が正職員だったから。それが人員削減攻撃に負けて、非常勤やパートなどの期限付きでクビにする職員を雇うようになったからです。宮北にたまのちゃん、いたでしょ。彼女はパートだったから3年という期限でクビになってしまったの。期限付きの雇用なんてぜったいにおかしいと思う。それに正職員(私たちのことね)と同じくらい能力があるのに(そう思うでしょ?)、パートだからということで、給料がものすごく低い。矛盾ばかり。

つまり、正職員を削減して、非常勤やパートを導入させてしまった、当時の組合の大人の責任です(私もそのうちの一人)。 

大人の罪は重い。

話は変わりまして・・・最近、中卒で「生き物博士」やってる私より一つ下の男性とであったよ。

 渡辺容子
[PR]

by lumokurago | 2012-02-01 21:23 | 社会(society)